ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
FPS  

【Bioshock 2】Minerva's Den Add-On

   ↑  2017/05/27 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
170527006.jpg
海底都市ラプチャー。その中心部から少しばかり外れた場所。
コンピューター技師の妄執は、そんなラプチャーの多くの住民たちが注意を払わない、隠れ里のような場所に結実した。
ミネルバズデン。この海底都市におけるシリコンバレーのような一画。
古いSF映画から抜け出してきたかのような仰々しいケーブルとパンチカードが織りなす大型コンピュータが乱立するこの建物で、『Bioshock2』のDLCシナリオは幕を開ける。
170527002.jpg
今回のプレイヤーの立場はビッグダディプロトタイプの一つ、実験体シグマ。
相も変わらず記憶も定かではない身の上だが、しかし今回の役割は庇護者ではなく、リトルシスターの保護はあくまでも本編の流れから課せられた義務でしかないことくらいはぼんやりと分かる。
コンピューター技師同士の功名心と独占欲の鞘当て。あのアンドリュー・ライアンまでもが興味を示した人工知能の奪回がその目的だ。
170527003.jpg
ドリルにリベットガン。ビッグダディの武器と言えば、重厚な工具めいたガジェットが身上だが、このDLCシナリオの新たな主人公に与えられたのは溶接機めいたレーザーガン。
場所柄か理系男子、リケジョの成れの果てが多くを占めるスプライサーどもは、せっかくだからこいつと新プラスミドのグラビティウィールの組み合わせで嬲ってやろう。
重力の渦に洗濯物みたいに掻き回されるスプライサーめがけて、溶接レーザーをぷっしゃー。
この原罪まみれの海底都市を引き回されて、逃れようのない輪廻に直面させられる主人公にとっては、スプライサー蹂躙は数少ない享楽なのだから。
170527004.jpg
父性愛、母性愛に次ぐこのシナリオのテーマは夫婦愛。
さすがに本編ほどの劇的な展開や深みのあるドラマがあるわけではないが、この名残惜しい海底都市に別れを告げるには、程良い規模のスケールだろう。
湿りきった空気、水滴越しに歪むネオンの灯火、床から壁から漂う潮の匂い。1作目、2作目、そしてこのDLCシナリオに渡った魅惑の海底都市の物語も、いよいよこれで終幕。
そしてこの主観視点が紡ぐドラマは空中都市コロンビアに舞台を移し、いよいよ頂点を迎える。

<『バイオショックコレクション』所収>

 

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2644.html

2017/05/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Bioshock 2】Minerva's Den Add-On

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback