FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
オープンワールド  ONE互換  

【Saints Row】ワルノリ伝説の始まり

   ↑  2018/06/16 (土)  カテゴリー: XBOX 360
180616008.jpg
立川にいられなくなった。元はと言えばセンパイが悪いからだ。
「おい、ちょっとこれ洗車してこい」
女の前でかっこつけてオレにタントカスタムのキーを投げてよこしたのが、すべての間違いの始まりだ。
オレ、バックあんまりうまくねえ。
狭い路地で切り返そうとして、後ろをろくに見ずアバウトに下がったらガガガガガガガッ!!! 塀に思いっきり擦っちまった。
ごまかそうにもナイトシャドーパープルのボディだ。しかも一番ヒデえところは塗装面だけじゃなく下地の方までがっつり傷ついている。
180616010.jpg
しかもこのタントカスタム、センパイはまだローンの一回目を払ったばっかだ。
ヤベえ、殺される。なんつったってセンパイはナポリタンに箸を付けたってだけで、ブチ切れてコンビニのガラスにマグボトル投げつけたくらいアブナイ人だ。
このままタントカスタム返したら、どんな目に遭うかわかりゃしねえ。
「ちょっとワイルドな洗車してきました」っつうのはどうかな? いや、ムリだ。やっぱり逃げるしかねえ。
だけど逃げるっつっても埼玉や栃木あたりじゃ、まだ安心できねえ。
なんつったってセンパイは5年前のオートバックス店員の態度に、いまだぐちぐち文句言ってるくらい執念深いやつだ。
どっかセンパイが追ってこれないような場所。
そうだ、海外だ。どうせセンパイはパスポートのとり方すらわかりゃしねえ。
オレは有り金をひっかき集めてパスポートを引っ掴み、とるもとりあえずアメリカ行きの飛行機に乗り込んだ。
180616002.jpg
わけも分からず辿り着いたのはスティルウォーターという街だった。
来るなりいきなりヒデえ目に遭った。
オレは今まで立川が世界で一番ヤベえ街だと思っていたけど、ここはヤベえとかそれどころじゃねえ。
真っ昼間の街なかでカラフルなヤンキーどもが、いきなり大喧嘩おっ始めてやがんだ。
しかもスネ蹴り合ってるようなレベルじゃねえ。いきなりピストルとかサブマシンガンとか持ち出してドンパチやってんだよ。
死んじゃってるって! ヤバイって! おい、オレは関係ないって! 見てただけだって! ゴメン、許して撃たないで! タントはちゃんと修理して返します!
180616003.jpg
……助けてくれたのは、その場に新たに殴り込んできた別のヤンキーたちだった。
カラーギャングっつうの? ココらへんの不良はみんなグループごとに色で固めてるんだけど、そいつらは紫をトレードカラーにしてた。サードストリート・セインツってやつらだ。
「危ないところをありがとうございました。あなたたちは命の恩人です。ではボクはこれで」
さっさと立ち去りたいところだったが、そうもいかなくなった。人手が足りないからオレたちの仲間になれと。
タント擦っただけで逃げてきたオレが、こんな銃持ったシャレにならないやつらの勧誘を断れるわけねえだろ!!
180616005.jpg
リーダーのジュリアスはまあまあ話が通じるやつなんだけど、幹部のジョニー・ギャットってのが、ちょっとヤバすぎる。センパイの比じゃねえ。
こんなニキビ潰すよりも簡単に人を殺せるような連中と付き合ってかなくちゃなんないのかと思うと頭が痛い。
それに昼間はパチ屋に並んで夜はデリの運転手だけやってりゃよかった立川時代と違って、こっちはホント忙しい。
クスリの売人の面倒みたり、クルマ盗んできたり、あとは売春の斡旋とか、休む暇もありゃしねえ。みんな勤勉に働くのが嫌だから不良やってんじゃないのかよ!?
それと風俗嬢の勧誘。そんなもん「♪バーニラっ、バニラバーニラっ」ってトラック走りゃせりゃいいじゃねえかってジュリアスたちに言ったんだけど、みんな怪訝な顔しやがった。
それにこんな勧誘ひとつとったって命がけなんだよ。とにかく幹部からチンピラやケチなポン引きに至るまで、みんなカジュアルに銃を抜きすぎだっつうの!
180616009.jpg
だからギャング同士の抗争となると、もう戦争みたいなもんで、オレも最初は気合い入れてバット持ってったら、デックスのやつ……、あ、デックスってのはセインツの比較的気のいい仲間な。そいつに「お前、それで大丈夫かよ?」って心配されちゃったよ。全然大丈夫じゃなかったよ!
ここじゃクルマをパチるときですら銃がデフォでさ。ほら『Grand Theft Auto』なんかじゃ一般市民からクルマを奪うときは、無理やり引きずり出したりすんじゃん?
こっちじゃ強奪のYボタン押したら、ドアこじ開けて問答無用で運転手の頭目掛けてピストルパーンだよ!?
ちょっと奥さん大丈夫っすか!? オレ、そんなつもりじゃなかったんですよ、ちょっとクルマ借りようとしただけで!
悪いのは『GTA』との差別化を狙ってワルノリしてるVolitionなんすよ!
とにかく逃げなきゃ。……おい、助手席にガキがいるよ! 誘拐!? ま、結果的に実際そうだけどよ、こういうのまで嬉しそうにゲームシステムに組み込むんじゃねえよ!
180616006.jpg
とことん下品でワルノリしている『GTA』クローン。この『セインツ・ロウ』が最初にリリースされたときの印象は、その程度のもんだった。
本家と比較しての大きなセールスポイントはオリジナルキャラクターのメイキングくらいのもんだったけど、まさかそれがシリーズを重ねるごとにワルノリを上積みして、立川のへたれヤンキーがアメリカ合衆国大統領まで上り詰めてしまいにはエイリアンの侵略から地球を救う伝説にまでなるとは、この第1作目が出たときは考えもしなかった。
おめえは将来全世界のリーダーになるって? なにワケのわかんねえこと言ってんだ!
今のオレはとにかくセンパイに顔の形が変わるくらいまで殴られても構わねえから、あのお花畑のような立川に帰りたいだけだっつうの!!!!!

<Xbox One互換対応タイトル>

関連記事

この記事に含まれるtag : オープンワールド ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2773.html

2018/06/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Saints Row】ワルノリ伝説の始まり

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback