ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ギャルゲー  

【北へ。 White Illumination】

   ↑  2009/08/03 (月)  カテゴリー: ドリームキャスト
kitahe.jpg
夏休みを機に、二週間ほどかけて見知らぬ土地を巡って回る。これはもう学生さんのうちでしかできな夏の過ごし方です。
そんな若さに任せた旅情というのは、人生に於いてその年頃のうちだけ、その瞬間だけでしか味わえない体験をもたらしてくれるもの。
このゲームの主人公も、夏休みを利用して初めて北の大地を踏みしめます。
ロマンチックな街並み、澄んだ空気、豊かな自然。そんな北の風景に包まれて過ごす、北の少女との一夏限りの淡い恋!
そんな白い恋人とのロマンスを期待してドリームキャストの電源を入れると、やにわに鳴り響くのは、
♪ 北へ~行こうランララン 北へ~行こうランララン
・・・・・・この観光協会ソングはいったいどうしたことだ!?
09080303.JPG
お出迎えの歓迎ボードも業者臭丸出し。
母ちゃん!あっちに行けば親戚の家にお世話になれるって聞いたけど、この人たち違うよ!明らかにプロの観光業者の人たちだよ!
空港で出迎えてくれたのは、本作の一応のヒロインにして主人公の親戚という設定の琴梨ちゃん。CVはおまかせ退魔業!のキレンジャー的役回りの人。
空港からお世話になる南平岸のマンションへと向かう地下鉄の車中で、早くも炸裂する琴梨ちゃんのマシンガン観光ガイドトーク!
そしてそんなガイドブック丸出しなセリフを聞き流させない為に存在するのが、コミュニケーション・ブレイク・システム、略してC.B.S.。
これは相手の会話に対して、タイミング良くXボタンで割り込んだり相槌を打ったりしないと、相手の会話をガン無視したと見なされて、以後気まずい空気に包まれてしまうという、恐ろしいシステムなのです。
観光ガイドの言うことは、一字一句聞き逃させやしないぜ!そんなハドソンの郷土愛に溢れた気概がびんびんに伝わってくるではありませんか。
09080304.JPG
マンションに着くなり地元産のトマトジュースを飲まされ、そしてその日の夕食は地元産のアスパラにカニコロッケ。
さらには、それについていちいち感想を求められる始末。話の流れ的に「不味い」なんて言えるわけねえだろ!
そりゃ例えば札幌の友人夫婦宅に招かれて、奥さん手作りのそれらの料理を実際に口にすれば、「美味い!」なんて素直な一言が出てくるかもしれませんよ。
そりゃ実際美味いでしょ、地元産の採れたてほやほやのアスパラとか。食べてみたいよ、確かに。
でもこの場合は、オイラは実際にそれらを口にしている訳じゃないんだから、感想なんか求められても正直答えに困りますがな!
それの感想が欲しければ、ゲームなんか売らずにアスパラ空輸して売れ!
09080305.JPG
翌日からは札幌観光からスタート。
「なんなら私が案内しようか」とガイドを買って出る琴梨ちゃんですが、うっかり彼女と行動を共にして、彼女と裏で密かに通じている土産物屋に連れて行かれて、何か買うまで帰してくれないなんて事態になっても困るので、ここは丁重にお断りする。俺は海苔とかホンモノのニセモノのロレックスとか要らないから!
ここで札幌在住の人たちから、「札幌とソウルを一緒にしないでください」なんて抗議の声が出てくるかもしれないが、本来は素晴らしい街であろう筈の札幌に対して、俺にここまで不信感を抱かせたのは、すべてこのヒロインという名の観光ガイドの所為だから!
その観光ガイドを振り切って一人で街を巡ってみれば、大通公園や狸小路などどんな場所を巡ってみても、出てくるのは「・・・・・・・と、ガイドブックには書いてある」なんてテキストばっか。
オイラは別に観光ゲームというものを否定はしません。だけどですね、ゲームの中で観光をさせるには、やはりゲームならではの方法があると思うのですよ。
ガイドブックから抜き出したような現地の写真をバックに、これまたガイドブック丸写しのテキストを読ませるのは、何かが間違ってるような気がしませんか!?
09080306.JPG
どのギャルを相手にしても、札幌を離れて小樽や富良野に足を伸ばしてみても、この怒濤の観光ガイドパターンが待っているだけ。
とにかく北海道に関するうんちくを隙があれば喋ろうとするギャルたちに、こちらは気の休まる暇がありません。
やはり観光というのは、ゲームで代用するのではなく、自分で足を伸ばしてなんぼだなぁ、とつくづく思わされてしまいます。ってか観光じゃねえだろ!これって元々ギャルゲーだろ!ギャルとの甘いロマンスは何処行ったんだよ、おい!
まぁ旅というのは、ガイドに頼らずに自分で気ままに巡ってみるのが何より一番だと思いますが、もし以下のようなオイラの観光プランをセッティングしてくれる業者さんが居たら、是非ともお世話になってみたいです。

*オイラの理想の札幌観光プラン

札幌ドーム、パリーグシーズン最終戦。首位日本ハムと、それを0.5ゲーム差で追う二位ロッテの最終決戦。
      ↓
今江のタイムリーを皮切りに爆発するマリンガン打線が、天敵ダルビッシュをついに打ち砕く!
      ↓
そして迎えた最終回。二死二ストライク、シコースキーがスレッジに投じた内角高めの速球は、そのまま里崎のミットに吸い込まれた。ロッテ優勝ーーーーー!
      ↓
胴上げされる西村監督。バンザーイ!バンザーイ、ハシルショウグン、バンザーイ!
      ↓
その夜はススキノで豪遊。ねえねえ、こっちではキャバクラって行ったらセクパブのことを指すって本当なの?じゃあ今度はそこ行こう!

以上のような設定で、是非ともお願いします。

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-727.html

2009/08/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【北へ。 White Illumination】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback