FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
Forza  レーシング  

【Forza Horizon 4】エジンバラの「ランデブー」

   ↑  2019/06/28 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
fh4.jpg
クロード・ルルーシュ。
カンヌでパルム・ドールを受賞した代表作「男と女」を始めとして、「愛と哀しみのボレロ」や「マイ・ラブ」など、ふた昔前の名画座が似合いそうな作品で知られる。
いわゆるヌーベルヴァーグとも一線を画したポジションで活動し、またそのフィルモグラフィーの大半を長尺の恋愛映画が占めていることから、ハードコアな映画マニアへのウケはあまり良くない映画監督だ。
しかしこの人はガチなカーマニアというもう一つの顔があり、その趣味は自作の中にも公私混同気味にいかんなく発揮されている。
190628002.jpg
代表作である「男と女」は、やもめ同士の子持ち男女が、観ているこっちにとってはイライラするようなペースで結ばれる過程を描いた恋愛映画なのだが、この作品でも本筋とはほとんど関係のないフォードGTのテスト走行シーンや実際のル・マンやモンテカルロラリーの映像が長々と挿入されていたりする。
一応主人公の男はレースドライバーという建前があるのだが、それにしたってその盛り込まれ方は不自然すぎるほど長く、この辺をばっさり編集していたら冗長気味の映画が遥かに引き締まったものになっていただろう。
だけどクルマ好きにしてみれば、これらの無意味なシーンの数々は、当時のレースの情景や往年の名車がふんだんに登場する一種のお宝映像であるのは間違いない。
そして記録映像的な部分を別にしても、主人公の愛車であるマスタングが、もう一方の主役と言わんばかりに頭から終わりまで生き生きと躍動している描写など、ルルーシュ監督の度を超したクルマ好きっぷりは、映画のそこかしこから伝わってくるのだ。
190628003.jpg
そんなカーキチ、クロード・ルルーシュが1976年に撮影した伝説の短編映画が「ランデブー」。
公道を交通法規なんか無視してかっ飛ばした様子を収めた動画。
ドライブレコーダーと動画投稿サイトが発達した今では珍しくもなんともない。アップされた直後にたちまち炎上し、通報を経てはい御用で完結してしまうような映像だが、これをフランス映画の巨匠が撮ったとなれば話は違ってくる。
早朝のパリ市街、白線や信号なんかガン無視の200キロ超の暴走を無編集で収めた8分ちょっとのフィルム。
巨匠として確固たる地位を築いていたルルーシュが、唐突にこんなものを撮った理由は明らかにされてはいないが、まぁそこにベンツとカメラと余ったフィルムがあってなんとなくやっちゃったってのが実際のとこなのかもしれない。
190628004.jpg
『Forza Horizon 4』には、それぞれテーマを持った連作ミッションが複数存在するが、その中の一つに映画にまつわるミッションをこなすスタントストーリーがある。
スパイ映画撮影のカースタントに次々とチャレンジしていくのが、このスタントストーリーの基本だが、途中でスタント監督が撮影中の映画を離れて公私混同でプレイヤーに申し渡してくるのが、ルルーシュの「ランデブー」を再現する、いささかマニアックなミッションだ。
「ランデブー」でルルーシュ自らがハンドルを握ったメルセデスベンツ450SEL6.9に代わってプレイヤーが駆るのはルノー・アルピーヌ。パリの街に代わるのは『FH4』中で古都の面影を一番残すエジンバラ界隈。
視点は本来ならプレイヤーの自由ではあるが、ここではやはり「ランデブー」そのまんまの映像を拝めるボンネットビューをチョイスしておきたいところだ。
190628006.jpg
この「ランデブー」ネタを始めとして、ゲームや英国クルマ史など自動車と他の文化との関わり合いを複合的に描いた連作ミッションの数々は、『Forza Horizon』の通り一遍等のクルマゲームには終わらない懐の深さをたっぷりと感じさせてくれる。
自分だけの「ランデブー」を撮り終えたら、次はマスタングで海岸に繰り出して「男と女」のワンシーンを再現するもよし。
自動車と音楽、自動車と映画、自動車とおもちゃ。ホライゾンワールドは常にクロスカルチャー。クルマだけで完結しちゃうのはあまりにも勿体無いだろ。

関連記事

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2837.html

2019/06/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Forza Horizon 4】エジンバラの「ランデブー」

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback