ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
野球  

【バーチャルプロ野球'95】野球ではない異様な何か

   ↑  2010/06/14 (月)  カテゴリー: その他ハード
10061401.jpg
今年のプロ野球パ・セ交流戦は、パシフィックリーグのチームが上位を独占する、パ・リーグの完勝に終わりました。
根っからのパ党としては、これ以上ない痛快な結果です。この結果をもって、今後スポーツマスコミは、”セ・パ”ではなく”パ・セ”と表記するように。
まぁ上位を独占したのはいいけれど、おかげでどこのチームも貯金を殖やせども殖やせども、パ・リーグ内の順位はちっとも変動しないというオマケもついてきましたが。
特に交流戦を優勝しながらも、未だにAクラスに手が遠いオリックスのファンは釈然としないものがあるでしょうとも。

今日はそんな”野球革命”とも言えるパ・リーグの日本プロ野球界制圧を記念して、やはり”野球革命”を謳ったこんなソフトを取り上げてみましょう。
ケムコことコトブキシステム(現ケムコ。ああ、ややこしい)が'95年に発売したバーチャルボーイソフト、バーチャルプロ野球'95。

「目にも止まらぬ速球が、改心の打球が視界せましと迫りくる。ピッチャーの息づかいが、バッターの緊張が、かつてないリアリティで感じられる。いま仮想は現実を超えた!」
パッケージ裏では、自ら『マトリックス』みたいなことを吹いていますが、”誇大妄想”とは、まさにこの事を言うサンプルのような一文ですね。
これを真に受けていざゲームを始めてみれば、1分後には「JAROってなんジャロー!」という叫びが口を突いて出てくると思います。

投球時、及びバッティング時は、ファミスタのようなキャッチャー後方からの視点。そして打球が飛ぶと、スタンドを斜め上から見下ろした画面に移行します。
しかしファミスタ風画面の時は3D的な感覚には乏しく、またボールがバッターに近づくにつれヌメーっと大きくなってくるという立体を意識した演出は、ただ単にタイミングを取りづらく打ちにくいだけの効果しか及ぼしていません。

フィールド画面は奥行きも感じられ、いかにも立体風。ちょうど野球盤を斜め後方から見下ろした感じでしょうか。
ただし野球盤との最大の違いは、こちらが選手を操作してボールを追いかけなければならないところ。そして上空にあがるフライが存在する事でしょうか。
妙なパースがつけられて、中途半端に立体になった画面でフライを追いかけるのは、実はかなり至難の業です。

まずボールがどの辺に飛んだのかが把握しづらいし、何よりボールとの距離感が全く掴めません。
おかげでフライが上がる度に、こちらの操作する外野手は、強風吹き荒れる千葉マリンスタジアムに初めて迷い込んだセ・リーグの野手状態。
また野手の足が極端に遅いので、ボールを後逸したらもう長打コースどころではありません。我らが荻野貴ならダイヤモンドを5周くらいして5点入っているところでしょう。

何よりも赤と黒のみの画面と、バーチャルボーイプレイ時の異様な環境により、本作内で行われてる行為が、一見野球に見えるけど明らかに野球とは違う何かに見えてしまうことが、野球ゲームとしては致命的なものに思えます。
まぁこれは本作に限った事ではなく、バーチャルボーイでは他にも釣りやテニスなどのゲームが出ていますが、やはりいずれも釣りやテニスに似てるけど明らかに違う何かになってしまっています。
テレロボクサーが実際のボクシングをだいぶデフォルメした内容になっていたのは、このバーチャルボーイの負の特性を理解した上での事だったのかもしれませんね。

選手は全て実名。もっともこんな画面にこんな内容なので、実名のありがたみは全くありませんが。
気になるロッテのスターティングメンバーは、4番にインカビリアが座る、実に心許ない打線。
今やBS12のマリーンズ・ベースボールアカデミーで、”泳いだ目をしてピッチング技術を指導してくれる人”としてお馴染みの我らが園川さんも、このゲームではばっちりローテーションの一角を担っています。

この記事に含まれるtag : 野球 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-387.html

2010/06/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【バーチャルプロ野球'95】野球ではない異様な何か

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback