ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (カテゴリー: 音楽

← 前のページ  total 7 pages  次のページ →  

音楽【Dial M - Modern Day Love】

   ↑  2013/11/02 (土)  カテゴリー: 音楽
13110204.jpg
初めて買ったレコードやCDは、まるで初体験の相手のような一生の思い出となるものだ。
オレが最初にレコードを買った場所は、今ではほぼ絶滅してしまった、町の小さなレコード屋さん。5坪程度のささやかなささやかなお店だった。
購入したのは7インチのドーナッツシングル盤。1枚700円程度とはいえ、常にカネがなくてうまい棒1 本買うにも往生していたガキの頃のオレにとっては、清水の舞台からダイナマイト抱えて飛び降りるような買い物である。
その時はまずレコードをとにかく買うという前提が先にあって、具体的に何を買うのかはまったく決めていなかったので、狭いレコード店のささやかなシングル盤コーナーの前で、オレはどれを手にするか長いこと悩むはめになったのだった。

そして迷いに迷った末に、ついにレジに持っていった一枚が、このダイヤルMのモダンデイラブ。
LA 出身のデュオで、このデビュー曲がそこそこブレイクしたものの、結局は鳴かず飛ばずに終わってしまった、USニューウェーブの仇花みたいな連中である。
なんでそんな海のものとも山のものともつかない奴らのレコードを選んでしまったのかというと、この曲、当時のラジオCMなどで、かなりのヘビーローテーションでプロモがかけられていたのだ。
今では考えられないことだが、あの頃はそんな得体のしれない海外バンドを、手間とカネをかけて売り込んだり、それで失敗したりしても音楽ビジネスがそれなりに成り立っちゃうよき時代だったのだ。



オレは当時、このビデオクリップに出てくるキーボード肩掛けスタイルを、何故か「斬新でカッコイイ!」と思い込んでしまい(一種の中二病だろう)、血迷ってコルグやカシオのカタログを取り寄せて、華麗なる肩掛けキーボード奏者の道に踏み込みかけてしまったのだが、寸前で「こんなもんぶら下げてても、女の子には絶対モテんわあ!」と我に返って、なんとか危ういところで思いとどまれた。
13110205.jpeg
このダイヤルM。シングル曲を含んだアルバム1枚の他に、確かもう1つミニアルバムも日本盤が出ていたような記憶があるが、こういうハンパにメジャーだったグループは、かえってデータが残っておらず、今ではそのバイオグラフィすら把握するのが困難だ。
こんな正体がよく分からないようなグループに、大切なレコード童貞を捧げてしまったのも、なんだかなあというような気分だが、しかし後に手に入れたアルバムも含めて、結構愛聴していたかもしれない。
シングル曲を筆頭に案外とキャッチーなナンバーが並び、なかなか佳曲揃いのグループだったと思うけど、いまいちブレイクしきれなかったのは、リーダーであるマイク・カピタンの、ニューウェーブの時代性を考慮してもあんまりといえばあんまりな、奇抜な鬼太郎ヘアにみんながドン引いてしまったからではないだろうか。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1958.html

2013/11/02 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

音楽【藤圭子 - 圭子の夢は夜ひらく】

   ↑  2013/08/22 (木)  カテゴリー: 音楽
13082211.jpg
大好きな歌手で思い入れは尽きぬほどありますが、ゲーム絡みでは『FUEL』や『18 Wheels of Steel』シリーズをプレイするときのお供にしたことが印象深いです。
特に『FUEL』の寂寥とした荒野(夜のネオンとはまったく無縁な土地なのに!)には、彼女の地の底から鳴り響いてくるような歌声が、まるで砂に水が染みこむように風景に溶け込んでいきました。合掌。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1904.html

2013/08/22 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

音楽【井上涼子(藤野とも子) - 虹をみた夏】

   ↑  2013/05/20 (月)  カテゴリー: 音楽
13052011.jpg
落ち着いた声質の人(藤野とも子)をキャラクターボイスに起用するなど、井上涼子は典型的なギャルゲーヒロインとは一線を画した、"等身大の女子高生"的なキャラクターを目指した節が見受けられる。
しかし萌えキャラフォーマットを拒否してしまったがために、キャラ造形に関わった中の人たちの本質が滲み出てしまって、普通の女子高生とは明らかに何かが違う、異様にオヤジっ臭いキャラになってしまったのが、井上さんにとって最大の不幸であった。

そんなオルタナティブ系ギャルゲーヒロインであった井上さんも、ギャルゲー商法のお約束な展開には逆らえなかったのか、明らかにキャラにそぐわないCDデビューと相成ったのだった。
井上さん絡みのCDは、大きく二つのシリーズに分かれる。一つは「Telephone Call」と題された井上さんのメッセージ集。
これは「井上さんから電話がかかってきた」という設定を建前にした、近況報告や伝言メッセージを収録した非音楽系CDで、まあ早い話が涼子版リカちゃん電話みたいなもんである。
13052008.jpg
ゲームのコンセプトを比較的忠実に受け継いだ「Telephone Call」に対して、藤崎詩織のような社会現象を巻き起こしたわけではない一介の女子高生にとっては、少々調子ぶっこいているのが歌手デビューの方。
全部で三枚リリースされたシンガー井上涼子のアルバムで一番最初に登場したのが、この真紅のジャケットも禍々しい「虹をみた夏」。
体裁はフルアルバムだが、収録曲の半数がカラオケトラックで占められている、実質ミニアルバムの水増し版。
いかにもな'90sギャルゲーポップス風の表題曲を例外として、しっとりとしたメロウな曲ばかりが並び、それを藤野とも子がそつなく達者に歌い上げ、またそのそつのなさが、いかにも井上さんらしさを醸し出している。

このアルバムが発売されたのは、『ルームメイト』シリーズ一作目と二作目の、ちょうど間にあたる時期。
一作目を経て井上さんが家から居なくなってしまい、心にぽかんと穴が開いたところにジャストフィットするような、実に抜け目のないアルバムなのだが、ラストに収録されたボーナストラックは、彼女のニューヨークからのボイスレターになっていて、ここで井上さんは堂々と「夏休みにI'll Be Back!」宣言をぶちかまし、シリーズ第二作である『ROOMMATE~涼子 in Summer Vacation~』の前振りの役目も果たしているのだった。



この記事に含まれるtag : 井上涼子 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1837.html

2013/05/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

音楽【井上麻美 - たったひとつの贈り物】

   ↑  2013/05/11 (土)  カテゴリー: 音楽
13051108.jpg
『みつばち学園』オーディションを勝ち抜いてミスCDロムロムの座に輝き、晴れてアイドルデビューのチャンスを手にした福岡生まれの少女、井上麻美。
しかしデビュー曲の「青春はちっぽけな僕たち」とそれに続くシングル、そしてファーストアルバムは、『みつばち学園』やハドソンのイメージガールといったイメージからは、およそかけ離れた、ちょっとダウナーなカレッジポップ風の路線だった。
曲といいCDジャケットといい、どことなくデビューした頃の原田知世の線を狙った気配が感じられるが、バックについているのが角川とハドソンでは、おのずと結果は違ってくる。
彼女のぎこちなく表情に乏しい歌唱と相まって、実に掴み所のない、アイドルのデビューとしては何とも煮え切らないものになってしまった。
13051109.jpg
ならばと続くミニアルバム「たったひとつの贈り物」は微妙に路線チェンジ。
5枚目にして本人名義ではラストシングルとなった「恋人になりたいな」を筆頭に、ここにしてようやく正調アイドル風の楽曲が並ぶこととなった。
この正調アイドル路線への転換は、PCエンジンソフト『井上麻美・この星にたった一人のキミ』の存在も大きい。
PCエンジン・アイドル路線の集大成とでも言うべきこのゲームは、過去の同系統作品の甘ったるいフレーバーを、サッカリンで水増ししたようなベタベタなゲーム。それに収録される楽曲も、ちょっとダウナーなカレッジポップ風であっては、当然困るのだ。
13051110.jpg
この「たったひとつの贈り物」は、『井上麻美・この星にたった一人のキミ』の実質的なサウンドトラックアルバム。
ジャケットはゲームのものと同ショットだし、インナーや特典として添付されたカレンダーの写真も、やはりゲームからの流用。
しかしミスCDロムロムの面子にかけて放ったゲームと音楽CDのコラボレーションも、既に到来していたアイドル冬の時代には抗うことができず、結局このアルバムは井上麻美名義の単独作品としては、最後のCDとなった。
13051106.jpg
以降も彼女は細々と芸能活動を続け、真下友恵や岸本由香理(セントポーリア女学院!)とClikというユニットを結成してシングルをリリースしたり、Vシネマ作品でいい仕事をしたり(素人芝居博覧会だった『みつばち学園』の中でも、飛び抜けて台詞が怪しかった彼女に、まさか役者としてのセンスが眠っていたとは)、相変わらずゲームに登場などしていたが、やがてひっそりと引退。
ハドソンが自らのトレードマークをその名に冠した、"ゲームによるアイドル発掘構想"『みつばち学園』プロジェクトは、こうして当のPCエンジニアたちも与り知らないうちに、静かに終焉を迎える。
しかし彼女のどことなく没個性で、アイドルと呼ぶにはちょっと頼りない儚げな佇まいは、ミスCDロムロムという何故かこっちも居心地が悪くなる肩書きと相まって、こちらの記憶にいつまでも引っかかりを残し続けるのであった。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1829.html

2013/05/11 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

音楽【The Hextalls - Get Smashed】

   ↑  2012/09/13 (木)  カテゴリー: 音楽
12091305.jpg

レッツプレイ! ぱくぱくげっぷげっぷ
レッツプレイ! ぱくぱくげっぷげっぷ
レッツプレイレッツプレイ!
起きてる間は ずっとパックマン遊んでいたいんだ
寝てる間は パックマンの夢を見てるんだ
教会に行くかって? わきゃねえだろ!
家に籠もってモンスターを食い倒しているぜ

レッツプレイ! オーオーオー レッツプレイレッツプレイ!
そこら中のモンスター全部食い尽くして 百万点いただきだ
たまには鈍臭いミスもしちまうけどな

レッツプレイ! オーオーオー レッツプレイレッツプレイ!
ばあちゃんが死んだときも 俺は泣かなかった
きっと神様がパワーエサをゲットして ばあちゃんを食っちまったんだ
ばあちゃん食われた ばあちゃん食われた きっとそうさ
だって俺が神様だったら 絶対そうしてやるもんな




カナダのボンクラパンクバンド、The Hextalls。
今までに数枚のオリジナルアルバムをリリースしていますが、特に「Get Smashed」は、この"Pacman"と"My Xbox Got the Red Ring of Death"、2つの必殺ゲームパンクチューンを収録していて、最高にオススメです。



(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1641.html

2012/09/13 | Comment (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |