FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ピンボール  

【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume2

   ↑  2019/01/18 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
190118007.jpg
デジタルピンボールの老舗ブランド『Pinball FX』に新風を送り込むのは、ライバル『Pinball Arcade』から移籍を果たした実機ピンボールの重鎮Bally~Williamsの傑作タイトルたち。
第1弾アドオンに続いて配信された『Williams Pinball: Volume2』の内訳は、『Attack from Mars』『Party Zone』『Black Rose』の三台。
いずれも伝統の老舗Bally社が最後の力を振り絞って送り出した1990年代のテーブルだ。
190118002.jpg
その中でも目玉は傑作『Attack from Mars』。
90年代の火星人襲来ものというと、ティム・バートンの映画「マーズ・アタック!」が思い浮かぶが、それに先んじたこのピンボール版火星人侵略も、モチーフとなったのはいにしえのサイエンスフィクションムービーやコミック。
兵器や火星人のプラスティックトイを模したオブジェクトに、やはり玩具風な配色の盤面デザイン。
その派手さに対してシンプルながらも奥行きの深いゲーム構成。そしてインフレにもほどがある大盤振る舞いのスコア配分。
190118005.jpg
そして何よりも主役となるのは、台の上部に居座る火星人の円盤たち。
これに『Pinball FX3』オリジナル演出で加わるのは我が物顔で闊歩する動く円盤。
やつらに地球の大地を踏んだことを後悔させてやるのが、このピンボールの使命だ。さぁ、フリッパーから打ち出す鉄球で、火星人どもの円盤を攻撃攻撃攻撃!
見事撃墜すればお尻にくっついた大量のゼロと共に加算される超インフレスコア。いいね、ピンボールのスコアってのは、これくらい派手じゃなくちゃ!
これ一台だけでもアドオンパックを購入する価値のある名作台だ。
190118003.jpg
オリジナルの実機台は1991年リリースの『Party Zone』も、『Attack from Mars』に負けず劣らないごきげんな一台。
髭面に飛行帽のトリックスター、キャプテン・ビザールが仕切る、黄色主体のけばけばしいフィールドに彩られたド派手なパーティ。
フィギュアが台の中を役物に関連して動き回ったりする『Pinball FX』独特の演出は、こと実機のシミュレータであるBally~Williams台においては賛否両論だ。
オレもこれに関しては、鬱陶しく邪魔に感じるときもあったり、これもありだと受け入れたりと、気分によって評価が定まらなかったりするのだが、『Pary Zone』のそれは成功している例だろう。
190118006.jpg
イベントに応じて台に舞い落ちるパーティ券に、フィールドに投げ入れられるフットボール。そして台中央部にロケットにまたがってはしゃぐのは、このパーティのホスト、キャプテン・ビザールのフィギュア。
はっきり言ってこのフィギュア、中央のバンパー部分を見えづらくして邪魔だったりもするが、まぁパーティに少々の迷惑はつきものだ。
オリジナルの超アッパーなテンションを、デジタルピンボールの演出がさらにブーストをかける一台。
190118004.jpg
最後の一台『Black Rose』も、やはりBally社の1992年作品。
バックグラスとキャビネットに狂い咲くのは、情け無用の女海賊ブラックローズ。
フィールドは甲板、ボールは大砲の弾、マルチボールロックホールは海賊のアジト、そしてボーナスは隠されたお宝。アウトレーンは板子一枚下は地獄。
ピンボールのあれやこれやは、言われてみれば確かに海賊のお約束と親和性が高い。
実はフリッパーの間隔が広めで左右のアウトレーンにも落ちやすい、なにげに難度の高い台だったりもするが、まぁそんなあこぎさも海賊のお約束ということで。

関連記事

この記事に含まれるtag : ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2803.html

2019/01/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume2

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback