FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ピンボール  

【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume4

   ↑  2019/06/04 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
190604002.jpg
勾配がついた進入口からハイウェイインターチェンジのようにフィールド内に設置されたランプレーン。
とりあえずピンボールという遊戯の快感をわかりやすく得たいのならば、まずはここを目標にして狙いすました球がレーンの中をハイスピードで駆け回る手応えを感じるといい。
ピンボールの歴史と共にこのランプレーンも進化を重ね、様々な凝ったデザインがお目見えしてきた。
『Pinball FX3』の最新アドオン、WilliamsとBally社の実在台を収録した『Williams Pinball: Volume 4』は、このランプレーンの楽しさに針を振ったテーブルが中心。
190604007.jpg
Williamsカーニバルシリーズの一角『Hurricane』は、フリッパーの上部で大きくカーブして一回転するワイルドなランプレーンが特徴。
カーニバルのローラーコースターを模したこのレーンを、連続でボールをぐるんぐるんと走らせる明快な楽しさが大きなパーソナリティだ。
回るのはランプレーンだけじゃない。
スピード感溢れるローラーコースターとは対象的に、のんびりコトコトとボールを運ぶ二連観覧車に、デジタルパネルのボーナスモードもルーレット仕様。
カーニバルがテーマのピンボール台はビデオピンボールを含めて多々あるが、その中でも完成度の高い一作。
190604005.jpg
『Hurricane』がローラーコースターなら、こちらはゴムボートでの急流下り。
日本のゲーセンでもかなりお馴染みの存在だった『White Water』も、やはりスピード感抜群のランプレーンが光る一台。
ピンボールはその箱庭の中に、まるで日本庭園のような見立ての美学が存在していたりする。
この『White Water』の場合は、うねうねと蛇行する透明のランプレーン。それは渓谷を貫く水の冷たい急流のメタファーだ。
ラフティングのスピード感に比例して難度はかなりシビアだったような思い出のある台だが、このビデオゲーム版でもそれは健在。
190604004.jpg
ラストの一台『Red & Ted's Road Show』は、前の二台と違って凝ったランプレーンとは無縁のテーブル。
その代わりに目を惹くのは、フィールド上段に鎮座する二体のトーキング・ヘッド。
よく喋りまくる首人形と言えば、やはりWilliamsの名作台『FunHouse』が即座に思い浮かぶが、これはその後継台にして首倍増モード。
『FunHouse』の首はからくり人形だったが、『Red & Ted's Road Show』のそれはレッドとテッド、謎のブルーカラー二人組。
ブルドーザーを駆り、コンストラクションの大義の下にアメリカ大陸を横断してディストラクションの限りを尽くす、アナーキーでユニークなテーマの台。
190604009.jpg
特筆すべきは女現場責任者レッドのキャラクターボイス。
これを担当しているのはカントリーシンガーのカーリン・カーター。母はジョニー・キャッシュの愛妻ジューン・カーターという血統にして(ジョニーとの血縁関係はなし)、一時はニック・ロウの奥さんでもあった、音楽マニアにとってはなかなかフックの効いた人物。
台のテーマであるブルーカラーテイストを一層高める堂の入った「ヒーホウ!」の雄叫びに、マルチボール時には彼女のヒット曲"Every Little Sing"。
ビデオゲーム版ではオリジナル実機台の音楽が差し替えられるケースも多々あるけれど、本作の場合はしっかり彼女の肉声ボーカルがフィーチャーされている。

関連記事

この記事に含まれるtag : ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2831.html

2019/06/04 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ピンボールは海外だと結構発売していますけど、最近は日本版はあまり発売していないような気がします。
基本無料で、新しい台のデザインは有料みたいな感じでXBOX ONEでも海外は沢山の台が配信されていますね。
メガドライブ時代はデビルクラッシュやソニックピンボール、クルーボールとか発売していましたし、私はいまだに初期型の任天堂DSで振動パックを挿してメトロイドピンボールをちょこちょこプレイしています。
そういえば与一さんはメガドライブミニの購入予定はあるのでしょうか?
私はワクワクしながら予約してしまいました。
しかもメガドラタワーミニも予約したので、まだうちにある本物のメガドラとメガCDと32Xと、メガドラミニを並べる日が待ち遠しいです。

SAMURAI |  2019/06/06 (木) 16:38 No.1451


Xbox国内ストアでザッカリアピンボールが配信されたのには、ちょっとびっくりしました。
少なくともピンボールに関してだけは、Xboxは他のハードよりほんのちょっと恵まれている状況ですね。今のところだけは。
メガドラミニはテトリスは予想の範疇でしたけど、スノーブラザースの収録だけは、さすがにサプライズでした。
ただ他のミニものもそうなんですけど、元のハードが家でしっかり現役状態だと、ちょっと購入に躊躇があるんですよねえ。

管理人 |  2019/06/09 (日) 19:10 No.1452


ピンボール確かにXBOXは少し恵まれてるかもしれませんね。

与一さんは今でもしっかりメガドライブを管理されているんですね。
私もあるのですが、持っていないソフトも収録されていましたし、メガドライブは思い入れが強いので思わずメガドライブミニは購入してしまいました。

SAMURAI |  2019/06/13 (木) 03:32 No.1453

コメント:を投稿する 記事: 【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume4

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback