FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

【Manual Samuel】人体オートマ解除

   ↑  2018/01/08 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
180108007.jpg
サミュエルは銀の匙をくわえて生まれてきた男。ロボット製造会社CEOである父親の庇護の下、これまでぬくぬくとした人生を送ってきたぼんぼんだ。
だけど彼女の誕生日くらいはちゃんと覚えていたほうがいい。お決まりのひと揉めの後、フラフラ飛び出したところをトラックに撥ねられて人生一巻の終わり。
しかも地獄で会った死神は、語彙を嘆きの川に置いてきちゃったかのようなスケーターもどき。
ここでも一悶着あって、サムは死神の口車に乗り24時間期限付きの再誕を果たすこととなる。
しかしサムにとってはこれが新たな苦難の始まりであった。なにせ仮初めの生を受けたサムは、自分の身体をすべてマニュアル仕様で動かさなければならなくなったからだ。
180108002.jpg
脳が身体の運動を司っている状態は最高だ。
だって歩くにしろ息を吸うにしろ、無意識のうちに脳がオートマチックですべての動きを処理してくれる。
だけど今のサムはいわば死体に魂を再注入したようなもの。今まで自然に身体が動いていたことを、全部マニュアルで入力しなくちゃなんない。
ああ、なんか眼がしばしばして視界がぼやけてきた。いつもならここで身体が勝手になんかやってくれてたんだけど……。
「Yo、Yo、デュード。まばたきって知ってっか? Aボタンで眼をぱちぱちさせんだよ。しょっちゅうやる必要あっから、しっかり覚えとけよ」
180108003.jpg
今度はなんか息が苦しくなってきた。以前だったらこれも無意識のうちの運動でどうにかなっていたはずなんだけど……。そうだ、確か呼吸っていったっけ! ……アレってどうしてたっけ?
「Yo、手のかかる野郎だな。Yボタンで吸ってBボタンで吐くんだよ」
吸って、吐いて、吸って、吐いて、あ、視界がぼやけてきた。まばたきまばたき。吸って、吐いて、吸って、吐いて、まばたき。……生きるってめちゃくちゃ大変だな!
「やっと分かったか、デュード」
180108004.jpg
でも歩くのくらいは分かるぞ。右トリガーで右足を前、左トリガーで今度は左足。それを交互。右、左、右、左、右、左、ちょろいちょろい。あ、なんかまた苦しくなってきた!
「呼吸だよ、呼吸」
吸って、吐いて、右、左、右、左、吸って、吐いて、右、左、右、左、吸って、あ、まばたき! 吸って、吸って右、右、右、あ、歩けねえ! もうワケわかんねえ!
洗面所にたどり着くのも一苦労。着いたら着いたで歯磨き、放尿といった難事業が待っている。
180108005.jpg
それが終われば今度はクルマの運転だ。……って、おい! このクルマ、クラッチペダルが付いてんだけど!?
「デュード、マニュアル車も知らねえのかよ」
いや、知ってるよ! 知ってっけどさ! ああ、そうだよな! こんなゲームに出てくるクルマだから、そりゃ当然マニュアル車だろうな!
アクセル踏んで、クラッチ切って、ギア入れて、クラッチ離して、動いた、動いた。
オレが現実で最後にマニュアル車を運転したのって、もう20年近く昔の話なんだよ、カンベンしてくれよ。
しかもただのマニュアル車運転ならまだいいよ。サムの場合はその間に呼吸やまばたきも続けなきゃなんないんだから!
「Yo、Yo、兄弟、もっとトバせったらよ」
面倒だからずっとローギアのまま走り続けたかったんだけど、そうもいかないみたいだな……。
180108006.jpg
マニュアル化された自分の身体に悪戦苦闘するサムを待ち受けるのは、単調労働にロボットの反乱、無垢な子供たちの危機に地獄でまたまた一騒動と、さらなる苦労の連続。
同じマニュアル操作系ゲームの『Octodad: Dadliest Catch』はほのぼのファミリーコメディだったが、こちらは死神のキャラクターに代表されるように、ひたすら下品でスチャラカなノリ。
数時間のボリュームも、マニュアル操作のコンセプトが息切れ起こさないうちにすっきり終わってちょうど良し。
その短いプレイタイムの間に、サムとプレイヤーは、呼吸の、まばたきの、歩行の、普段意識せずやってるあらゆることの、そして彼女の誕生日をしっかり覚えることの大切さを身に沁みるだろう。

<国内ストア未発売>

関連記事

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2727.html

2018/01/08 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


心臓の拍動は一日十万回!

人体オートマ解除なんて罰ゲームですね。延髄の呼吸中枢がやってくれてた作業を意識してこなすとなると。過呼吸になりそう。黄金の犬、地井武男さんが印象に残っています。一昔前の流行作家の作品は新刊書店で目にしませんものね。

奈良の亀母 |  2018/01/09 (火) 20:48 No.1377


80年代によくあった、映画のスチルをそのまんま装丁に流用した映画原作本、当時はこんなろくでもないデザインしやがってと憤ったんですけど、今になって妙に惹かれるんですよね。
古書店なんかでもなかなか見つからないんですよねえ。

与一 |  2018/01/12 (金) 18:38 No.1379

コメント:を投稿する 記事: 【Manual Samuel】人体オートマ解除

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback