FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
XBIG  箱庭経営シム  

【Avatar Farm!】XBIG版サン牧

   ↑  2011/08/15 (月)  カテゴリー: XBOX 360
11081504.jpg
日本人は農耕民族、西洋人は狩猟民族という大雑把な区分けの元、狩猟民族的なFPSなどに対して、『牧場物語』のような、何かを育てる農耕ゲームこそが、日本人に向いた日本的なゲームだとする極論を、ごく希に見かけたりしますが、この手の農耕ゲームは、何も日本特有のゲームではありません。
海外にだって、『Sim Farm』を始めとして、古くから数多の農業シムが作られています。
『牧場物語』とこれらの違いを見つけるとしたら、それは二次元風の嫁といちゃいちゃできるかできないか程度の差でしかありません。
11081507.jpg
近年では『サンシャイン牧場』の大ヒットにより、農業シムはソーシャルゲーム的な味付けとアレンジを施されて、ブラウザゲームやモバイルゲーム界隈で乱立していますが、それでも決して伝統ある本来の農業シムが死に絶えたわけではありません。
もくもくと孤独に働き、丹念な世話を経て色づいた野菜や果実に軽く頬を緩める。そんなストイックな充足感を糧とする農業シムは、コミュニティ内の繋がりや競争意識、他人と差を付けたいという欲をモチベーションとするソーシャルゲーム系農場ゲームとは、本来一線を画したものであるはずなのです。
11081505.jpg
スペインのインディペンデントメーカーが、XBOXインディーズゲームでリリースしたこの『Avatar Farm!』は、大別するなら本来の農業シムに区分けされるゲームと言えるでしょう。
もくもくとひとりぼっちで農作業にいそしみ、そしてそのご褒美となるのは、己が手によって大地に植えられた色とりどりな野菜の実りと、その収入で建築できるデコレーションのレイアウトのみ。
『牧場物語』のように、村人とのふれあいも、異性との出会いもありません。ここに居るのは、ただ一人土と寡黙に格闘する自分のみなのです。何とストイックなゲームなのでしょうか。
11081508.jpg
もちろんストイック故の厳しさだってあります。
ここには自分が居ない間に、水を撒いたりのお節介をしてくれるマイミクなど存在しません。
そしてこのゲームは、ゲームを起動していない間も農場の時間は淡々と進行し、そして四季はあっという間に移ろい、翌日再びゲームを起動してみたら、昨日植えた作物が収穫時期をとっくに過ぎて全部腐っていたなんて事態が、たびたび起こるのです。
高価なスイカが全滅したときなど、「俺の代わりに収穫してくれるマイミクさえ居れば!」と、ゲームの主旨を忘れて悔し涙にくれてしまいました。ストイックを貫くのも楽ではありません。
11081509.jpg
実のところ、作物のレベルと成長に要する日数や収益、それにレベルアップのバランスなどが、ソーシャルゲーム系の農場ゲーム(特に『サンシャイン牧場』)に非常に酷似しており、単にソーシャルゲーム的な要素が実装不可能だったために、それを抜いただけのゲームになったんじゃないかと穿てなくもありません。
ただ、ビジュアルやカントリー調のBGM、そして環境音などが非常に丁寧に作られているので、それらに身を委ねれば、ところどころに散見されるソーシャルゲーム臭さを忘れて、寡黙な農作業の繰り返しに没頭できることでしょう。
最後に一つだけ付け加えておくと、これは私の環境に限ってのことかもしれませんが、農場にオブジェクトが増えるにつれて、フリーズする頻度が異様に高くなってきています。

関連記事

この記事に含まれるtag : XBIG 箱庭経営シム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

2011/08/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Avatar Farm!】XBIG版サン牧

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback