FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ONE互換  TPS  

【Dead to Rights】初代XboxのB級アクション

   ↑  2017/11/08 (水)  カテゴリー: XBOX
171108009.jpg
いかにも凶悪そうな風貌の黒光りする巨体。
初代Xboxはそのルックスから、ダーク&バイオレンスなゲームを多く擁するハードのイメージがあったが、実際はその初期の国内ソフトラインナップはPS2以上に呑気なゲームによって占められていた。
この異型のゲーム機に国内ゲーム市場の保守本流とは異質のモノを求めていたこちらにとっては、そんな煮え切らない陣容にやきもきしていたのだが、それがようやく解消されたのは本体発売から9ヶ月も経ってからであった。
171108006.jpg
Namco USA産クライムアクションアドベンチャー『デッド・トゥ・ライツ』。
シュートドッジで発動するバレットタイム(本作での呼称はタイムシフトダイブ)を軸とした、明快に『MAX PAYNE』の影響下にあるサードパーソンシューター。
だがシステムからストーリーに至るまで『MAX PAYNE』ほど洗練されてはいない。逆に格闘アクション要素やミニゲームなどをごちゃごちゃと盛り込んだ、猥雑なプレイフィールが特徴だ。
171108007.jpg
ゲーム開始早々フィーチャーされるストリッパーのポールダンスミニゲームを皮切りに、後の様々なゲームに盛り込まれるヒューマンシールド(用済みになった"人間の盾"を、躊躇なく脳天をズドンと撃って処刑するくだりなどは、バイオレンスゲームにそれほど麻痺していなかった当時のオレは、「いくらギャングと言えど人権というものがあるんじゃないですかあ!?」と、自分のキャラがやったこととはいえおろおろしたものだ)など、エログロバイオレンス方面への徹底した針振り。
そして90年代の「午後のロードショー」で忘れた頃に放映されるB級アクション映画のようなストーリー。
純粋にゲームとしては決して磨き込まれていないが、繁華街の一番妖しい地区に建つ雑居ビルのような混沌とした造りは、妙にクセになる魅力があった。
171108008.jpg
そんな初代Xboxの忘れがたき想い出の一つが、Xbox Oneへの隔世互換によってまさかの再降臨。
現役ハード上で初代のあの起動画面が流れるだけでも感涙モノだが、その直後に始まる現役機のパワーでアップコンバートされた本編にさらにびっくり。
アーリーゼロ年代コンソール機特有の、靄がかかったようなグラフィックが、くっきりハッキリと変貌を遂げている。
171108001.jpg
進化したコントローラの恩恵によるものか、操作感も心なしか向上している印象で、「『デッド トゥ ライツ』って、こんな遊びやすいゲームだったっけ!?」なんて声が思わず漏れてしまった。
とは言えコンソール機版のシューターが確たるスタイルを模索して、色々と試行錯誤していた時代の作品。エイミングや視点移動など、現代の眼で見ると粗が目についてしまうのは致し方ない(見た目が綺麗になっただけに、こういった部分は余計目についてしまう)。
171108004.jpg
脊髄反射の行動で悪徳の街に蠢く犯罪に挑むはみ出し刑事ジャック・スレイトと、その凶暴極まりない相棒警察犬シャドウ。
このやさぐれコンビは猥雑なB級テイストをそのままに『Dead to Rights: Retribution』で次世代機Xbox 360にも再登場。
初代作をあらゆる意味でパワーアップしたこちらも互換を待ちたいところだ。

<Xbox One互換対応タイトル>

関連記事

この記事に含まれるtag : ONE互換 TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2703.html

2017/11/08 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


最後の方、ちょっと自分には難しいところもありました。
懲りずにXbox360版も買いましたが、私はそこそこ楽しめました。
ナムコでこれよりも忘れ去られたブレイクダウンもかなり好きですよ。
自分の当時新品で買った初代Xboxがイジェクトボタンが利かなくなってしまって、電源ボタンと連動するようになっていまい、コンセントを抜かないと電源が切れなくって不便です。
だいぶ前に中古でもう1台買った方がまだ問題なく生きているのですが、いつ逝ってしまうかわからないので早くXbox Oneで初代Xboxソフトを沢山互換して欲しいです!

SAMURAI FUSION |  2017/11/09 (木) 09:32 No.1355


90年代洋ゲーの難度をちょっと引きずってしまった感じで、バランスという面ではちょっと粗が多かったですねえ。
最初にプレイした時は刑務所の中のミニゲームで躓いた記憶があったんですが、再プレイでもやっぱりそこが引っかかりました。
ブレイクダウンもFPSの文脈とはちょと違う主観視点ゲームで面白かったですね。
後にミラーズエッジをプレイした時、ブレイクダウンをつい思い出しちゃいました。

与一 |  2017/11/12 (日) 17:55 No.1356


初代XBOXのゲームは自分も途中で投げ出してしまったのが多かったので、暇をみてやってる次第です。

360のソフトも山積みなんで全然追いつかないうちにONEになってしまって、積みゲーが物凄いです。

SAMURAI FUSION |  2017/11/14 (火) 10:42 No.1357

コメント:を投稿する 記事: 【Dead to Rights】初代XboxのB級アクション

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback