ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
野球  

【Super Mega Baseball: Extra Innings】原点回帰の野球ゲーム

   ↑  2016/08/30 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
160830005.jpg
野球ゲーム。それはビデオゲーム往年の花形。
かつてはどこの家に行ってもファミコン本体の横に、どのバージョンかのファミスタが必ず転がっていた。
そして野球ゲームは世間の嗜好の最大公約数。だから傍流のハードに対しては大変厳しい。
『球界道中記』などという、ワケの分からないファミスタもどきを押し付けられて、屈辱に耐えたメガドラユーザーも少なくはないはずだ。
160830007.jpg
それでもメガドライブは、まだ恵まれたほうだ。
初代、X360と、いちおうお情けで野球ゲームを国内リリースしてもらったXboxも、Oneでいよいよその雲行きが怪しくなった。
そりゃムリもない。360時代から削ぎに削ぎ落とされ、とことんハードコアなひねくれ者や世拗ね人の集まりとなった今のOneユーザーと、スポーツゲームの相性がよろしいわけがないのだから。
そんなわけで国内Xbox Oneクラスタの間では、すっかり冷や飯食いの存在となったスポーツゲーム。
曲がりなりにも『FIFA』の国内版が出ているサッカーはまだしも、頼みのEAの手が及ばない野球はさらにお寂しい限りだ。
160830006.jpg
海外ストアに目を向ければ、いちおうこれまた伝統のブランドである『R.B.I. Baseball』があることにはあるが、国内においてはおよそ野球ゲームは不毛な状態が久しく続いていた。
そこに救いの手を差し伸べてくれたのは、コナミでもナムコでもなくカナダのインディペンデントメーカー。
『Super Mega Baseball Extra Innings』は、デフォルメされた等身のキャラたちによる、ファミスタやパワプロライクの野球ゲーム。
独立メーカーの作品とあって、莫大なおカネがかかる既存プロ野球機構のライセンスには手が届かず、すべて架空の球団、選手だが、そのハンデを手堅く作られた中身でしっかりと補った。
160830004.jpg
投げる、打つ、捕る、走る。進化を重ねて行くうちに、ほんの少し少しずつ置き去りにされたり二の次にされてきた野球ゲームの原点的快楽に、『Super Mega Baseball』はインディーの立場を利用して回帰した快作だ。
実写と見紛うかのようなビジュアルも、テレビ中継を思わせるような派手な演出もない。あるのは極端な装飾や余計なシステムを削ぎ落としたシンプルなシンプルな野球ゲーム。
サクセスモードに母屋を乗っ取られるようなこともない。選手のカスタマイズや能力強化要素もあることはあるが、あくまで彩り程度の存在にとどまっている。
160830003.jpg
『Super Mega Baseball』独自のシステムEGOは、プレイヤーハンディキャップ的な難易度調整。
ホームラン無双から精緻な配球を要求されるシビアな展開まで、このハンデをいじってお好みの歯ごたえでフィールドに飛び出そう。
ゲームにとって大きなハンディキャップとも言えるコミカルな架空選手たちも、ペナントレースを戦ううちに、それぞれのパーソナリティや愛着がきっと生まれてくるはずさ。

この記事に含まれるtag : 野球 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2542.html

2016/08/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Super Mega Baseball: Extra Innings】原点回帰の野球ゲーム

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback