ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
XBLA  ONE互換  トリビアゲーム  

【ブレインチャレンジ】ドクターはリーズナブルな女王様

   ↑  2016/06/17 (金)  カテゴリー: XBOX 360
160617001.jpg
2005年に登場したニンテンドーDSソフト『脳を鍛える大人のDSトレーニング』の爆発的な大ヒットは、たちまちのうちに国内外に無数の後追いを生み出しました。
しかしこの脳トレ系と呼ばれる一連のミニゲーム集ソフト、純粋にゲームとして考えれば、ちょっとけれんに欠ける『タントアール』でしかありません。
そこにお墨付きを与えたのが、なんたって川島隆太さんという実在の大学教授の存在でして、そうした権威の裏打ちがない後追い勢は、ことごとくが"『タントアール』の劣化版"として馬脚を現してしまうのでした。
そんな安易な雨後の筍の中にあって、そのブランド力でまずモバイル方面をきっちり押さえる巧みな立ち回りで存在感を示したのが、ゲームロフトの『ブレインチャレンジ』です。
160617006.jpg
iPod用ゲームを皮切りにXbox 360やPS3と他機種にまたがって席捲し、しまいには川島教授の牙城である任天堂ハードにまで逆上陸を果たしたこの『ブレインチャレンジ』。
国内でもマルチプラットフォームで展開しましたが、しかしそのPS3版やWiiWare版は、ナビゲート役が日本向けのルックスに改変されていて、ローカライズにつきまとう"余計なお世話"の一面を強調してしまいました。
そう、『ブレインチャレンジ』の最大の魅力は、川島教授役にあたるキャラクター、ドクター・ハーレイの存在に他ならないからです。
160617003.jpg
ひっつめ髪に薄い化粧、感情の起伏が乏しそうなヒラメ顔が、いかにも人を人とも思わない科学者という雰囲気を醸し出しているドクター・ハーレイ。
しかしWii版などは、この"科学界のイルザ"的なイメージが微塵もない、妙に親しみやすいキャラにリデザインされていて、もうすべてが台無し。
日本国内でオリジナルのドクター・ハーレイが登場する正調『ブレインチャレンジ』となると、これはもうXbox Liveアーケード版しかありません。
160617002.jpg
ルックスと並んでドクター・ハーレイをドクターたらしめているもう一つの要素が、ゲームロフト作品では恒例となった直訳気味のセリフが生み出す慇懃で感情のこもっていない響き。
それは"こちらの事情や感情なんかこれっぽっちも考慮するつもりがない氷の女科学者"として、ドクターのキャラクターに見事にフィードバックされました。
もっとも顕著に現れるのが夜中にこのゲームを起動した時です。
「もう寝る時間ですよ、おやすみ!」「せっかくいい夢を見ていたのに……」「こんな時間に眠くないんですか!?」
160617005.jpg
ゲームのナビゲートキャラという本来の役割を忘れて嫌味と説教を垂れるドクターの姿からは、「被験体(モルモット)が立場を忘れてイレギュラーな時間に騒ぎ始めやがった」なんて怒りがふつふつと伝わってくるではありませんか。
深夜に立ち上げた時に至っては、「家が火事にでもなったんですか!? こんな時間にいったいなぜ!?」などと、もはや嫌味やお叱りを通り越した一言まで頂いてしまいました。
160617007.jpg
そんなドクターでもさすがに立場を慮ってか、こちらのミニゲームの成績がよくなかった時などには、「落ち着いてチャレンジすれば、次回はきっといい成績がでますよ」などと、表向きには当たり障りのない言葉をかけてくれます。
しかしその感情のこもっていない眼は、決してそうは物語っていません。
「こんな初歩の問題を誤答するこの男は本当に人間なの!?」「うちで飼ってるハムスターより頭悪いわ」「例え百万回チャレンジを続けたところで、この劣化人間に上昇の見込みは無いわね」
絶対そんなこと考えています、間違いありません。ああ、それを遠慮なく声に出していいんですよ、ドクター。その氷のように冷たい表情で、もっとボクをなじってください!
160617008.jpg
これっぽっちの進歩も無いチャレンジを繰り返す私と、そんなこちらを完全に見下し慇懃な激励と的を得た皮肉を飽きもせず繰り返してくれるドクター。なんと素晴らしい共生関係を生み出してくれるゲームなのでしょうか。
五反田あたりのその手のお店で、この関係を構築するためには数万円を払わなければいけない現実を考えると、『ブレインチャレンジ』のなんとリーズナブルなことでしょうか。
最後に今ではまず成立する可能性がないオンラインマルチプレイモードですが、このゲームの発売直後に辛うじて立っていた野良マルチは、誰もが手持ちのミニゲームをまったく消化できないまま手番だけが虚しくぐるぐると回る、頭脳を競うとはおよそ真逆な"バカ世界一決定戦"の様相を呈していて、めちゃくちゃ面白かったことを付け加えておきます。

<Xbox One互換対応ソフト>

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 トリビアゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2512.html

2016/06/17 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


昭和生まれは多胡先生の頭の体操

アニメには女王様キャラが多数登場しますが、このドクターのように慇懃無礼で内心バカにしているキャラは男性科学者に多かったような。2001年宇宙の旅でHALがこんなタイプの女性キャラだったら、反乱も無く楽しく探査を続けたと思います。叱って欲しい!

奈良の亀母 |  2016/06/18 (土) 10:05 No.1239


その手のプレイにおいて理系才媛キャラってのは、まだまだ開拓の余地がある分野ではないでしょうか。
慇懃なHAL、なかなかそそられますね!

与一 |  2016/06/21 (火) 18:17 No.1241

コメント:を投稿する 記事: 【ブレインチャレンジ】ドクターはリーズナブルな女王様

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback