FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

Vシネマ【特攻!ヤンママ仁義】

   ↑  2010/03/02 (火)  カテゴリー: 映画・DVD
100302002.jpg
アイドル氷河期とほぼ同じ時期に勃興したジャンル。それはVシネマ。
今でもレンタル店の棚を彩りながらも、多くの人々からは思い切り無視されている不遇なジャンルだが、氷河期に産まれたアイドルの中には、このVシネマに駆け込んで生き残りをかける人たちも少なくなかった。
もちろんヤクザとヤンキーと金貸しと暴走族が跋扈するVシネマの世界。そこではアイドル時代とは大きなイメージの転換を要求されるのだが、中にはアイドルよりもむしろこっちの世界の方が堂に入って似合っている人も居たりする。
100302003.jpg
やはり氷河期デビュー組本田理沙も、そんなVシネマ転身組の一人。
アイドル時代もアダルティーなイメージで売っていた本田理沙だが、この「特攻!ヤンママ仁義」では、レディース総長上がりのヤンママを熱演。
アイドル本田理沙のファンからしたら、あまり観たくない姿かもしれないが、いや、どうしてどうして。説得力抜群の実に見事なはまりっぷりだ。
だって本当にこんなヤンママ居そうでしょ。
100302008.jpg
そして本田理沙のライバル格である一方のレディース総長役には、やはり氷河期生まれのアイドルである芸能界一業の深い女、小沢なつき。
本作でもモニターの中から、その救いようのない業の深さを存分に振りまいている。
この二人の元アイドルが、ヤンママに姿を変えて激突する本作。しかし、この二人の間隙を縫って、二人よりもさらに活き活きと輝いている元アイドルが、この作品には登場している。
その人物とは、元ミスCDロムロム、ゲームが産んだアイドル、我らが井上麻美。
100302004.jpg
本作での井上麻美の役回りは、ずばり金子ノブオ(ビーバップハイスクール)の女版。チャラくてトラブルメーカーな三枚目の舎弟役だ。
本田理沙に憧れつきまとい、ケンカの場では常にうろたえまくり、そして後先を全く考えない行動でトラブルを引き起こし、本田理沙を巻き込み窮地に陥れる。
しまいにはかっぱらったヤクザの車に積んであったシンナーを勝手に売り捌き、しかも自らも商品に手を出そうとするデンジャラスな行動に打って出る。
このシンナー瓶を手にする姿が、やけにはまりまくっているから始末に悪い。
100302005.jpg
もうアイドル時代のイメージを完全にかなぐり捨てているその姿は、潔いと言えば実に潔いのだが(本田や小沢と違って、井上の場合は外見だけはアイドル時代とそんなに変わりがないから、余計にそのギャップが凄く感じられる)、だけどこのチャラけたろくでなしを演ずる井上は、実に活き活きとして魅力的だったりするのだ。
そこには、いかにも上っ面なアイドル像を、ぎこちなく演じていた井上の姿は欠片も残っていない。
もうこの役との一体感は、これが井上麻美の本来の姿であるとしか思えないほど。
100302006.jpg
本田と小沢がヤクザと揉めて、最後はうわーっと暴れてめでたしめでたしという、実にVシネマにありがちなお話なのだが、登場から退場までだれることなく活き活きとしっぱなしな井上の存在が、この「特攻!ヤンママ仁義」を、なかなか見応えのある作品に押し上げている。
井上にしろ、本田や小沢にしろ、Vシネマ方面への路線転換は、決して自らの望んだものではなかったのかもしれない。
だけど、そこでの彼女たちの姿は、少なくとも俺にはアイドル時代のそれよりも、よっぽど魅力的に映る。
それくらい本作の井上麻美はいい。井上麻美が残した最高の仕事は、間違いなくこの『特攻!ヤンママ仁義』での演技だ。
100302007.jpg
その他の出演者は、嶋大輔、赤星昇一郎、菅田俊など。
一見頼りになりそうで、その実全く頼りにならない男をやらせたら一品の嶋と、ラストで意味不明なターミネーターぶりを発揮する菅田は、何ともいい味を出している。
1995年、東映ビデオからの作品。

関連記事

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-547.html

2010/03/02 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


デビュー作の

スクリーンデビューの「超少女REIKO」に比べると待遇の差は格段ですよね。まあこちらはVシネマという市場での扱いなのですが

らんまる |  2014/04/16 (水) 11:26 [ 編集 ] No.789


たった数年でアイドルを取り巻く環境って激変してしまうもんなんですね。
ただ、お膳立てされてないぞんざいな扱われ方が、井上さんの思わぬ魅力が自発的に引き出たんじゃないでしょうか。Vシネ的には結構美味しい役どころですし。

与一 |  2014/04/17 (木) 18:44 No.792

コメント:を投稿する 記事: Vシネマ【特攻!ヤンママ仁義】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback