FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
D3パブリッシャー  武装カー  

【SIMPLE2000シリーズ Vol.112 THE逃走ハイウェイ2 ROAD WARRIOR 2050】

   ↑  2009/01/13 (火)  カテゴリー: PS2
THE逃走ハイウェイ2.jpg
西暦20XX年、世界を包んだ核の業火は、アメリカ合衆国を人を食らうミュータントやレイダーが闊歩する荒れ果てた大地に変えた。
そしてその核戦争の余波は、この日本にもきっちりと訪れていた。とは言え、アメリカに比べると、その被害は若干軽く済んだ模様だ。
少なくともこの日本では、内燃機関の乗り物が多数残存している。そして、それらが走るために作られた高速道路も、とりあえず原形をとどめて機能しているのだ。
しかし、その東名高速を支配するのは、荒廃した世界で水を得た魚のように暴れ回る暴走集団。
そんな無法の楽園と化した東名高速を、一人の男がひた走る。彼の懐には、病魔に冒された恋人の命を救う特効薬のアンプル。
恋人の余命はわずか4時間。その限られた時間内に、東京~名古屋間の道を走破しなければならないのだ。
男の名は大河原源志郎。悪徳代議士っぽい名前だが、その実態は単なるマックス・ロカタンスキーの物真似野郎だ。
DSC09099.JPG
車を乗り継ぎながら東名高速の東京~名古屋間をひたすら走破するだけの潔い内容が話題となったTHE 逃走ハイウェイ。
その主人公だった大河原源九郎の息子だか孫だか親類縁者だかを新たに主人公に据え、50年後の東名高速に時代を移したのが、このTHE 逃走ハイウェイ2。
ぶっちゃけTHE 逃走ハイウェイが、続編を望まれるような面白い作品だったかというと全くそんな事はなく、むしろ面白い部分を探すのが一苦労な出来映えであっただけに、人々がこのTHE 逃走ハイウェイ2にかけた期待値も相当低かったのだけど、そんな低いハードルでさえ下から潜ろうとする前作を下回る完成度に思わず脱力。
前作は「悪い、借りるぞ!」等のフランクな一言と共に遂行される”高速上グランドセフトオート”の繰り返しが、曲がりなりにもメリハリとして存在していたのですが、自車が固定された本作に於いては、そんなささやかなメリハリすらも存在せず、残るのはアイテムをぞんざいに拾いつつの東京~名古屋間の緊張感の欠片もないだらだらとしたドライブのみ。
DSC09369.JPG
いや、本作には、前作の交通機動隊どころではない、凶悪な終末世界暴走族どもが大挙して登場してくるんじゃないですかって?
残念ながらあいつらは、こちらが何もせずとも、勝手に自損事故や味方同士の衝突事故でどんどん自滅するだけの存在なので、放っておいても全く害のない連中なのだ。
『マッドマックス2』からそのままかっぱらってきたようなデザインの車たちが正面衝突を繰り返す情景は、なんとなくヒューマンガス様とウェズの最後を思わせなくもないが、でも少なくともウェズたちには正面衝突に至るまでの過程(まぁあれはヒューマンガス様の後先考えない行動が最大の原因だったが)があったわけで、それをかっ飛ばされて闇雲に味方同士の衝突事故を繰り返されると、「こいつら、もしかしてただの馬鹿?」という感想しか生まれてこないのだが。
DSC09103.JPG
そんな馬鹿丸出しの自損事故の繰り返しを眺めながらの気の乗らないドライブと、アホみたいに多い体力とワンパターンの行動という、うんざりするような構成のボス敵との戦闘を強いられると、なんで見ず知らずの一枚絵の”恋人”とやらのために、こんなしんどい思いを4時間も続けなければならないのかと、不条理な気分になってきます。
もう名古屋に行くのは諦めて、どっかのパーキングエリアで飯でも食って帰ろうという結論に至ったオイラを、誰が責められるでしょうか。
折良く日本平のパーキングエリアが近づいてきました。こんな半壊した東名高速でも駿河亭は営業しているのでしょうか。
もしやっている様なら、是非とも紅白丼を食っていきたいのですが。
それとこの懐のアンプルだけど、PAのゴミ箱に捨てていっても何の問題もないよね?え、家庭ゴミは持ち帰れ?そうすか、すいません。
関連記事

この記事に含まれるtag : D3パブリッシャー 武装カー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-907.html

2009/01/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【SIMPLE2000シリーズ Vol.112 THE逃走ハイウェイ2 ROAD WARRIOR 2050】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback