FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
TPS  

【ロストプラネット2】オイラは潜兵

   ↑  2010/06/01 (火)  カテゴリー: XBOX 360
100610008.jpg
前作の無印ロストプラネットは、相当やり込んだゲームだ。
あのゲームは、いわゆる日本的なアクションゲームの設計思想で作られた特異なシューターで、そこが海外産シューターとは一線を画した、一種独自の個性を打ち出していた。
そんな独特さが、俺には物凄く新鮮に映って(逆にそれを受け入れられない人、ガチガチのシューター好きの人なんかは、どうやっても肌に合わないゲームだろう)、一時はもうサルのように遊び倒したのだった。
だけどそれは、オンラインマルチ対戦モード限定(俺の場合はさらにデータポスト戦限定だったりする)の話。
一人プレイ用のキャンペーンモードは、余りにアホらしくなって序盤で放り出したまま、今に至るまで一切手を付けていない。
100610003.jpg
だけど、あれはマルチ対戦モードだけで、充分元が取れたゲームだった。
ああ、今でもあの狂熱の日々を思い出すと胸が熱くなってくる。
大紅河でアンカーをかけ損なって灼熱のマグマに真っ逆さま。キャニオン810でのVS軍団による悪夢のようなレイプ劇。雪漠でスタート直後VSを確保し損ねての雪中行軍。暗く静かな街で上の階から雨あられと降り注ぐ各種グレネード。
……なんかこうしてみると碌な思い出がないようだが、そんなアンバランスさも含めて、いや、むしろバランスが悪かったからこそ、ロストプラネットというゲームは抜群に面白かったのだ。
100610005.jpg
そしてロストプラネット待望の続編は、マルチプレイに完全に特化した作品だ。
少なくともパッケージには、こう書いておくべきだった。「一人で遊んでも、面白くもなんともありません」と。
オンラインCo-opの予習の為に、BOTを従えてキャンペーンを一通りソロで遊んでみたのだが、まぁこれをソロでやって面白いと感じる奇特な人は、そうそうお目にはかかれないだろう。
だけどこの点を突っ込んだり非難したりするのは、お門違いもいいところの話で、元々このキャンペーンは、複数のプレイヤーによる協力プレイ前提で全てがチューニングされているのだから、ソロプレイの感想でこのゲームを語っても、まるで意味のないことだ。
100610006.jpg
その肝心のキャンペーンCo-opモードだが、個人的にはかなり楽しんでいる。
色々と物足りなさを感じたり、ロビー周りなどの至らなさに不満を覚えたり、力を入れるべきところと力を抜くべきところ(作り込むところと、ざっくり作るべきところ)を根本から間違えてるんじゃないかと思ったりすることも、しばしばだ。いや、しばしばどころじゃない。結構ある。
だけど、そんな不満や文句がやたらと出てくる割には、何だかんだ言いながら熱中して遊んでいる。妙なゲームだ。
やはり協力プレイは楽しい。フレンドとのCo-opだけではなく、野良プレイで見知らぬ4人と遊んでも、充分面白い。
みんなで遊べば、そりゃ何だって楽しいだろうという気もしないでもないが(エブリパーティーだって、みんなで遊んだらそこそこは楽しかったもん!)、だけど敷居が低く、それでいて力を合わせた達成感が何となく得られる気軽なバランスは、やはりそれなりに練り込まれたものと言うべきだろう。
100610002.jpg
俺はオンラインゲームにレベルアップ的な要素を盛り込んだり、それによって上位の武器やアイテムを入手させ、やり込みのモチベーションを誘発させるようなシステムは大嫌いだった筈なんだけど(CoD4に熱中できなかったのは、これが理由だ)、このロスプラ2の自キャラカスタマイズ要素には、何だかんだ言いながら嵌っているんだから現金なものだ。
本作に登場する上位武器は基本的に癖があり、通常武器と比較してもそれなりに一長一短なところが、レベルアップによる差異化の嫌らしさを、それほど感じさせないのだろう(それでもマルチ対戦で、自分が見たこともない武器にやられたりすると、さすがにげんなりするけど)。
100610007.jpg
それにやはり、俺にとってレベルアップのお目当ては、キャラの外見と各種リアクション。
この前、やっと豪雪旅団のレベル40になり、潜兵のカスタマイズパーツをアンロックすることができた。
潜兵、可愛い、そしてかっちょいい。なんかゴックとかアッガイとか、その手のイケてない水陸両用モビルスーツを思わせて最高だ。
だけど、キャンペーンでもマルチ対戦でも、思ったほど豪雪旅団系のキャラを使っている人が少ないのは、どういう事よ!?ロスプラの主役はあいつらの筈なのに!
あ、後それから、土下座(正式名称は知らん)とかあの辺の、謝る系のリアクションが早く欲しい。ポスト立てようとして間違えてぶん殴っちゃった時とか、グレネードの爆風に巻き込んじゃった時など、俺には謝るべきシチュエーションが、やたらめったら多いからな。
100610004.jpg
結論を言うと、文句がそれなりに出つつも、何だかんだ言いながらロスプラ2は面白い。
だけど前作に熱中していた時に比べれば、そのテンションは明らかに下がってはいるのだけど。
その理由は、前回は新鮮に感じた和製アクションゲーム的な作りが、その新鮮さが薄れて逆に鬱陶しく感じる部分が多く出てきたこと。
そしてCo-opキャンペーンに比重が置かれすぎて、マルチ対戦モードが今回は何となくおざなりにされているように感じるからなのだろう。
少なくとも、今作のマルチ対戦マップには、ピンと来るようなものが一つも無いんだよなぁ。

関連記事

この記事に含まれるtag : TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-400.html

2010/06/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【ロストプラネット2】オイラは潜兵

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback