FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
シネマゲーム  

【GOZILLA GENERATIONS】ゴジラ・ジェネレーションズ

   ↑  2019/11/28 (木)  カテゴリー: ドリームキャスト
191128009.jpg
サターンの周年が来たということは、すぐ数日後に漏れなくやって来るのはセガの最終決戦兵器ドリームキャストの周年。
しかし最終決戦兵器とは、言い換えれば「最後の悪あがき」。
そんなドリームキャストの船出は、誰もが反応に困った入交社長の顔デモに始まり、「品不足」、「歩留まり」、「機会損失」、「常務降格」、「タッキーの無駄遣い」、「プロジェクト・バークレイ」などと、ネガティブな言葉に彩られた非常にセガらしいものとなったのだった。
191128003.jpg
そしてロンチタイトルも、バタバタぶりを反映していた。
セガは当初、『バーチャファイター3tb』、『セガラリー2』、『ゴジラ・ジェネレーションズ』の三タイトルを、自らロンチに送り出す予定だったが、ここから『セガラリー2』が脱落。
アーケードで名を売った二枚看板の一方を欠いた状態。自然とドリキャスのオリジナルタイトルとしては第一弾となる『ゴジラ・ジェネレーションズ』に期待が寄せられたのだったが……。
191128007.jpg
ドリームキャスト本体発売と同時に放たれたこの『ゴジラ・ジェネレーションズ』は、プレイヤーがゴジラを操作して、蚊トンボのような自衛隊の攻撃をシカトしつつ、福岡、大阪、名古屋、横浜、東京の街を、思うがままに破壊して回るゴジラシミュレーター。
とにかく街の八割程度を破壊すればOKというアバウト極まりないルールは、巨大な獣の自由気ままな徘徊に相応しいようだが、その一方で、高スコアを狙おうとすると、どうしても隅の方から丁寧に建物を一つ漏らさず片付けて行く、怪獣の本能とはおよそかけ離れた行動を強いられてしまう。
特に取り逃がしやすいのが小さな家や街路樹の類。
小さな一軒家一つを壊し損ねたからと、わざわざUターンして戻ってきて念入りに建て売り住宅を押し潰すゴジラの姿に怪獣王の称号を与えるのは、ちょっと憚られるところだろう。
191128005.jpg
こうなると怪獣を操作して街を壊してると言うよりは、むしろトラクターで畑を一面耕しているような気分になってくる。
ダイナミズムに満ちているようで、実は案外ちまちまセコセコしている。それがこの『ゴジラ・ジェネレーションズ』というゲームの何とも困った一面なのだ。
各都市の再現性は当時としては悪くないし、さすがに東京タワーや大阪城、福岡ドームといった巨大モニュメントを壊すときは、それなりに盛り上がる。
ホークスさーん、ちょっとドームの屋根閉めるお手伝いしに大戸島からやって来ましたぁー。バリバリバリバリ、「ぎゃあああー」(ホークスファンの悲鳴)。
191128006.jpg
登場怪獣は、平成ゴジラ、初代ゴジラ、メカゴジラ、ミニラ、ローランド・エメリッヒ版のGODZILLA(ドリキャス発売と同年の公開だった)、そして隠しキャラとして巨大芹沢博士。
ぴょこたか走って狼藉の限りを尽くすミニラには、ショッピングモールのフードコートで野放しにされている、しつけのなってないガキの姿がダブって見えてくるかもしれない。
191128008.jpg
『たまごっち』の出来損ないみたいなビジュアルメモリゲームとの連動も含めて、この『ゴジラ・ジェネレーションズ』は、ゲームと言うよりは、ドリームキャストのデモンストレーションソフトに限りなく近いような内容。
そう思ってしまえば、ゲームとしての薄さや、作り込みの甘さも何となく許せないこともないのだけど、少なくともこれを遊んで「ドリキャスって、ここまでできるんだ。すげー」なんてインパクトまでには至らなかった。
ロンチタイトルの作り込みの甘さ(というかハード発売日への無理やりな合わせっぷり)はセガハードの宿命みたいなものだけど、『ゴジラ・ジェネレーションズ』はその象徴みたいな作品かもしれない。

関連記事

この記事に含まれるtag : シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2850.html

2019/11/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【GOZILLA GENERATIONS】ゴジラ・ジェネレーションズ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback