ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【Shoooji】書道で心を豊かに

   ↑  2017/06/11 (日)  カテゴリー: Android
170611005.jpg
とにかく落ち着きのない子供だったオレの行く末を案じたのか、両親が無理やり通わせたのは、とある書道教室だった。
もっとも、そこの先生は自分の気になるテレビ番組があると、生徒たちに勝手に課題をやらせて自分はテレビに見入っているという、とんでもない爺さんだった。そのくせ生徒がちらっとテレビを盗み見すると怒るのだ。
そんな書道教室だからして、落ち着きなんてものが身につくはずは当然なく(だいたいサウスポーに毛筆習字をやらせようってのが、そもそもの間違いだ)、オレは字なんかそっちのけで、前の席に座るN君の絶壁頭が気になって気になってしょうがなかった。
170611003.jpg
「この見事な絶壁を叩いたらどんな音がするのだろう?」
そんな誘惑に負けたオレは、ある日ついに文鎮でN君の後頭部をコツンと叩いてしまった。
N君は当然大泣きし、オレは「いや、絶壁だったから……」とワケの分からない弁解に終始し、その一言でN君はさらに大泣きし、結局オレはその教室から退校処分となってしまった。
その後、保護者間で「文鎮で友だちの頭を思い切り殴打した」という誤った情報が流布し(誓って言うが、せいぜい仏壇の鐘を鳴らす程度の強さで叩いたのだ)、オレはしばらくの間、えらく肩身の狭い思いをしたのであった。
170611001.jpg
習字に関しては、もう一つ苦い思い出がある。
小学校での書道の授業。教師から「自分が思いついた好きな言葉を、のびのびと書いてみなさい」と指示を受けたオレは、墨痕も鮮やかにでかでかと"ち×こ"の文字を描いた。
これを見て激怒した教師は、もう今だったら大問題になってそうな勢いでオレのアタマを数発どついたあと、授業が終わるまで教室の隅で正座を命じた。
そんな習字にまつわる体験を思い出しているだけで、自分のインテリジェンスの欠如ぶりに頭痛がしてくる。
170611004.jpg
しかしそんな救いのかけらもないガキだったオレも、今やそれなりに分別のある大人だ。
書道が目の前にある絶壁頭を衝動の赴くまま文鎮で叩く行為ではなく、心の中のある様を筆に乗せて清然としたためるものだということは、いい加減ちゃんと理解している。
饐えた匂いのする習字道具は手元にないが、その代わりにAndroid端末と、わざわざ墨を擦る動作までをもフィーチャーした書道アプリ『Shoooji』がある。
心を落ち着かせながら右指をタッチパネルに擦って(墨を擦って)、さあ、豊かで平穏な心のあるがままの言葉を書くぞ!














170611002.jpg






(部屋の隅で正座中)

 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2651.html

2017/06/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Shoooji】書道で心を豊かに

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback