ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
FPS  

【ウルフェンシュタイン3D】対ナチ闘争の始まり

   ↑  2017/01/21 (土)  カテゴリー: 3DO
170121006.jpg
ウルフェンシュタイン城。
オレがその不吉な響きをもつ古城のことを知ったのは、遊撃手というA5判ゲーム誌の祖みたいな雑誌の記事であった。
主にAppleのゲームを扱っていたその雑誌で紹介されていたのは『Castle Wolfenstein』。
ウルフェンシュタインシリーズのみならず、ステルスゲームの始祖とも言えるような作品(初代『メタルギア』はコレにだいぶ影響を受けているんじゃないかと思う)で、後のFPS展開とはだいぶ趣の違う内容だ。
もちろんオレがAppleなんてハイソなマシンを購入できるわけがなく、『Castle Wolfenstein』は遊撃手を熟読しながらのエアプレイに限られていた。
170121001.jpg
記事を繰り返し繰り返しページに穴が空くほど読み込み、そしてナチス兵士を不意打ちのナイフで屠ったり、ナチ下士官を出会い頭の銃撃で倒したりするシーンを頭の中で膨らましながら妄想に果てること数年。
そしてその脳内対ナチ戦争は、ついに現実のモノとして(いや、バーチャルだが)オレの前に帰ってきたのであった。
『Wolfenstein 3D』と題されたそのゲームは、『Castle Wolfenstein』の設定を受け継ぎながらも、そのゲームシステムは似ても似つかないものへと進化を遂げていた。
当時は3Dシューティングなどと呼ばれたりしたが、今で言うファーストパーソンシューティング。
その元祖FPSが海外での圧倒的支持をもって、すでに敗戦処理に入っていた3DOにもやってきた!
170121004.jpg
鉤十字とアーリア風の仰々しい装飾に彩られた古城。
かつてAppleのモニターに原始人の壁画みたいなシンプルなビジュアルで表現されていた風景が、極彩色に目の前で展開する。
そして銃撃を受け血飛沫を上げながら崩れ落ちるドイツ兵のモーションは、生々しいなんて言葉では表現できないほどの強烈なインパクトを、ゲーム石器時代を半ばエアプレイでくぐり抜けてきたオレに与えてくれたのだった。
170121003.jpg
そしてこのゲームでオレはナチスの悪逆非道について多くを学ぶこととなった。
あいつらはどっかからかっぱらってきた金銀財宝をあちこちに隠し、さらに人が苦労して戦争やってるその最中に、燭台とシャンデリア輝く大広間で美味いもん食ってるとんでもない連中である。
そんなとこに出会したら、そりゃもう問答無用でMP40の乱れ撃ちだ。そしてお前らの食い残しはオレが残らずいただく。文句があるならルーズベルトに言え!
170121002.jpg
それだけならまだいい。ナチどもは、なんと愛らしい犬を戦争の道具に使う、地獄堕ちですらも生温いド外道であった。
こちらに向かって突進してくるわんわんの群れ。やめろ、ナチどもを撃つのはちっとも心が痛まないが、君たちは話が別だ。
お腹を撫でられながら身をよじらす君たちの真の姿を知っている。だからこっちに噛み付いてくるのはやめてくれ、ああ……。
170121005.jpg
蜂の巣になったわんわんたちの骸を前に、オレは戦争の悲惨さとナチどもへの怒りを再確認するのであった。
オレの名はB.J.ブラスコヴィッチ。この世でもっとも深くナチを憎み、そしてナチどもがもっとも恐れる男。
そしてこのブラスコの対ナチ戦争が、数十年間に渡ってその後に引き継がれるとは、当時のオレはまったく想像もしなかったのであった。

 

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2596.html

2017/01/21 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【ウルフェンシュタイン3D】対ナチ闘争の始まり

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback