FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
オープンワールド  

【侍道3】輪廻する侍

   ↑  2010/09/02 (木)  カテゴリー: XBOX 360
10090215.jpg
侍道の自由。それはルートやミッションを選択する自由ではなく、アティチュードの自由だ。
ゲームの世界に対して、綴られる物語に対して、設定された諸セクトに対して、有名無名のキャラクターたちに対して、そしてゲームそのものに対して、どのようなアティチュードでプレイヤーが臨むのか。
侍道に於いてはルートもエンディングも、プレイヤーが示したアティチュードに対する結果の産物でしかない。
そんな曖昧模糊としたアティチュードの自由を、破綻をさせずゲームの中にシステマティックに収めるために、侍道はまるで盆栽のような狭い箱庭を舞台に選んだ。
この侍道3の舞台である祇州天奈も、全ブロックを足しても、今時のオープンワールドゲームのチュートリアルステージにも満たないような、狭い狭い世界だ。
10090216.jpg
そんな狭い世界だからこそ、単なる通りすがりに等しいようなNPCに接する態度ですら、この世界に影響を及ぼし、そしてプレイヤーのその後に、例え僅かながらも干渉してくる。
盆栽みたいにミニマムな世界に相応しいのは、これまたこのシリーズ独特の、こぢんまりとしてタイトなストーリー。
その気になれば一周一時間程度でエンディングを迎える(いや、理由をかこつけてこの盆栽世界からの退場を選べば、もっと早く終わらせることもできる)ストーリーは、無駄な引き延ばしでボリュームという名の野暮を増やそうとする、今時のゲームのそれとは実に対照的だ。
一周を終えたらその足で再びこの盆栽世界に舞い戻り、デジャブのようなイベントに別のアティチュードをもって臨む繰り返し。
このループする時間の中に迷い込んだかのような奇妙な反復性も、侍道というシリーズ特有の、得も言われぬ味わいの一つなのだ。
10090211.jpg
いい加減に町で町民どもから変態扱いされたり、村人に姿を見せただけで逃げ惑われるような生活も飽きてきたので、たまには義心溢れる侍になってみるのもいいだろうと、いわゆるベストエンディングを目指してみる。
村人や町民たちの願いを聞き入れてやったり、時には愛想を売ったり、そして目標を見失った野武士連中を軽く諭してやったりの末、ある村娘の身代わりとして城の兵たちの前に身を投げ出し捕縛される。
藤森主膳の前に引き出され、いよいよ処刑される寸前となっても泰然自若。
何せ今の俺はベストエンディングルートまっしぐらなのだ。あわやという瞬間にきっと恩を売っておいた野武士たちが駆けつけて、俺の危機を救ってくれるだろう。
10090212.jpg
主膳に「言い残すことはあるか?」と問われても、「是非も無し」と余裕ぶっこく。
そんな俺の態度を覚悟のいい奴と思い込んだのか、主膳は「貴様のような奴を配下にしたかった」とちょっぴり未練たらたら。今度生まれ変わったら、是非そうさせてもらいます!
ところが、俺の目の前で主膳の兵士どもが槍を構える段階になっても、野武士連中現れる気配も無し。
ちょっと待て、お前ら引っ張りすぎだろ! いや、それどころか、マジで来る気配が全く無いんですけれど! もしかして俺、どっかでフラグを立て損なって来ちゃった!?
「うわわ!ちょ、ちょっと待った待った!タンマタンマタンマ!」
俺が思わずモニターの前で発してしまった末期の言葉に、主膳は首をひねって「タンマって何だ?」と、傍らの桐江に尋ねている。
10090217.jpg
当たり前のようにベストエンディングルートを進んでいると思い込んで、最後の最後でハシゴを外されて思わず呆然とした後、爆笑。
そして数分後には、何事もなかったのかのように、朽葉ヶ原で半死半生となってふらふらしている冒頭に戻るのだった。
このリンカーネーションを地で行くようなループ感。最高だ。
もちろん転生したばかりの俺が、助けようとしてくれる村人連中を、「今さら助けようとしねえで、さっき磔になったときに助けに来いよ!この恩知らず!」と刀を抜いていきなり追いかけ回したのは言うまでもない。
関連記事

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

2010/09/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【侍道3】輪廻する侍

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback