FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

映画【DOOM/ドゥーム: アナイアレーション】

   ↑  2020/01/20 (月)  カテゴリー: 映画・DVD
200120002.jpg
ロック様主演の2005年版映画「DOOM / ドゥーム」からはや10数年。
リブート版ゲームのヒットを受けてまた性懲りもなく立ち上がったDOOMの映画化企画。
しかしそのキャストは主演のエイミー・マンソンを始め、ルーク・アレン・ゲイルにハードロックバンドLetters from the Fireのボーカリストでもあるニナ・バーグマンと、2005年版よりも大幅に地味化した顔ぶれ。

配給側もさすがにセールスポイントに窮したのか、「ドゥエイン・ジョンソン主演で大ヒットしたシリーズの最新作!」なんて売り文句を無理やりひねり出してきた。
あのな、10何年も前のことだからって強引に盛るんじゃねえ! 大ヒットした覚えなんかこれっぽっちもねえぞ!
売り文句はさらに「前作の製作陣が再び集結!遺伝子を本作にも注入している」とヤケクソに続き、その前作を知る者は「集結しちゃまずいだろ!」「注入しちゃまずいだろ!」「そもそもそれをセールスポイントにしちゃまずいだろ!」と、まずいの多重奏で迎えるのであった。

そんな観る前からこちらを不安にさせるDOOM映画の最新作「DOOM/ドゥーム: アナイアレーション」。
火星に施設を展開する軍産複合体UAC。それに所属するスペースマリーンチームが衛星フォボスに向かったはいいが、赴任先の研究施設は通信途絶状態。
実は極秘研究の過程で地獄へのゲートを開いていしまい、施設はのっぴきならない状態になっていた。

そんなわけでゾンビ化した施設職員たちとスペースマリーンチームとの死闘がおっ始まるわけだが、結論を言うと、確かにキャスティング面では落ちるものの、ロック様版よりはるかにちゃんとDOOMしている。
物語の中心になるのはヘルズゲートだし、BFGやキーカード、チェーンソーといった原作ゲームではおなじみのアイテムも、物語にきちんと沿った形で登場する。
海兵隊の名を借りたスチャラカ集団であった前作のチームに対して、この「アナイアレーション」のスペースマリーンチームは曲がりなりにも未来の海兵隊の雰囲気を出している。

だけどSFホラーアクション映画として面白いかと言われると、「うーん…………、普通!」としか返しようがないくらい中庸なデキであることもまた確かで、まぁそんなところもゲーム原作映画らしいというか、このジャンルが現在のアメコミ原作映画のような隆盛を迎えるのも、まだまだ先の話なのかなあと思わずにはいられないのであった。

関連記事

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2865.html

2020/01/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 映画【DOOM/ドゥーム: アナイアレーション】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback