ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
おとなの時間  

【DIVA-X Ariana】20世紀のVRエロ

   ↑  2016/10/30 (日)  カテゴリー: PCゲーム
161030001.jpg
VR元年。今まで何度耳にしてきただろうか。
PSVRの登場を機に、またもやこのワードが再浮上してきたが、過去に幾度となく振り回されてきた者にとっては、もはや狼が出たぞ少年のいつもの虚言のようにしか響かなくなっているだろう。
しつこいくらい訪れた各VR元年の後に残ったのは死屍累々。そのほとんどはカスタマーはおろか、その当事者すらも事実を忘れようとしている。
だがすべての物事は積み重ねでできている。
PSVRが成功を納めて本当のVR元年が訪れようとも、それは過去のプレVR元年と、産み出された数々の産物の蓄積があってこその元年到来なのだ。
161030002.jpg
ヴァーチャルリアリティ。それは横着の具現化だ。
絶景に足を運ぶ努力を中抜きにして絶景を味わう気分だけを与えてくれる。
モテる努力、くどく手間、エッチな店に行く金銭的犠牲。それらを全部省略したヴァーチャルエロリアリティなどは、その横着の最たるものであろう。
そして悲しいことに過去に何度となくVR元年が到来するたびに、このヴァーチャルエロはボンクラどもの手によって真っ先に試みられてきたのであった。
161030003.jpg
『DIVA-X』シリーズの登場は1995年 。Windows95とマルチメディアの錦の御旗の下に、様々なデジタル山師的アプローチが大手を振るってまかり通っていた時代だ。
VRの掃き溜めヴァーチャルセックス。
それを堂々と謳ったこのシリーズを世に送り出したのはPixis Interactive。
本シリーズの他に数作を世に送り出して消息を絶ったインタラクティブエロの尖兵。
我が国で二次元エロゲーが飽和的な隆盛を迎えている時期に、海の向こうではもう一つのエロゲームーブメントが、ひっそりと芽吹いていたのである。
161030004.jpg
思わせぶりな手のひらアイコンをクリックさせゲームを起動させると、本作のホステス、ブルネット美女のアリアナさんが大股開きでこちらをお出迎え。
面倒くさい会話進行とかフラグ立てなんか一切ない。
実写エロゲーは容量との戦い。そこに情緒やゲーム的なフックを持たせる余裕などありゃしない。
ちょんの間に引けを取らないくらいの即物性が肝心だ。ハーイ、アリアナよーん。余計なごたくは不要だから、さっさとお触りくださーい。
161030005.jpg
下のパネルを軽くローテッドすれば、手のひら、人差し指、なんか棒状のモノ、????と、アイコンの模様がくるくると変わる。
後はマウスをうにうにさせながら、アリアナの美しい身体を堪能するだけだ。
せわしなく動くマウスカーソルと共に、ぐねぐねとぎこくなく実写アニメーションしながら悶えるアリアナ。これこそが20世紀末最先端のヴァーチャルリアリティセックスである。
笑うなかれ。マウスを片手に浮かべるだらしない笑みと、VRヘッドセットをかぶって浮かべるだらしない笑みに大差はないのだから。
サブジェクトアイコンをクリックすると展開するのは、ハメ撮り視点のアリアナ本●ムービー。ヴァーチャルリアリティ=ハメ撮り。その解釈もそれほど間違いはないだろう。
161030006.jpg
ただしこのムービー。元が無修正を前提としたアングルで構成されているために、日本版は画面のほとんどが濃いモザイクで覆い隠されて何がなんだか分からない状態。
モザイク越しに何かが出入りしている様子を眺めながら、痛感させられるのは日本のヴァーチャルエロ後進国ぶりだ。
そしてそれ以上にヴァーチャルエロの限界を思い知らされるのが、日本版のオビに付いてくる「アリアナとLAデート応募券」。
抽選で1名様を"本物"のアリアナとのディナー&デートにご招待。
好意はありがたいが(それ以前にこのプレゼントが本当に為されたのかどうかも怪しいもんだが)、しかしそこにある「本物に越したことはない」という無意識の現れは、ヴァーチャルエロ商品にとってはおよそ野暮極まりない話だろう。

<18禁アダルト作品>

 

この記事に含まれるtag : おとなの時間 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2566.html

2016/10/30 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


時代をさきどりしすぎたVRエロ

95年、ゲームではバーチャルボーイが発売された頃でしょうか。
あの時は時代を先取りしすぎて、あまり浸透しなかったですね。

やはり世の中に普及するのはエロ要素が必要だと感じます。
95年にDIVA-XのVRエロが発表されまくってたら、もっと早い時期に本格的なVRエロが体験できるようになっていたんじゃないかと…。

それにしてもこれ、実際にやってみたいなーと思ってしまいます。
もう入手できないんでしょうけどねw

VRエロ太郎 |  2017/10/25 (水) 12:49 [ 編集 ] No.1349


バーチャルボーイの赤黒世界で蠢くエロ。果たしてどんな感じになっていたのか、妄想が膨らみます。
デバイスにどうしても身体が縛り付けられてしまうのは、VB時代からのバーチャルリアリティの宿阿ですけど、この部分が今後どんなペースで解消されていくのか気になりますね。

与一 |  2017/10/26 (木) 19:52 No.1350

コメント:を投稿する 記事: 【DIVA-X Ariana】20世紀のVRエロ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback