ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
FPS  

【Return to Castle Wolfenstein: Tides of War】古城への帰還

   ↑  2017/01/24 (火)  カテゴリー: XBOX
170124001.jpg
ウルフェンシュタイン城におけるブラスコの活躍で、ナチスの禍々しい陰謀は阻止されたかに思えた。
しかしナチス+オカルトという美味しすぎる設定と、FPS時代を切り拓いた祖のネームバリューが、このまま放っておかれるわけがない。
折しも時代は第一次黄金期を迎えたFPSが、家庭用ゲーム機に急接近してさらなるシェアの拡大を目論んでいた頃、オカルトナチスの野望は今が好機とばかりに再びその芽を吹き始めたのであった。
170124002.jpg
ナチ親衛隊超常現象部。その字面だけでなんとも胸をときめかせる、ハインリッヒ・ヒムラー直属の一隊が派遣されたのは、ロンメルが席巻する北アフリカ。
そしてナチが何かを企むときは、必ずこいつの姿もある。
我らがB.J.ブラスコヴィッチが踏むのもアフリカの乾いた大地。
かつてのダンジョンめいた古城一辺倒から舞台は大きく様変わりし、とりあえず目の前に広がるのは、ここ数年内のコンピュータゲームの進化を実感させられる、薄闇の空の下に広がるだだっ広い砂漠の戦場であった。
170124003.jpg
砂漠用カモフラージュを施されたトラックや補給物資が立ち並ぶエジプトの古都市で、立ち向かってくる敵はロンメル軍団の兵士たち。
その立ち上がりはびっくりするくらいオーソドックスなミリタリー系FPSだ。
実際初代Xboxはミリタリー系のシューターが意外と少なかったこともあって、本作のマルチプレイはその需要を受けてかなり重宝されていた。
170124004.jpg
しかしそれも序盤のうちだけ。ブラスコがステージを突き進むにつれて、徐々にオカルト的な様相が増してくるのはウルフェンシュタインのお約束だ。
親衛隊超常現象部が追い求めるのは、邪悪な力とともにアルプスに葬られたザクセンの王と、それに伴うゾンビの秘法。
ナチゾンビ兵士、これまた魅惑的なキーワード!
ブラスコの戦場もスパイ活劇よろしくヨーロッパを股にかける。
本作から導入された軽いステルス要素(シリーズ初代作『Castle Wolfenstein』のテイストを取り込んだと言えるだろう)も、スパイ活劇気分をちょっぴり後押し。
170124005.jpg
そして舞台は再びあの地、ウルフェンシュタイン城へ!
PCゲームとコンソール機をブリッジした秀作FPS群の一角は、日本ではXbox World Collection(海外タイトルをローカライズせずパッケージ販売したヤケクソシリーズ)という、ちょっぴり投げやりな形でリリースされ、一部の好事家たちを喜ばせたのであった。

 

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2597.html

2017/01/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Return to Castle Wolfenstein: Tides of War】古城への帰還

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback