ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
実写ゲーム  ガンシューティング  LDゲーム  ゾンビ    

【コープス・キラー】南国の脱力ゾンビ退治

   ↑  2017/01/15 (日)  カテゴリー: 3DO
170115001.jpg
3DOに咲いたゾンビゲームの花。提供はアクレイムジャパーン!
自社のゲームを同一ハードで同日に複数リリース(メガドラ末期にやたらとこれをやった)とか、市場に出回ってるんだかも定かではない出荷数で無駄にソフトをレア化させるとか(メガドラの『バーチャルバート』など)、しまいには発売したかどうかすらはっきりしないソフト(サターンの『スコーチャー』)など、数々の訳の分からない販売戦略(恐らく何も考えていなかったのであろう)で、ごく少数の物好きなユーザーを混乱させてきたアクレイムの日本代理店。
3DOに於いても、その意味不明な販売戦略は健在であった。
170115002.jpg
共に実写を用いたインタラクティブムービー。事実上中身が丸被りな『コープス・キラー』と『サプリームウォリアー』を、なぜか同じ日に同時リリースするというワケの分からなさっぷりは、逆方向の期待をさっそく裏切らない。
しかもこの二作、共にアクレイムジャパンお得意の控え目な出荷数のおかげで、3DOソフトの中でもレアソフト化。
170115005.jpg
アクレイムジャパンのアバウトな仕事っぷりは、この『コープス・キラー』のパッケージでも全開。
「何百ものリアルタイムゾンビを襲撃」
「プレイヤーによる生存戦略の決定や選択」
「君のジャマイカ人の相棒であるウィンストンが、君を戦いから戦いへと運転してくれる」
「空港で君を待ち受ける武装隊。この連中、腹が減ったらますます戦だ」
「残念ながらゾンビの群れを従えた気狂いカルトリーダー、ヘルマンは君の存在を知っている。彼が率いる墓から這い出た人食い怪物たちは、叙々(原文ママ)に君にせまってくる。君の頼みの綱は奴らを襲撃することだけだ。死人が相手だ、やっちまえ!」
170115003.jpg
このフリーキーな芸風はマニュアルでも全開(「連続殺人鬼は、普段はどこにでもいる真面目人間だが、人をあっという間に消す特技を持っている連中だ!」……すいません。何を言ってるのか、さっぱり分かりません!)。
さらにこのブロークンな翻訳は本編用の吹き替え台本にまで及ぶ始末。
このワケの分からない日本語を、外画系の声優さんたちがバカ正直にアテている光景は、カオスという言葉だけではとても収まりがつかないだろう。
170115004.jpg
南の孤島で極秘裏に行われる兵士のゾンビ化研究。相棒はブードゥー専門家の怪しいジャマイカ人と、スクープを狙って島にやってきた金髪のジャーナリストお姉ちゃん。
舞台が南国なだけに、出てくるゾンビはちょっぴり「サンゲリア」風。
ただし「サンゲリア」といっても、それのスウェーディッシュみたいな激安のシロモノなので、腐臭というよりは、むしろ浮浪者系の臭いが漂ってきそうな南国ゾンビだがど……。
170115006.jpg
ゲーム自体は、ただ無作為に現れる実写取りこみゾンビに照準を合わせてボタンを押すだけの、レベルデザインという概念が根本から欠落したアバウトなガンシューティング。
まあ本作は、アナーキーな吹き替えにより破壊度を増したムービーパートと、バリエーションの乏しい浮浪者みたいなゾンビが意味も無くわらわらと現れる本編パートを、力なく笑いとばすのが目的みたいなゲームのなので、ガンシュー部分の粗雑という言葉すら生易しい造りをどうこう言っても始まらないだろう。

 

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム ガンシューティング LDゲーム ゾンビ  

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2594.html

2017/01/15 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


アクレイムとは懐かしい!久しく耳にしていない名前です。
どこでもダンクのNBA JAM、究極神拳のモーコン、1ストライクアウトのクイックモードを搭載したBig Hurtベースボール。
これらの対戦で、自分周辺のボンクラコミュニティを盛り上げてくれました。

そういえばWWFのゲームを出していた関係か、バッドアス化以前のテイカーがゲームをドロップしてたような気も…。
うろ覚えですが、伊東家の食卓みたいなタイトルだった筈です。

サターン後期にBEメガでスゲーム宣言という謎の宣言をしていましたが、急速に存在感を失って何がスゲームなのか分からずじまいなのが惜しまれます。

トルチョック |  2017/01/15 (日) 19:24 [ 編集 ] No.1290


食卓の他機種版とアクレイムジャパンはちょっと意外な組み合わせで、私も「え、そこから!?」と驚いた覚えがあります。
あの当時の洋ゲーを象徴する(そして洋ゲー=クソゲーのイメージを植え付けたような)メーカーでしたねえ。

与一 |  2017/01/18 (水) 17:53 No.1291

コメント:を投稿する 記事: 【コープス・キラー】南国の脱力ゾンビ退治

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback