ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ライブアイドル  

嵐の名古屋ヲタ遠征#1

   ↑  2018/10/03 (水)  カテゴリー: ノンセクション
名古屋は仕事やら野球観戦やらゲームイベントやらで過去に何度となく訪れているが、まさかそこにアイドルを追っかけてという理由が加わろうとは、半年前までは考えられもしなかった。
だがとにかく今のオレは、もし推しが「ナイアガラの滝をバナナボートで下るぞー!」と宣言すれば、「おー!!!」と元気よく先陣を切って滝を転げ落ち、そのまま消息不明になってしまうようなメンタリティの持ち主だ(その様子を見て「あ、やっぱやめやめ」と即座に撤収する推し)。
まぁ推しにかかわらず、そんなことを言い出すライブアイドルはまずいないであろうが、しかし言い出しかねない人に決して心当たりがないわけでもない。
181003004.jpg
まゆしぃとこ我らが佐々木まゆが初の名古屋遠征の日程を発表したのは、今から約2ヶ月前のこと。
月の終わりの平日含み週末。なかなか(社会的に)ハードな日程だが、告知が早かったこともあって、幸いにも名古屋に向かう新幹線の中に身を置けた。

ホテルは2泊分早めに確保してある。凶悪なまでの規模を誇る台風24号が日本に接近の気配を見せているが、まぁ近づくまでに帰れるだろう。
そんな楽観のもと、のぞみに揺られて2時間弱。生涯で数十回目となる名古屋着。しかし今回はライブがメインの日程だから、いつもとちょっとばかり勝手が違う。

19時頃の開場まで大須をブラブラして時間を潰し、まゆしぃ名古屋ツアーのファーストナイトは栄にあるReNY Limited。
オープンして1年ちょっとの新しいハコ。もちろん訪れるのは初めてだ。
広い広いとは聞いていたが、確かにクラブチッタを一回り小さくした程度のキャパシティ。オレが今までまゆしぃを観た場所の中ではダントツで大きい。

この広いフロアを埋め尽くす……、いや、オレ一人で独占~~! ダイブを敢行しても、このままでは単なる控えめな投身自殺になってしまう(ダイブ禁止です)。おい、誰でもいいから早く入ってこい!
181003002.jpg
フロアの真ん中で心細く立ち尽くしていると、ようやく他の客がぱらぱらと入ってきた。
やはりフロム東京のまゆしぃTOの方も来られて一安心。オレ、未だに例のMIXってやつは、「岸、内、ソト、丸、筒香~!!」とか適当言って誤魔化してるんで、一人でアレやることになったらどうしようと、不安で新幹線の中じゃ弁当一つしか食えなかったんですよ。

こうして最前列もどうにかかっこがついたところで(ぶっちゃけ事務所のバックもない自主運営ソロアイドルが、平日に名古屋まで二人も客連れてくるなんで相当なもんだと思うんだけど、どうでしょ?)、いよいよReNY Limitedのだだっ広いフロアに、本日のトップバッターまゆしぃが登場。
新衣装に身を包んだまゆしぃはマイク片手に開口一番、
「ナイアガラの滝をバナナボートで下るぞー!」






181003005.jpg







なんてことはもちろん言うわけもなく、オリジナルとカバーを程よくブレンドした王道のセットリスト。
これに名古屋のヲタの方たちも数名景気よく反応してくださって、まゆしぃはオープニングの不利な出番を条件にしては上々な手応えで終えることができたのであった。
181003003.jpg
続くラインナップは、Kaho、名古屋flavor、μμ、応援☆少女の名古屋勢にトリはやはり東京から来た萌えこれ学園。
応援☆少女の「名古屋が一番!」宣言になぜかアラスカの地名が絡む曲と、ちょっとエキゾチックな雰囲気のメンバーが印象に残りつつ、今夜の控えめな組数のイベントは終了。

続くは物販タイム。そしてオレはまゆしぃへの挨拶&チェキもそこそこに、応援☆少女のテーブルに向かい、「そうですか、アリッサさんとおっしゃるんですか! 今後ともヨロシク!」と、気になったメンバーと嬉々としてチェキ撮影に勤しみ、DDっぷりをいかんなく発揮していたのであった。

この記事に含まれるtag : ライブアイドル 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2780.html

2018/10/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 嵐の名古屋ヲタ遠征#1

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback