ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
Forza  レーシング  

【Forza Horizon 3】うず潮バンクとフェラーリ・デイトナ

   ↑  2017/05/20 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
170514007.jpg
ホットウィール拡張コースのあちらこちらに設えられた、渦を巻くようなバンクカーブ。
「流石島サーキットのうず潮バンクだ!」
これを見たスーパーカー世代からは、一様にこの声が漏れたに違いない。
同ブームに火をつけた池沢さとしのコミック「サーキットの狼」。
瀬戸内海の無人島に造られたという設定の架空レース場流石島サーキットは、連載の中盤を大いに盛り上げた舞台。
富士スピードウェイの今は封鎖された30度バンクをモデルにしたうず潮バンクは、その流石島サーキットの最大の山場。そして多くのスーパーカーをクラッシュに誘った難所中の難所である。
170520001.jpg
そんなかつてはコミック中の一場面でしかありえなかったコースが、いまオレの前に山ほど広がっている。
目の前にはうず潮バンク。上を見上げればうず潮バンク。後ろを振り返ってもうず潮バンク。
大中小サイズも角度も様々なうず潮バンクのショーケース。
そこにコルベット・スティングレイ、フォード・カプリ、カウンタック、ランチア・ストラトス、セリカGTなど、流石島サーキット回を彩った実在名車の数々で挑むことができるのだ。ムダに長生きはしてみるもんである。
170520009.jpg
そしてフェラーリ365GTBデイトナ。
イタ車らしからぬ外観と異名を授けられた、フェラーリいにしえの12気筒怪物マシンも、「サーキットの狼」で強い印象を残したクルマだ。
初登場は連載最初の大レース、箱根の一般道をぶっ飛ばす非合法レース公道グランプリ。
レース中盤から上位陣に割り込んできたデイトナは、トップ争い、ランボルギーニ・ミウラやポルシェ・カレラとのメーカーの威信を賭けた一騎打ちと見せ場を作り、ド派手なクラッシュで退場した。
170520006.jpg
名無しドライバーのちょび髭悪党面によるものか、どことなく悪役的なイメージを残したデイトナが再挑戦を果たしたのが流石島サーキット。ハンドルを握るのはもちろんあのちょび髭野郎だ。
一時はトップを覗う勢いを見せたデイトナだったが、その見せ場はやはりクラッシュ。
うず潮バンクをトップスピードで駆け下ろうとする主人公車に、「人にできてこのオレにできねえことがあるか!? いったるぜーっ!」という、シチュエーション次第では間違っていないポジティブ精神を発揮して追随。
重量級マシンには案の定無謀な試みで、スキッドアウトを起こして爆発大クラッシュという、相変わらずのかませっぷりで読者を魅了してくれたのだった。
170520004.jpg
そのデイトナ。『Forza Horizon 3』の登場車種ラインナップに、しっかりと名を連ねている。
ベルリネッタボクサー、テスタロッサと続くフェラーリ12気筒重量級系譜の祖であるマシン。
普通に転がしていても乗り応え抜群のクルマではあるが、しかし目の前にこうもうず潮バンクが連なっていては、もちろんアレに挑まないわけにはいかないだろう。ちょび髭野郎の無念はオレが晴らす。
「人にできてこのオレにできねえことがあるか!? いったるぜーっ!!!!!!」
170520005.jpg

 

この記事に含まれるtag : Forza レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2641.html

2017/05/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Forza Horizon 3】うず潮バンクとフェラーリ・デイトナ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback