ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ピンボール  

【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume 1

   ↑  2018/10/12 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
181012006.jpg
クライマックスシリーズ進出を決めたところはともかくとして、それ以外のチームのファンはFAやドラフトなどストーブリーグの方が気になってくるシーズンだ。
そしてFAという言葉とは無縁そうなビデオゲーム界隈にも大型移籍はある。
ピンボールビデオゲームの二大巨頭『Pinball FX』と『Pinball Arcade』。
方や版権キャラクターをモチーフにしたオリジナル台で勝負、方や実在したピンボール機のシミュレータと、方向性は明確に異なり棲み分けもできていたのだが、そのバランスがついに崩れるときがきた。
Williamsは数多の名機や人気台を擁したピンボール界のかつてのトップブランド。
181012003.jpg
ピンボール三大メーカーの一つであったBallyのタイトルも内包した版権は、『Pinball Arcade』の看板となっていたのだが、今年の6月に契約期間満了に伴い『Pinball Arcade』上で販売終了。
そしてWilliams=Bally版権の新たな契約先となったのが、今まで実在ピンボール機とはまったく無縁だった『Pinball FX3』。
その第1弾となるアドオン『Williams Pinball: Volume1』が、先日ついに配信開始となった。
内訳は『Medieval Madness』『The Getaway: High Speed Ⅱ』『Junkyard』の三台。
これとは別に、やはりヒット台の『Fish Tales』が無料配信されており、『Pinball FX3』のコンポーネント上で入手できるようになっている。
181012004.jpg
いずれも名作台。パッケージの値段は税込み1150円。『Pinball Arcade』と比べると単体あたりの価格が若干安くなっているが、まぁこの辺は『Pinball FX3』のオリジナル台との価格設定の兼ね合いなのだろう。
それに対していただけないのが、実機のヒストリーや解説、当時のフライヤーの収録など『Pinball Arcade』にあった項目が大幅に貧弱になっていること。
181012002.jpg
元々が実在ピンボール台のデジタルアンソロジーとして企画された『Pinball Arcade』に対して、既存のUI(それに『FX3』のUIは、そもそもあんまり気の利いたデキじゃない)にピンボールシムの要素を無理やりはめ込んだ故のチグハグさなのだろうが、ピンボールマニアからも一定の支持を受けていた『Pinball Arcade』から版権を奪ってきたのなら、この部分はもちょっと頑張って充実させて欲しいのが正直なところだ。

*関連記事
【Pinball Arcade】The Getaway: High Speed Ⅱ
【Pinball Arcade】Fish Tales

この記事に含まれるtag : ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2784.html

2018/10/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この前の記事 : 嵐の名古屋ヲタ遠征#4

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume 1

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback

この前の記事 : 嵐の名古屋ヲタ遠征#4