FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ギャルゲー  

【サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~】ときめきの海外赴任

   ↑  2018/04/19 (木)  カテゴリー: ドリームキャスト
180419008.jpg
慣れた職場を離れての海外への単身赴任。
家族持ちならばなんとしてでも回避したいところだが、あいにくと大神一郎は天下の独身貴族。なんの気兼ねもありゃしない。
むしろしがらみが増えてきた帝都時代の小娘部下たちとの関係をリセットするいいチャンスかもしれない。
赴く先は花の都巴里。そしてセガ背水の新ハード、ドリームキャスト。
新天地に浮かれる大神とプレイヤー。
もっともこの着いた先でも新たな小娘部下どもに翻弄される中間管理職生活が待っていることに変わりはないのだが、まあそれはお約束ってことで。
180419002.jpg
シリーズの三作目、それは鬼門。過去に数多の映画やゲームがそこで大きくずっこけてきた。
「ターミネーター」シリーズのように、いまだにその傷が尾を引いている例もあるし、ギャルゲー界隈でも『ときめきメモリアル』や『卒業』といった老舗が躓きを見せていた。
一作目と、それをさらにグレードアップさせた二作目。ならば次は大きな変革のターンだ。多くのパート3が陥ってしまう落とし穴パターンだ。
しかし『ドラゴンクエストⅢ』に顕著なように、歴史に名を残す第三作はホップ、ステップ、ジャンプの流れで、一作目からの流れのさらなる正統進化を目指した先に生まれる。
180419007.jpg
そしてそれは『サクラ大戦』シリーズも同様だった。
唯一の冒険は(大神一郎以外の)メンバーの総入れ替え。だがマンネリの回避には、これ以上の処方箋は他にない。
問題は帝都の花組に引けを取らないだけの新メンバーを揃えられるか。キャラクターデザインのみならず、既定路線となった舞台劇(歌謡ショウ)の展開もあるから、中の人の選定も重要だ。
果たして花組キャストに負けないくらいのキャリアと実力とコスプレ舞台登場すらも堂々と受けて立てる役者さんが残っているのだろうか。…………ノン子さんにお姉ちゃんに島津冴子さんに、まだまだ結構いるじゃねえか!
高飛車キャラが島津冴子さん? ああ、もうそれ言うことねえっすよ! オレの大神一郎にどんどん冷たくあたってやってくださいな!
180419003.jpg
キャストと新キャラクターに万全を期したあとは、ゲーム本編の正統進化っぷり。
初代『サクラ大戦』からのシステムと設定とお約束を忠実に継承し、それをとことんゴージャスにブラッシュアップ。
その練り込み具合は、新たなハードに新たなサクラ大戦という造り手の熱量と相まって、もうハンパないレベル。
ビジュアル、システム、楽曲、シナリオの充実度、あらゆる面において、シリーズのファンが予想し期待していたレベルをことごとく上回る離れ業を見せてくれた。
今でも語り草となっているオープニングムービー。あれを目の当たりにした時点で、羽田の方角に向かって「へへーっ」と深く頭を垂れたくなったユーザーも少なくはないだろう。
180419006.jpg
そしてそれは『サクラ大戦』シリーズの絶頂の瞬間。
ハードを取り巻く熱気と、ファーストパーティが背負って立つ看板故に許された豪奢極まりない作り込みも、セガハードの終焉と共にトーンダウンし、90年代の終わりに輝かしい歴史を刻み込んだこのシリーズも、やがて尻すぼみ的に一線からフェードアウトしてしまうのだった。。
花の都の栄華。それは大神一郎にとってもっとも輝かしいひととき。
中間管理職な立場にもいいかげん慣れてきて、あらゆる立ち回りやLIPSにも余裕をもって対処できるようになった。
刷新されたとはいえ小娘部下どもは、あいかわらず一癖も二癖もある連中ばっかだが、少なくともエリカは帝都のピンク色の小娘ほど面倒くさくない。
シャノアールも帝劇に負けず劣らず居心地がいいし、ビバ海外赴任。ああ、もう帰還命令なんか永遠に来なくてもいいくらいだな(あまり時を経ずして、セガのハード撤退と共にこの帰還命令、そして小娘12人勢揃い大パニックが大神を襲うこととなる……)。

関連記事

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2763.html

2018/04/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~】ときめきの海外赴任

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback