FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ONE互換  

【ジェイドエンパイア ~翡翠の帝国~】謙遜は美徳にあらず

   ↑  2019/02/03 (日)  カテゴリー: XBOX
190203008.jpg
オレの名前は激情のミン。
なんかすぐに癇癪を起こす厄介者みたいな通り名だが、これはあくまでデフォルトのネーミングなので、オレの正しい姿を表したものではない。
こう見えても修行院で崇高なお師匠様から武技のみならず、人としてのあり方を厳しいくらい教え込まれた身だ。自分の感情や欲得を律するすべは、きちんと備わっている。
なに、そうは見えない? お前、疑うのか!? そういうやつはきっちり身体に教え込んでやる必要があるな。ちょっと格斗場まで来い! 嫌だと言っても引きずっていってやる!
190203003.jpg
まぁオレなんかはまだマトモなほうで、この修業院にはリトルガオというもっと性根のひねくれた野郎がいたりするんだが、なんかこうお師匠様の指導能力を根本から疑ってしまう話だな。
リトルガオはともかく、オレはお師匠様から特別に目をかけられて指導された人間だろ?
それがこんな険のある性格に育ってしまってるんだから、なんかここよりも便器を素手で掃除させる学校とかに行ったほうが、少しはマトモな人間になったような気がするな。
190203004.jpg
オレが自身の性格にどん引いているのにはワケがある。
ゲームでは主人公キャラがセリフの選択でシナリオの分岐や自分のアティチュードを決めていくことがあるが、この『ジェイドエンパイア ~翡翠の帝国~』の場合は、どれを選んでも角が立つことが往々にしてある。
『ときめきメモリアル』に例えると、詩織とデートしたあとに「貴重な休日を潰した代償はあるんだろうな?」「で、いつヤラせてくれるんだ?」「美樹原とかいうお前の友だちに、二度とつきまとうなって言っとけ!」の三択しか出てこないようなもんかな。
190203005.jpg
またそのセリフがなんかいちいち癇に障る言い方が多かったりしてな。
たとえ穏当なセリフでもどことなく違和感がつきまとう物言いに、このゲームに出会った当時は物凄く強烈に"異文化としての洋ゲー"を感じたりしたもんだ。
ここまで聞いて「なんかアレっぽいな?」って思った人もいるかもしれない。
そう、アレだ。『Mass Effect』、そして『Dragon Age』。壮大な風呂敷を広げた設定の下で、やることなすこと言うこと角が立つ主人公が、どうでもいい近所の揉め事にいちいち絡んでゆく。
いずれもBioware社制作。会話のボリュームが尋常じゃないRPG三部作。
『ジェイドエンパイア』はその記念すべき第一作といえるポジションだ。
190203006.jpg
RPGといえば仲間キャラ。しかし『Mass Effect』や『Dragon Age』と同様、この作品で仲間になる顔ぶれも、どいつもこいつも持て余しかねる問題児ばかりだ。
なんかもうことあるごとにオレに突っかかってくるし、言葉遣いが無性にイラつかせるし、RPGの仲間って、たとえ遠回しにでもオレを程よく持ち上げてくれる役割じゃねえのかよ!
腹に収めるべき言葉は収める。波風立てない。周囲の空気を読んで穏当に。激しい自己主張は控える。
そんな日本人としての美徳……、なんかじゃねえな、物ごとや社会を円満に収める全体主義的小賢しい知恵全否定。
190203007.jpg
だが帝国全土に亡霊が溢れ殺蓮団が暗躍する、このご時世に必要なのは、過剰なまでの自己主張なのかもしれない。
だったらオレも開き直って、和製RPGなんかではハナっからチョイスできないような毅然とした態度を貫かせてもらうぜ。謙遜は弱者の言い訳だ!
痴話喧嘩の仲裁してくれ? オレは世界を救う者だぞ!? そんなもん知ったことか、勝手に殺し合え!(真に受けられて死人が必要以上に出てしまいました)。
メインストーリーよりも枝葉のサブクエストのほうが圧倒的に面白いのも、やっぱりBiowareの作法。
190203002.jpg
中華武侠RPGを名乗ってはいるが、あくまで欧米人のフィルターを通した中華ファンタジーなのでアジア感は皆無。
そしてアクションRPGの括りに入れられているけれど、戦闘モードのアクションも極めて簡素。
膨大な量の会話によって主人公キャラのパーソナリティや様々なシチュエーションを自前で構築していく。
本作の主をなすこの部分に魅力を見い出せないと、受け手によってはフックの弱い平凡なアクションRPGに留まってしまうのも、後に続く『Mass Effect』らと同様。
190203010.jpg
互換対応を経てXbox Oneで動作させると、初代Xbox版をプレイしたものなら驚かずにはいられないハッキリくっきりグラフィックで遊ぶことができる。
そして初代Xbox時には大きなマイナスポイントだった長い長いローディングも、Xbox Oneではこれまたビックリするほど短縮しているぞ。

<Xbox One互換対応タイトル>
関連記事

この記事に含まれるtag : ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2807.html

2019/02/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【ジェイドエンパイア ~翡翠の帝国~】謙遜は美徳にあらず

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback