ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
D3パブリッシャー  

【黄泉がえり ~リフレイン~】黄泉がえったのはオリジナルキャスト

   ↑  2016/09/15 (木)  カテゴリー: PS2
160915006.jpg
「そばとうどん、どちらにしますか?」「ドレッシングはたまねぎとごまだれの二種類がありますが」「Beef or Fish?」「カレー味のうんことうんこ味のカレー、どっち!?」
我々は日常でよく二択を迫られるが、そのほとんどは最終決断をこちらに任せられるのも納得できる、脈略のある組み合わせである。
しかし「島涼香と小倉優子、どっちにします?」なんて選択となると話が別だ。
方やアキハバラ電脳組、方や焼き肉FXママドル(もっともこれは後の姿だが)。資質やパーソナリティ、その立ち位置すらも、なんの対称性も対立軸も見えない二択に、おそらくほとんどの人が「どっちって言われても……」と微妙に困惑したことだろう。
160915001.jpg
地味で堅実な中堅どころを擁したボイストラックが既にできあがっているところに、鶴のひと声があったんだかどうかは知らないが、後づけ的にどこからか小倉優子が降臨。
技量的に他のキャストの声から浮きまくるのは当然だが、しかしこっちならゆうこりん抱き合わせであちこちの媒体にプロモーションかけられるメリットがある(現に「本誌に小倉優子登場!」などと浮かれる間抜けなメディアが続出した)。
160915003.jpg
これだけなら人知れずのヒロイン声優交代でしれっと済ますところだが、本来のヒロイン役も残して異例のダブルキャスト展開になったのは、あちらを立てればこちらが立たずの一悶着が自然と見え隠れしてしまう。
そう言えば当時のプロモーション記事などでも、関係者が小倉優子の話をひとしきりした後、「島涼香さんとのダブルキャストですから、ぜひ両方とも体験してみてくださいね」などと、本来ならプッシュする必要もないもう一方への配慮を、必ず不自然なまでに付け足していたのも印象的だった。
160915004.jpg
たまらないのはそんな生臭い裏事情のツケとも言える、脈略のカケラもない二択を迫られるプレイヤーの方だ。いや、どっちにします?って言われてもさぁ……。
そしていざプレイを開始してみれば、シルエットモードのサウンドノベルとボイスって、そもそも根本的に相性が悪いんじゃないですか? なんて感想しか出てこないのだから、なんとも困った話である。
160915005.jpg
お話は2000年代前半に大ヒットした小説、及びその映画化作品の設定をベースにしたオリジナルのマルチストーリー。
基本的に小説か映画の「黄泉がえり」に感動した人に向けて作られたような内容なので、そうでない人にとっては黄泉がえり現象が淡々と日常に溶け込む展開に、カルト宗教のセミナーに一人置いてきぼりにされたような気分になること請け合いだろう。
心が荒みきったオレは、プレイ中なぜかずっと「ペットセメタリー……、ペットセメタリー……」と念仏のように心のなかで呟いてました。

*関連記事
【小倉優子の片思いグラフティ】ゆうこりんの一里塚
【Pet Sematary】ゲーム版ペットセメタリー

 

この記事に含まれるtag : D3パブリッシャー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2549.html

2016/09/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【黄泉がえり ~リフレイン~】黄泉がえったのはオリジナルキャスト

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback