FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

【東京バス案内】バスは束の間の運命共同体

   ↑  2018/02/06 (火)  カテゴリー: ドリームキャスト
180206008.jpg
路線バスはいい。
乗り合わせた客たちや、運転手さんに感じる奇妙な連帯感というかシンパシーは、電車ではまず覚えない感覚だ。
見ず知らずの人たちと即座に運命共同体になり、そんな彼らの人や成り、バックボーンなどが妙に気になってきたりする路線バス。
オレはいつもバスに乗りながら、「今ここに警官隊に追われた片桐竜次と川谷拓三や、或いは拳銃を手にしたアンディ・ロビンソンが乗り込んでくれば、この連帯感もさらに深まるのに」なんてしょうもない妄想に、しょっちゅう囚われている。
180206004.jpg
フォーティーファイブが'99年にドリームキャスト用ソフトとしてリリースした『東京バス案内』(このタイトルは、ゲーム内に登場するコラムニスト泉麻人氏の著書に由来する)は、そんな何となくバスが好きな人間にとっては、堪らない作品だ。
バスの運行シミュレータは海外にも数あるが、やはり見慣れた風景の中を走る勝手知ったる路線に勝るものはない。
この『東京バス案内』で走れる路線は、中ノ橋~新宿駅西口間、国際展示場駅~浜松町駅前間、そして東青梅駅~上成木間の3つ。いずれも見覚えのある道ばかりだ。
180206007.jpg
この中でもオレが一番お気に入りの区間は、一般にはそれほど評判のよくない東青梅駅~上成木間。
渋滞だ、車線変更だと、常に慌ただしさに満ちた都内の2路線と比べると非常に呑気で、途中の30キロ制限区間などでは、かなりの忍耐を強いられる路線だが、しかし「人々の生活の足となっている」というバス運転手の矜持を一番感じさせてくれるのは、この梅76に他ならない。
山道沿いに立ち並ぶ家々の、バスがなければ駅にも出ることができない住人に思いを巡らせると、「オレの頑張りがここの人たちの生活に、多少なりとも役に立っているんだ」という、バーチャルな職業意識が芽生えてくるではないか。
こんなにお役に立てているんですから、ドアを閉め忘れてバスを発進させちゃった程度のことは、どうか見逃していただきたい。
180206002.jpg
この梅76線の中でもっともも味わい深いのは夜間の運行だ。
混み合う帰りの通勤電車に揺られて、さらにバスに乗り継ぎ我が家の灯火に一刻も早く帰らんとする人たち。
彼らを安全に家族のもとに送り届ける大切な仕事だ。くれぐれも「一軒家なんて見栄張らずに、中央線沿線あたりにマンション借りろ!」なんて心ない一言を発してはいけない。
昼間でさえひとけのない山道。ましてや夜のそれは外灯のみが頼りの寂しい空間。
そんな中、バス停に佇む若い女性。さぞや心細かったでしょう。でも、もう安心です。バス車内の貧弱な照明も、今の貴方には眩いばかりのシャンデリアみたいに思えることでしょうとも。さぁ、オレが責任を持って家の近くまでお送りいたしましょう。
だからちょっと信号無視したくらいで、東京都交通局にチクらないでいただきたい。
180206005.jpg
後にPS2に移植され、続編もPS2で発売された『東京バス案内』だが、その移植版はオリジナルドリキャス版ほど、オレの琴線をくすぐるものではなかったた。
それはやはりドリームキャストのコントローラーと、このゲームの相性が抜群によかったからだろう。
無駄にデカく丸みを帯びたコントローラーは、バスのステアリングをイメージさせてくれるし、ぷるぷるぱっく特有の無骨な振動はディーゼルエンジンの鼓動そのままだ。
そしてストロークの深いトリガーは、大型車の繊細なブレーキングを再現するには無くてはならないものだ。トリガーのないPS2コントローラーは、この部分ではとても及ばない。
180206003.jpg
人によっては無駄な要素に感じたかもしれない、ストーリーモードでインサートされる乗客同士の会話も、オレはとても好きだった。
この鉄のかたまりの中で運命を共にする乗客たち。そんな彼らの人や成りは、やはり運転手の立場であっても、いや、運転手の立場だからこそ、より一層気になるだろうから。
そんな乗客たちとの距離の近さ、温もりの感じやすさは、電車の運行シムでは絶対に味わえないものだ。
我々は束の間の運命共同体。だから乗客の皆さんも、オレの運転に全幅の信頼を置いてください。人身事故の一つや二つ起こしたって、どうか笑ってスルーしていただきたい。

関連記事

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2741.html

2018/02/06 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ブレーキもシビアですし、右折時に人を巻き込んだり、バス停の放送流し忘れたり、全体的にシビアなんですがリアルで面白かったです。最後車庫入れとかありましたよね?メガドラのハードドライビンもリアル系(リアルじゃ無い道もありますが笑)で好きでした。

SAMURAI FUSION |  2018/02/07 (水) 02:57 No.1394


アナスンス流し忘れ、一番頻繁にやっちゃうミスですねw
おそらく18ホイーラーの筐体を流用したアーケード版も、デカハンドルの存在もあってなかなかの臨場感でした。

与一 |  2018/02/11 (日) 18:54 No.1397

コメント:を投稿する 記事: 【東京バス案内】バスは束の間の運命共同体

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback