ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
Xboxアプリ  

【楽天SHOWTIME for Xbox One】

   ↑  2017/05/29 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
170529003.jpg
王道を突っ走るNetflix。スマホ契約時のどさくさに紛れる手段でシェアを確保するdtvにU-NEXT。テレビ屋の大きなお世話でコースアウトしたhulu。独自の存在感を見せるDMM。それらを急追していたらいつの間にか全部追い越していたamazonビデオ。
動画配信サービスは今やゲーム機とも切っても切れない関係となった。
その中でも独自の道を歩むのが楽天SHOWTIME
対応するゲーム機がXbox OneとWii Uのみ。それだけで某100円ショップの"ライバルの少ない場所にのみ出店する"ビジネス戦略にも似た、すき間商売スピリットが伺えるだろう。

360時代からMSハードにサービスを提供していた楽天SHOWTIMEだが、当初のそれは決して利便性の高いモノではなかった。
特に月額会員費と個別のコンテンツレンタル料を二重取りする料金システムは、「お前、これから熾烈を極める動画配信サービス競争をホントに勝ち抜く気があるのか!?」と説教かましたくなるようなウィークポイントであった。

さすがにマズいと思ったのか、この料金体系はやがてオーソドックスなコンテンツ個別購入とマンスリー定額プランの併用制に改められたが、同種サービスの間で一歩出遅れた感のある現状は、やはりこの辺のスタートダッシュ時の不手際や、楽天の宿痾であるポータルサイトの造りのマズさなどに起因しているのだろう。
170529002.jpg
されどamazonビデオとhuluがまだ正式に来ておらず、他にはMicrosoft映画&テレビとNetflixしか選択肢のない国内Xbox Oneにおいては、Vシネマやピンク映画からパチンコ・パチスロ関連、グラドルものまで、ドメスティックなコンテンツを幅広くフォローした貴重な存在であることには変わりはない。
もちろん洋画や海外ドラマも一通り揃っているし、ロジャー・コーマン推しやハーシェル・ゴードン・ルイス祭りのような、時おり見せるヤケクソのようなプログラムにも目が離せない。

そんなひなびた風情は、10代の頃に頻繁に足を運んだオデヲン系列の二番館三番館や中央線沿線の名画座を思い起こさせて、オレに妙な愛着を抱かせるのであった。
現在のラインナップからのオススメは、同シリーズで一番アッパーなテンションの「新・ヤンママトラッカー ~ケイVS美咲 宿命の対決編~」や、全米が泣いたヤンママものの名作「特攻!ヤンママ仁義」、安定のシリーズ「ヤンママ愚連隊」など。
Netflixには逆立ちしても真似できないプログラム、ぜひ一度お試しあれ。

この記事に含まれるtag : Xboxアプリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2645.html

2017/05/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 映画【血の魔術師】
この前の記事 : 【Bioshock 2】Minerva's Den Add-On

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【楽天SHOWTIME for Xbox One】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback

この次の記事 : 映画【血の魔術師】
この前の記事 : 【Bioshock 2】Minerva's Den Add-On