FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
Xboxアプリ  

【Spotify for Xbox】フットワークの軽い巨大ライブラリ

   ↑  2019/01/22 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
190122002.jpg
カスタムサントラ。その響きもかなり懐かしい。
Xbox 360のバックグラウンドに自前の音楽ファイルを再生できる機能。
オレはこれをとにかく重宝しまくって、索敵音が重要となるマルチ対戦シューターなどでも、それらが聞き取りづらくなるデメリットと引き換えに好きな音楽を鳴らしまくっていた。
『ロストプラネット』の雪原に響き渡ったNew Model Army、『Frontline: Fuel of War』の荒涼とした大地に溶け込んでいたR.E.M.。
オレだけのゲームミュージックはオン対戦の突発的な事態とコラボして、あくまでオレの中だけで完結するドラマをたくさん生み出してくれたのだが、まぁそんなながら野郎と命の預けっこをしていた友軍のプレイヤーは堪ったもんはなかっただろう。
190122008.jpg
だが何よりもカスタムサントラが神器となったのは、やはりドライブ系のゲームだろう。特に『Test Drive Unlimited』や『FUEL』などは、この機能が切っても切り離せない関係だった。
もしカスタムサントラがなかったら、これらのゲームに対する評価も幾分下がっていたかもしれない。
お気に入りのクルマにお気に入りの音楽。もうそれだけでオアフ島の道や、どこまでもどこまでも続く荒野をただひたすらドライブできた。

自前のライブラリからMP3ファイルを360のハードディスクやUSBメモリに移すけっこうな手間も、ちっとも苦じゃなかった。
むしろ「あのゲームにはこの曲」と、プレイしているときを思い浮かべながら選別する作業が楽しかったくらいだ。
だけどそんな手間も、もうすっかり過去のものとなった。
Spotifyができてからカスタムサントラは、もっと利便性の高い存在になった。いや、ゲームのマイサントラのみならず、オレ自身の音楽ライフそのものも、すっかり大きく変えてしまった。
190122003.jpg
かつてのオレの生活は大量のレコード盤に囲まれていた。それはいつしか少しずつ大量のCDに入れ替わっていった。
コレクターってわけじゃない。オレは蒐集家になるには色々と欠けているものが多すぎる。
ただ音楽が好きだったのと、あとは物欲を発散させる行為に溺れていたのだろう。やみくもにレコードやCDを買い漁ることは、オレにとって最高の娯楽のひとつだった。
その性癖が落ち着いてきたのは、だいたい5年くらい前からだろうか。理由は多々あるのだが、一番は物をたくさん抱え込むことによって、人生のフットワークが重たくなるのが煩わしくなってきたからだろう。
なにかを所持するってことは、そのなにかに縛られるってことだ。そういったものはできる限り少なくしたほうがいいと、いつしか考えるようになった。

そんな自分の心境の変化と足並みを合わせるかのように伸長してきたのが、音楽サブスクリプションサービスのSpotifyだ。いや、もしかしたらSpotifyがオレの変化を後押ししていったのかもしれない。
Spotifyは音楽ビジネス的にはかつてのレコードやCDの立場に取って代わるものではない。
それはどちらかというとラジオとパブリックライブラリの中間に位置するような存在だろう。
そしてラジオのフットワークの軽さとライブラリの膨大な資産と多様性、この双方は人生で残された時間の方が少なくなったオレに極めてアジャストした資質だったりする。
Spotifyによって、今まで以上に未知の音楽、バンドへの開拓心が広がり、そして音楽ジャンルや年代に対するこだわり(というか執着)が取っ払われてきた。
190122005.jpg
ゲームライフにおいてもSpotifyの存在は不可欠なものとなっている。
カスタムサントラ用の音源を一から用意していた手間は、もう過去のもの。Xbox One本体でSpotifyアプリを起動するだけだ。あとはバックグラウンドでどんなゲームでも鳴り続けてくれる。
自分のプレイリスト、アルバム単位、アーティスト単位、他人のプレイリストをラジオ感覚で聴くのもいいし、もっとラジオ気分を味わいたければポッドキャストもある。
そして『Forza Horizon 4』など、Spotifyによるマイサウンドトラックを許容するゲームたち。正直『The Crew 2』あたりなどは、Spotifyが無ければ成り立たないかもしれない。

Xbox Oneを起動させてまずするのはSpotifyアプリを立ち上げること。それがもっぱらの習慣だ。
いかにゲームの容量が巨大化しようと、そこに収録された音楽の数はまだまだ不自由だ。Spotifyの膨大なライブラリは、それを補って余りある。
そしていかにゲームなソーシャルな広がりを膨張させようが、オレにとってゲームはやはりパーソナルな没入空間だ。
オレの空間のアレンジメントはオレ自身がする。Spotifyはその最高のパートナーなんだ。


関連記事

この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2804.html

2019/01/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Spotify for Xbox】フットワークの軽い巨大ライブラリ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback