FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
Forza  レーシング  シネマゲーム  

【Forza Horizon 4】オレだってボンドカーだぜ

   ↑  2019/12/04 (水)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
MI6からジェームズ・ボンドに貸与された様々な特殊装備を搭載したクルマ。ボンドカーの定義はこんなところになるのだろう。
しかし世の中、狭義があれば広義もある。中にはボンド自身がハンドルを握ってもいないのにボンドカーと呼ばれたりする、トヨタ2000GTのような事例もあるのだ。
どんな事情にせよボンドが運転すれば、それは他人のクルマでもボンドカー。それはそれで立派な定義である。
191204008.jpg
ズラリ10台のボンドカーを揃えた『Forza Horizon 4』の拡張カーパック、『Best of Bondカーパック』にも、そんな「MI6経由ではない」ボンドカーも登場する。
ジェームズ・ボンドを演じる俳優としては3代目となったのがロジャー・ムーア。
その飄々としたたたずまいは、どこかジェームズ・ボンド自身がボンドのパロディを演じているような趣すらあり(後年ムーアは『キャノンボール』で、自分をボンドと思い込んでるあんぽんたんな役どころをやっていたりする)、またその出演作はどれも荒唐無稽なスパイ活劇路線を極めていたこともあったりして、その作品評価はあんまり高くない。
近年のダニエル・クレイグによる007映画を見慣れた人間にとっては噴飯ものにしか見えないかもしれないムーア007だけど、いいや、スパイ映画が荒唐無稽でバカバカしくってなにが悪い。
191204009.jpg
007映画の第9作目『007 黄金銃を持つ男』は、世間的にはシリーズ作の中でも駄作扱いを受けている作品だが、オレはこの映画をけなすやつとは絶対に一緒に旨い酒を飲めないだろう。いや、まあオレそもそもアルコール飲めないけど。
ボンド最強のライバルとして立ちはだかる黄金銃の殺し屋スカラマンガ(演じるのはクリストファー・リー!)、殺人アミューズメントパークと化しているそのアジト、シリーズ史上もっとも観る者をイライラさせるボンドガール、突如始まる底抜けカンフー合戦(それにへっぴり腰で対応するムーア007)、そしてなによりもスカラマンガの邪悪な従者、小男のニック・ナック!
191204006.jpg
執事としてのの仕事から荒事までなんでもそつなくこなし、スカラマンガに忠実ながらもその死を願う不思議な存在。
ああ、うちにもニック・ナックが一人欲しい。彼がいればどんなに便利で癒やされることだろう。
そして「黄金銃を持つ男」に登場するボンドカーがAMCホーネットX。
ラグジュアリーを極めたボンドカー歴代において異色のバリバリ大衆車。もちろん特殊装備なんかついていやしない。
ボンドの趣味からおよそ対極にあるようなクルマだが、スカラマンガとニック・ナックを追うときに、そこらのディーラー店頭から無理やり徴用した経緯から、ボンドもまあ背に腹は代えられなかったのだろう。
191204004.jpg
しかしこのホーネットが頑張った。
なんせ70年代映画のカーチェイスには、近年のCGをふんだんに使ったそれにはない生の面白さが満ち溢れている。
「黄金銃を持つ男」のカーチェイスも例外ではなく、スタントドライバーの腕一丁にかかった混じりっけなしのカースタントの白眉となるのは、河を飛び越える錐揉み大ジャンプ。
191204005.jpg
その地味さから時にはボンドカーのカテゴリから漏れることすらあるAMCホーネット。しかし数ある候補を差し置いてこのクルマをカーパックのラインナップに加えた(まあゴジラゲームにおけるジェットジャガーみたいなポジションかもしれないが)担当者とは、「あんた分かってるよ! 黄金銃を持つ男最高!」と一緒に旨い酒が飲めそうである。いや、まあオレそもそもアルコール飲めないけど。

関連記事

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2851.html

2019/12/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Forza Horizon 4】オレだってボンドカーだぜ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback