FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
イングレス  プロレス  

【Ingress】ぶらりポータルの旅 カール・ゴッチのお墓参り編

   ↑  2017/09/15 (金)  カテゴリー: Android
♪私を野球場に連れてって クラッカージャックも忘れないでね 帰りの心配はしなくていいから
元は古いハリウッド映画の主題歌。そして今やMLBのみならず日本の球場でもよく流れる定番のベースボールパークソング、"Take Me Out to the Ball Game"。
それをもじったミッションが常磐線の南千住駅前から始まっている。
170915007.jpg
♪私を回向院に連れてって お線香とお供えも忘れないでね 帰りは首切り地蔵よ
名付けて"Take Me Out to Ekoin ~小塚原を訪ふ~"。
このあたりはかつて多くの罪人が処刑された小塚原刑場があった場所。豊国山回向院は刑死した人たちを弔うために建立された寺。
あまりカジュアルに「連れてって」かれてくない場所だが、とにかく今回の目的地はこの回向院だ。
170915004.jpg
寺は常磐線とつくばエキスプレスの線路脇、駅のほぼ隣と言っていい立地なのだが、あの辺は線路や道が入り組んでいて初めての人間には迷いやすいので、駅から回向院までを分かりやすく誘ってくれる、このミッションの存在は非常にありがたい。
もちろん短時間でさくっと一つミッションを消化したい人にもオススメだ。
ポータル順路に従っていけばものの数分で着く回向院。
ここの墓地の一角は史跡エリアになっていて、吉田松陰ら安政の大獄で刑死した人々、桜田門外の変や坂下門外の変に加わった攘夷志士たち、そして鼠小僧次郎吉や高橋お伝らフェイマス犯罪者の墓が立ち並んでいる。
170915001.jpg
その中に一つだけ目立つ黒光りする真新しい墓。近づいてみれば墓石には「カール・ゴッチ之墓」とくっきり刻まれている。
プロレスヲタには改めて説明するまでもないだろうが、"プロレスの神様"カール・ゴッチ。力道山時代に始まり終生日本マットと深く繋がっていた、多くの日本人レスラーが師と仰ぐ存在だ。
ゴッチさんは2007年に亡くなっているが、死後10年を機にその遺骨の一部がどういうわけだか回向院に分葬され、こうして立派な墓石が建っている。
幕末の志士と義賊と侠客の間にいきなり連れてこられて、ぶっちゃけゴッチさんもびっくりしてるんではないだろうか。
尊王攘夷、明治の毒婦、ターヘルアナトミア、そしてプロレスの神様が混在する、なんともアナーキーな空間だ。
あの気の短そうな水戸浪士たちとゴッチさんが果たして仲良くやってくれるのか、ちょっぴり心配でもある。
170915003.jpg
ゴッチさんのお墓参りルートとして、昭和プロレス者にはにわかに見過ごせないミッションとなった"Take Me Out to Ekoin ~小塚原を訪ふ~"。
そして南千住駅からは、かつて存在したセメントサイロにちなんだ"南千住セメントストリート"という、やはり単発のミッションがある。
黒地に白抜きでシンプルに「セメント」と書かれたミッションメダル。
プロレス界では"ガチンコ"を意味する隠語で、ゴッチさんには深い関わりのあるキーワードだ。
お墓にゴッチさん好物のワインでも手向けた後には、ぜひこちらも回ってみてはいかがだろうか。

関連記事

この記事に含まれるtag : イングレス プロレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2686.html

2017/09/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Ingress】ぶらりポータルの旅 カール・ゴッチのお墓参り編

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback