FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
FPS  ONE互換  

【Deadfall Adventures】デッドフォールアドベンチャーズ

   ↑  2018/01/20 (土)  カテゴリー: XBOX 360
180120009.jpg
ヘンリー・ライダー・ハガード卿。1800年代の終わりから1900年代にかけて活躍した英国人作家。
文学史的にはあまり顧みられることのない人物だが、その影響力は計り知れない。
彼が主に手掛けたのは秘境を舞台にしたファンタジー冒険小説。
秘宝を求めてエキゾチックな地をめぐる好漢の冒険譚を、ときには細かい描写をかっ飛ばしたスピーディーな筆致で綴り一躍寵児となった。まぁ早い話がライトノベルの元祖みたいな人である。
彼のスタイルは1900年代の始めにアメリカで栄えたパルプマガジンに影響を与え、さらにはそれを経由してハリウッド映画にまで受け継がれる。
「インディ・ジョーンズ」シリーズや「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」といった80年代ヒットの冒険活劇は、そのリバイバルだ。
180120002.jpg
ハガードが生み出したもっとも有名なキャラは、代表作「ソロモン王の洞窟」で初登場する冒険家アラン・クォーターメイン(クォーターメン)。
フィクションの登場人物たちがオールスターで登場する映画「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」でも、堂々の主役をはった(演じたのはショーン・コネリー)キャラクターだ。
そしてここに、そのアラン・クォーターメインの曾孫を名乗る人物が一人。
つば広帽に革ベスト、無精髭づらの姿は、どっからどう見てもインディ・ジョーンズ気取りのあんぽんたんだが、少なくともこっちはあんな胡散臭い考古学者なんかじゃない。
それなりの血統を持ったれっきとした冒険家だ(ハガード作品はパブリックドメインになってるので、まあ勝手に名乗りたい放題だが……)。
180120006.jpg
おかげで敵からも味方からも「あの高名な冒険家のお孫さん」などと持ち上げられるこの男が、「ペンよりもライフルの方が得意だ」などとぼやきながら筆を執った回想が、『デッドフォールアドベンチャーズ』のイントロダクション。
この回想録をプロローグとしてお話に入るスタイルは、ハガードのクォーターメインものを一応踏襲してたりする。
彼がめぐるのはナチス・ドイツが暗躍する1930年代のエジプト、北極、そして南米の奥地。
これまた曾祖父様ゆずりの秘境ばかり。
180120003.jpg
曾祖父様が追い求めたのはソロモンの秘宝だったが、このハンバーグ師匠もどきの曾孫の目的はアトランティスの秘宝。
しかし行く先々には、古代人たちがとんでもない手間ひまをかけて仕込んだ、大掛かりなトラップや仕掛け扉が山ほど待ち構えている。
だけど案ずることはない。その仕掛けの解除方法は『MYST』の謎解きを風呂桶いっぱいの水で希釈したレベルだし、それでも手こずる人にはクォーターメイン家の人間ならではの特権がある。
じゃーん、曾祖父ちゃんが書き残した手帳。
ヒントブックどころか事実上のアンチョコと化しているこの手帳さえあれば、行き詰まるとこなんてありゃしない。ありがとう曾祖父ちゃん。曾孫はめちゃくちゃ横着させてもらってます!
180120005.jpg
敵となるのは、こちらはパルプマガジン経由のナチス・ドイツにロシア人、そして遺跡には付き物のミイラさんたち。
暗闇で長い眠りについていたミイラは、懐中電灯の光を直射させると燃え上がって弱体化。アランはアランでも別のアランをちょっと思い浮かべてしまうが、最終的にケリをつけるのはやっぱり銃器とダイナマイト。
途中にはロシア人が手間ひまかけて意味もなく掘った、とてつもなくデカい大坑道でのトロッコレース。どっかで観た展開だな。
あ、そうそう、肝心のヒロインは、これまたお約束の程よく勝ち気なお嬢さん。
180120008.jpg
正直FPS部分もアドベンチャー部分も、およそ凡庸極まりない仕上がりなんだけど(冒険家のくせしてゲームコンセプトはこれっぽっちも冒険してない)、ここまでベタベタな要素をまるでロッテのパイの実のように何層にも包んで出されると、とたんに愛すべきB級作品になってしまうから不思議なもの。
19世紀の英国から大戦前後のパルプ雑誌、黄金時代のハリウッドからインディ・ジョーンズ、さらにはトゥームレイダーやアンチャーテッドを経由して、ハガードの血筋はいかにもライトノベルの祖らしい、65~70点のゲームに落ち着いたのであった。

<Xbox One互換対応タイトル>

関連記事

この記事に含まれるtag : FPS ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2732.html

2018/01/20 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


実は結構お気に入りのゲームしてだったりしますが、確かにB級テイストが抜けきれない作品になってしまってますね。FPSの精度がちょっと雑なのがたまに傷ですよね。
これと同じくしてインターグローの「PAINKILLER HELL & DAMNATION」を買ったのですが、そちらよりもこちらのデッドフォールの方が断然お気に入りです。

SAMURAI FUSION |  2018/01/22 (月) 15:34 No.1383


そういやペインキラーもインターグローからでしたね。
デッドフォールやペインキラーはもう360の末期だったのに、日本版出してくれたのはありがたい話でもあります。

与一 |  2018/01/24 (水) 23:25 No.1384


確かにこれを後期に出してくれたことに感謝でした。デッドフォールは映画インディジョーンズとトゥームレイダー、ハムナプトラ、ロマンシングストーン(ちょっと古いけど)のようなな雰囲気をかもし出してくれて、個人的にはワクワクしながらやってしまいました。

SAMURAI FUSION |  2018/01/25 (木) 21:14 No.1385

コメント:を投稿する 記事: 【Deadfall Adventures】デッドフォールアドベンチャーズ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback