ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
イングレス  

【Ingress】ぶらりポータルの旅 甲府ミッドナイト編

   ↑  2017/08/15 (火)  カテゴリー: Android
170814008.jpg
「お遊びするつもりはない!(少なくとも今は!)」
慇懃な物腰の客引きを振り払って献血ルームに駆けこみRedFactionミッション一列を終わらせた後、オレはホテルにチェックインしてユニットバスで汗を流し、本番の公式ミッションがライブする時刻に備えて身体を休めていた。
その間にコミュニティハングアウトやディスコードでは、「ログが出てないけどなにやってるんですか?」「ひょっとしてお楽しみの最中ですか?」「甲府の夜を満喫してるんですね」なんてメッセージが飛び交っていたが、ヒドい色眼鏡もあったものだ。
オレはこの地にミッションデーを純粋に追求しに来たのだ。
170815003.jpg
そしてポータルはただハックすればいいものではないし、ミッションはただメダルをキレイに並べれば済むものではない。それではスキャナの中だけですべてが完結してしまう。
ポータルやミッションは現実の街並みやオブジェクトや歴史や文化に触れるための、取っ掛かりであり道標だ。なんかオレいまスゲえ良いこと言った!
この甲府MDも、企画してくださった方たちが望んでいるのは、ただミッションをコンプすることではない。
それをきっかけにして、甲斐の国の風土、文化、歴史、名所、人々を体験して欲しいからこそ、あれだけの手間暇をかけてイベントを運営しているのだ。なんかオレいまスゲえ良いこと言った!
170815006.jpg
たとえばこの南銀座インフォメーションというポータルにしたって、ミッションの流れでポチッとハックしてそのまま通り過ぎてしまえば、それでなんの記憶にも残らず思い出にもならず終わってしまうだけである。
その先にある何かとの触れ合いがなければ、現実世界を舞台にゲームをやってる意味などないではないか。なんかオレいまスゲえ良いこと言った! だからこの先にオレは行く、止めるな!(……「お遊びいかがですか?」)
170815007.jpg
まぁそれは置いといて、歴史や風土とのふれあいはやぶさかではないが、さすがに炎天下の猛暑の中を歩き回る自信はない。
前乗りの一番の理由は、まだ気温が上がらない深夜のうちに回れる所を回っておきたかったから。
そして日付けが変わると同時にMD甲府公式全12ミッションが一斉に出現。この内、甲府駅周りの5つだけを夜のうちに済ませてしまう寸法だ。
170815002.jpg
西多摩や八王子の人間にとっては、甲府は西の山をちょいちょい越した先にある訪れやすい街。
三々五々甲府入りする地元コミュニティからの参加者も、過去のMDとは比べものにならないほど多い。
駅前でチャリにまたがる二人組、地元の人かと思いきや、よくよく見ればコミュの仲間。
「チャリで来たんですか!?」とびっくりしたが、まさかさすがにそんなわけはない。
それにしても地元エリアならいざ知らず、はるか甲府の駅前で深夜の1時にばったり会うというのもスゴい話である。
170815004.jpg
舞鶴城、印傳博物館、エル銀座、深夜の甲府中心街をぐるりと巡って予定のミッションをクリア。後は各イベントに備えて一寝入りするだけだ。
その前に飲み物だけでも買っておこうとホテル近くのコンビニに入ったら、別のコミュメンバーたちにばったり。
夜通し峠を越えてたった今甲府に着いたばかりだそうだ。地元エリアなら知らず、はるか甲府の、しかも駅からも幹線通りからも離れたへんぴなコンビニで深夜の3時にばったり会うというのもスゴい話である。
170815005.jpg
クルマで甲府を目指したメンバーからの到着の報告が、他にも続々と入る。みんなこのまま朝までミッションをこなしてクルマの中で仮眠をとるそうだ。
オレにはとてもそんな根性はない。蒸し暑さでボロボロになった身体を、クーラーがガンガン効いたホテルの部屋で癒やすだけだ。
それではみんなおやすみなさい! いや、マジで寝るから!

この記事に含まれるtag : イングレス 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2674.html

2017/08/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Ingress】ぶらりポータルの旅 甲府ミッドナイト編

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback