FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

この記事に含まれるtag :
ギャルゲー  

【卒業 Next Graduation】奴らが熟れて帰ってきた

   ↑  2010/10/27 (水)  カテゴリー: PCゲーム
10102708.jpg
昔は何の興味も持てなかったアイドルが、今では主婦タレントとして熟した姿を晒しているのを見ると、思わずどきっとすることありませんか?
まぁぶっちゃけた話、堀ちえみのことなんですけど。アイドル時代の堀ちえみは、それこそ俺にとってはどうでもいい存在だったんですけど、今や五児の母(!)となった堀ちえみは、なんというか、もう格別な存在ですよ。今の堀ちえみなら、それだけでご飯を10杯ぐらいお代わりできます。
この絶妙に熟しきった堀ちえみが隣にいたら、理性を押しとどめる自信がありませんよ、俺!
アイドル時代より今の方が全然イケるって言ったら、あとは原田知世なんかですかね? あ、そうそう! アイドルとはちょっと違うけど、原田は原田でも貴和子姉さん! 今の貴和子姉さん、最高じゃないすか!
あそこの姉妹は二人揃って綺麗に熟れるという希有な例ですよね。たいていはどっちかがずっこけるもんだけど。
10102707.jpg
生稲晃子なんて人は、アイドル時代の姿はさっぱり印象に残ってないんですけど、この前ある番組で見かけたときは、思わず「お、奥さんっ!」とテレビごと押し倒したくなる衝動に駆られましたからね。
もっともいくら元アイドルと言ったって、そりゃ熟す前に腐っちゃったような人たちだってたくさん居ますけどね。
だから美しく熟れた人たちってのは、女としての真の競争を勝ち抜いてきた、選ばれしエリートなんですよ。
若いうちの競争なんて競争のうちに入らないっすよ。若いってだけで輝いてますから。だけどですね、女性はやはり30代に入ってから、その真価が初めて問われてくるんです。そこをいかに乗り切るかが、生稲晃子と工藤静香の差になってくるんです。
AKB48だって、今の俺の目には単に”うじゃうじゃたくさん居る人たち”としか映らないけれど、彼女たちの真価が問われるのは、今の姿ではなくて、10年後、15年後の姿ですって!
10102705.jpg
何かとギャルゲーの元祖と称される卒業ですけれど、清華女子高校のあの生徒たちってのは、いわゆる萌えとかの対象とは、およそかけ離れた存在だったと思うんですよ。
俺なんかはむしろブロイラーの世話をするような感覚で、彼女たちと接していましたし。
あんなケツの青い小娘ども、ただつつがなく問題を起こさず卒業してくれと願うばかりで、およそ萌えるとかそういう雰囲気になれるような連中ではなかったです。
しかし、その小娘どもが13年の時を経て、熟した女として戻ってくるのならば、話は別です。
女としての経験を積み重ね、たわわに実った姿で再び登場する彼女たち。あの頃に手を出していれば立派な淫行ですが、今ならただの不倫で済みます。淫行は犯罪ですが不倫は文化です!
10102703.jpg
あの五人の問題児たちも、今では立派な一女の母。娘たちをかつての自分の母校に入学させ、プレイヤーが再びその教壇に立つという設定。
加藤と新井はそれぞれ家業を継ぎ(蕎麦屋とバイク屋)、志村はコスプレ服のデザイナー。中本は作家になり、高城は財閥の支社長と、卒業後はものの見事に住む世界が違った五人。加藤と高城なんて、今会っても絶対話が合わないor弾まないであろうことは間違いなし。
その今の姿はと言えば、こちらの期待したそれとはちょっと違うんだが。
先生なぁ、君らのキャラデザインは、コミック人妻熟女ざかりとか、そんな雑誌に描いている人たちに頼んだ方が良かったと思うんだがなあ。
10102710.jpg
そんな外見的な熟れっぽさがイマイチ足りない彼女たちですが、それでも小娘だった頃とは比べものにならない女の輝きを放っていることには変わりません。
後は娘の進路相談とかにかこつけて彼女たちを呼び出して、「加藤、昔は手のかからない生徒だからと、完全にほったらかしにしていたが、今じゃすっかり熟れていい女になったな。先生は嬉しいぞ」「あの、先生、娘の進路の話じゃ……」「天かすとかくれておけば勝手に育つから大丈夫だ。そんなことより加藤、私の股間の蕎麦打ち棒が、さっきからいきり立ってしょうがないんだが、お前、どうにかしてくれないか?」「そ、そんな、せ、先生!」「いいじゃないか。子供一人ひり出しておいて、いまさら生娘みたいなことを言ってるんじゃない!」
10102701.jpg
なんてシチュエーションがさんざん楽しめるかと思いきや、いつも通りのパラメータ調整ゲームの他には、生徒と母親たちの親子間の葛藤なんて話題がだらだら続くばかりです。
はっきり言って、こいつらの娘のことなんかどうでもいいんじゃ! なんで俺が、わざわざそんな教師みたいな真似をしなきゃなんないんだ……って、そういや俺、教師だったっけな。
ギャルゲーのキャラたちが、10数年ぶりに成長した姿で帰ってくるってコンセプトは充分に面白そうなんだけど、肝心のその彼女たちが主軸に添えられていないという時点で、そのコンセプトそのものを自ら放棄しちゃっているよますよね、このゲーム。
しつこいようだけど、お前らの娘のことなんか知ったこっちゃないんだ、こっちは!

関連記事

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

2010/10/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【卒業 Next Graduation】奴らが熟れて帰ってきた

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback