FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
Forza  レーシング  

【Forza Horizon 4】目指せ時速220マイル

   ↑  2019/03/01 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
fh4.jpg
コートの中に身をすぼめていたのも、ちょっと前のこと。ほんのり暖かく着ていくものに悩むような日が増えてきた。
寒かった冬も気づけばあっという間に過ぎ去り、春が訪れようとしている。
しかしここ、『Forza Horozon 4』の英国の四季はもっと目まぐるしい。油断していたら夏をかっ飛ばして急に秋が来ていたりする。
前回プレイしたときは春が始まったばかりだったのに、しばらく『Skyrim』に没頭していたのもあって、ちょっと間を開けてプレイ再開したら、もう秋も終わる頃だった。
こうなると慌ててやらなくちゃならないのが、シーズンのウイークリーチャレンジだ。
190301003.jpg
『Forza Horizon 4』には時間制限制のチャレンジイベントがある。
中でもウイークリーチャレンジは、一つのクルマにスポットライトを当てた連作制の内容となっている。
自動車を購入する所から始まりチャレンジに沿ってしばらく乗り回すことになるので、まったく未知の車種であっても、チャレンジを終える頃にはその特徴がなんとなく把握できて愛着も湧いてくる、なかなかにユニークな趣向だ。
そして今回ピックアップされていたクルマはジャガーXJ220。
かつてメガCDで『ジャガーXJ220』という、そのものズバリのタイトルの秀作レーシングゲームが発売されていたので、馴染みがある人もいるかもしれないが、ジャガー社が1991年に市場に投入した伝説のスーパーカーである。
190301002.jpg
会社に属しているからには、どんな技術者にも予算や会社の方針など様々な制約が掛かってくる。
だが制約をガン無視してやりたい放題の開発に走るケースも稀にあったりするわけで、まぁたいていそんな経緯で出来上がっちゃたものは、「で、どうすんのよ、これ?」とみんなが困惑する異形の商品となりがちだ。
ジャガーXJ220はまさにそんなクルマ。
プロトタイプレーシングカー並みのボディデザインと性能。そしてそれとはあまりにもアンバランスすぎるラグジュアリーな内装。
目指したのは220マイルの最高速。その数字を車名にしちゃうんだから、関係者もどこか冷静さを失っていたに違いない。
190301007.jpg
しかしこんなバケモノは冷静であっては作れるわけがない。
そんなこんなを積み重ねていったら、いつしか車体はスポーツカーとしては何かが間違っているレベルまで肥大化。
生産台数も数百台に留まり、エンジニアの暴走はあっという間に伝説のレアカーと化したのであった。
その生みの国イギリスで辿るXJ220チャレンジ。
ストアでの購入に続く課題は"ダートトライアルイベントで3勝しろ"。
「そもそもこれはグループBを想定して作られたラリーカーなのです」の一文に、これってもしかしてPlayground Gamesに担がれてるんじゃないかと眉につばをつけながらも、どう考えてもムリのある悪路に乗り出すほかはない。
190301005.jpg
続く"20マイル走行しろ"を経て最後となるチャレンジは、暴走エンジニアたちが見た夢を再追求する"時速220マイル出せ"。
実際のジャガーXJ220は、この最高速220マイルにはわずかに届かなかったらしいが、その無念はオレが晴らす。
スピードチャレンジならここ。マップを南北に貫く二車線高速道路に乗り込んでアクセルベタ踏み、行くぜ220マイル!!
190301004.jpg
しかしメーターはキロメートル仕様だから、ちょっとややこしい。
そもそも220マイルってキロメートルだといくつだ? さっきから何度か時速350キロに到達してるんだけどチャレンジ達成にはなっていない。足らねえのか? そもそもどれくらい足りてないんだ!? いいかげんにしろヤードポンド法!!
眼の前に迫っているはずなのにわずかに届かない220マイルの壁に、『Forza Horizon 4』の車の性能設定を改めて感心しつつ、何度となく繰り返すチャレンジ。
この手のチャレンジってともすれば作業になってしまいがちだけど、今回のこれはかなりアツくなれる。
とにかく名前に220って入ってるんだから、このクルマにそれが出せないわけがねえ。もう一丁! もう一丁行くぞ!
190301008.jpg
…………一時間近くに渡る最高速への挑戦の果てに、オレが駆け込んだのはフェスティバルのチューンナップショップだった。
すいません、このクルマ、ちょっぴり速くしてもらえませんか? あ、いや、そんながっつりでなくていいです。公道走るのに差し支えない程度で。おそらくあと2キロか3キロ程度足りないだけだと思うんで。
仕上がったマシンで再び高速へ。今度こそ行ったるぜ!
唸りを上げる改造済みV6DOHCツインターボエンジン。そして表示されるチャレンジ達成のサイン。
ホライゾンの英国の地で、オレのジャガーXJ220はめでたくジャガーXJ222へとステップアップしたのであった。

関連記事

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2813.html

2019/03/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Forza Horizon 4】目指せ時速220マイル

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback