ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
実写ゲーム  

【Late Shift】映画畑のインタラクティブムービー

   ↑  2017/04/24 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
170424008.jpg
ボクの名前はマット。映画の主人公だ。
まあ一口に映画の主人公といっても色々とあるけど、ボクの場合はちょっとばかり毛色が違ってる。
普通映画館ではスマホの電源は切っておくのがマナー。
ところがボクの出てる映画では、みんな客席でスマホの画面光らせてるんだ。そんでもって時々スクリーンほったらかして一斉にスマホいじくってる。
そのスマホタイムが終わるたびに、映画の中のボクの運命は、どういうわけか変転しちゃうんだな。たまったもんじゃないよ、こっちは。
170424006.jpg
映画ってのは基本一方通行なもの。ところがこれはそうじゃない。
要所要所でボクのとるべき行動が観客のスマホに送信されて、みんなは画面をポチッと押してそれに対して選択を下す。
そしてその選択の多数決によって映画のストーリーが分岐していく、まあインタラクティブって言うのかな? とにかく観客本位で進行する実験的な作品なんだ。
テレビドラマでも昔から散発的に試みられてきたけど、この場合は全員が空間を共有してその展開を同時に体験できるのが肝なのかな。
170424001.jpg
そんな一風変わった映画だから、いざソフト化しようってときも普通のDVDやBlu-ray Discにするわけにもゆかず、こうしてゲームの群れの中にちゃっかり混じっての登場と相成ったわけだ。
だけど上映の際にも身に沁みていたけど、観客に下駄を預けるって言っても、まぁあちらにとっちゃボクのことなんかどうでもいい赤の他人なわけだから、その運命に対しちゃぶっちゃけ無責任だよねえ。
そしてこうしてゲームになって、ちょっとはそれが好転するかと思ったら、そんなことまったくありゃしない。
ましてや多数決のバイアスすらかからないもんだから、そりゃもうヒドいもんだよ。
170424002.jpg
ボクね、駐車場係の遅番バイトをやってるごく普通の学生なんだよ。
ところが画面の向こうの奴の無責任な選択に踊らされて、いつの間にか美術品強盗の一味になって、なんだか知らないうちに拷問にあってるの。
こっちはとっとと楽になりたいのに、ボクの生殺与奪権を握ってるプレイヤーは、意地でも解放させてくれないの。何度も何度も「楽になる?」って選択肢出てるのに全部我慢しやがって拷問耐えやがって。
170424003.jpg
人の身体だと思って気楽なもんだよ。そのたびにこっちは指を万力で締め上げられて、冗談じゃないっつうの。
何度目かの我慢のときには、なんだか知らないけど「よしっ、実績解除!」って嬉しそうな声がテレビの向こう側から響いてきたもんね。なに勝手に盛り上がってんだよ!
ただインタラクティブって言っても原則的には映画だから、一般的なアドベンチャーゲームのような細かい分岐は期待しないでくれ。
数カ所のチャプター分岐と数種類のエンディング。それ以外はこちらの選択に拘らず、ストーリーが強引に一本の道に収束されてくことが多い。
170424005.jpg
そのくせ終盤のフラグ立ては、インタラクティブ映画の範疇にしては結構複雑だから、これ一発勝負の映画館上映の時は、ほとんどがスッキリしないエンディングに行き着いたんじゃないかな。
しつこいようだけど原則映画だから、途中経過のセーブ保存などはなし(リジューム機能はあり)。
再プレイはまた頭から観直さなければならないけど、まぁ何度も付き合っているうちに、フィギュアスケート鈴木明子似のヒロインにも愛着が出てくるはずさ。
なんとか彼女を助けてやってよ!(あとボクもね!)

<国内ストア未発売>

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2631.html

2017/04/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Late Shift】映画畑のインタラクティブムービー

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback