FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ONE互換  オープンワールド  

【Riot Act】無責任なアスレチックランド

   ↑  2018/04/15 (日)  カテゴリー: XBOX 360
180415008.jpg
サプライポイントからとりあえず目のついた方向へ最初の一歩を飛び出した。
毎度のことながら、さしあたっての目的なんかない。足の向くまま気の向くまま。
目の前にあるビルをよじ登り、屋上から屋上を跳び回り、思いついた方角へただなんとなく進んでゆく。
途中にこちらに絡んでくるギャングがいれば、銃か素手ゴロで相手をしてやったり、あるいはガン無視して先を急いだり、対応もそのときそのときの気分任せだ。
そうして自由気ままに飛び跳ねている間に攻略対象のポイントや敵幹部と遭遇すれば、これまた気分次第。一息に掃討してやるのもよし、後回しにしちゃうのもよしだ。
180415004.jpg
パシフィックシティはプレイヤーに与えられただだっ広い砂場だ。
この街にあるあらゆる建物や乗り物、ギャングに一般市民、そして同僚の警察官でさえも、プレイヤーが思うがままに振る舞い動き回るための素材でしかない。
強化改造をうけたエージェントが、この街に蔓延る犯罪組織を一層し秩序を取り戻すという大義も、ぶっちゃけた話、単なるとっかかりでしかない。
プレイヤーにしたって飛び跳ねているうちに、そんなこと早々とどうでもよくなっているだろう。
そして肝心のプレイヤーキャラさえも、プレイヤーの四肢の動きを代理で担う便宜的な存在。
少なくともここまでパーソナリティが欠如した主人公ってのは、そうそうお目にかかれるもんではない。
180415002.jpg
永遠に陽が落ちない遊具付き公園に解き放たれた子供のように、本能の赴くままに走り、飛び、ぶっ放し、爆発させ、狼藉の限りをつくす。
その合間にビルのてっぺんでちょっと一息ついたときに、このゲームをプレイしたことのあるものなら心躍らずにはいられない、あの魅惑的な「ふぉんふぉん」という音が耳に入ってくる。
このゲームにおける唯一の導線らしい導線、移動能力をアップさせる緑色のオーブが発するサウンドだ。
隅に駆け寄りオーブを回収し、そこから辺りを見渡すと、立ち並ぶビルの屋上や中層にさらなる緑オーブの姿が。
180415005.jpg
嬉々として今いる建物の角を蹴り、オーブ回収行脚に飛び出す。
移動能力がアップして行動範囲が広がっても、オーブは絶妙なまでの分布範囲で目の前に散らばっている。
この移動スキルの上昇曲線の練り込みは惚れ惚れするくらい見事で、いくらプレイ時間を積み重ねても中だるみや飽きがまったく来ないほどだ。
180415006.jpg
『ライオットアクト』とい日本独自のタイトル(原題は『Crackdown』)と共に施されたローカライズも、この夏のぬるま湯のように抜け出せない中毒性を持つゲームを後押しした。
ゲーム本編のイメージにこれっぽっちもリンクしないモンキー・パンチのパッケージ絵もそうだが、それよりもインパクトを残すのが、もはや小林清志のムダ遣いの域まで達した進行役の吹き替えだ。
恐らく警察ドキュメンタリーの流れからの起用なのだろうが、味も素っ気もないだけの原語版ナレーションを、テンションそのままに小林清志に変換したその珍味は、プレイヤーのやりたい放題を無責任に後押しする魔力に満ちている。
180415007.jpg
走り、飛び、ぶっ放し、爆発させ、狼藉の限りをつくすうちに、みるみる上昇するプレイヤーキャラのスキル。
それはさらなる狼藉を誘発し、プレイヤーの無責任アスレチックランドと化したパシフィックシティは、さらなる阿鼻叫喚の騒ぎを巻き起こす。
やめどきなんかなかなか見つからない。子供時代の公園での無秩序な遊びはカラスが鳴くから帰ったが、ここではそのタイミングを告げるカラスすらいない。
ストーリーからも、目的からも、ミッションや攻略といったゲームにつきまとうあらゆる決めごとからも解き放たれて、無目的で無責任で無秩序な自由をただ謳歌するためのツール。
『ライオットアクト』は、そんなサンドボックスな遊び場を、これまた無責任に提供するゲームなのだ。

<Xbox One互換対応タイトル>

関連記事

この記事に含まれるtag : ONE互換 オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2762.html

2018/04/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Riot Act】無責任なアスレチックランド

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback