ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
XBLA  ONE互換  

【Sega Bass Fishing】ゲットバス

   ↑  2016/06/12 (日)  カテゴリー: XBOX 360
160612007.jpg
古典落語の演目"野ざらし"のマクラにバカの番付という話が出てくる。
これによると西の大関が醤油を三升飲んでくたばったやつ。それでもって東の大関が釣りをするやつ。
魚屋に行けば買えるものをわざわざ糸たれてボーッと待ってるようなのは、傍から見れば確かにマヌケといえばマヌケな姿かもしれない。
その伝でいくと釣ったもんを食べもせずにまた戻しているバス釣りなんてのは、正大関級のバカだろうし、それをわざわざビデオゲームで擬似的にやってるようなのは、もう白鵬級のバカの横綱なのだろう。
160612001.jpg
だけどそれがめっぽう面白かったんだからしょうがない。
竿を手にのんびりしている釣りと(やってる当人たちは「そんな悠長なもんじゃねえよ!」と怒るだろうが)、分刻みで小銭をふんだくるアーケードゲームは、、およそ相性が悪そうな関係に思えるが、セガの『ゲットバス(Sega Bass Fishing)』は、それを力業で掛けあわせた体感アーケードゲームだった。
160612002.jpg
わずか数分の時間制限付きの釣り。当然バスがかかっているまさのその時にタイムリミットとなれば、否応なしに追加の100円玉をぶっこまされることになる。
これがまだ現役稼働していた頃、会社帰りにみんなでゲーセンに寄った際、この筐体を何気なく遊びはじめた普段はおとなしい後輩のOLが、いざバスがヒットするや汗塗れになりながらリールと格闘し、時間切れゲームオーバーになると、こちらの鼻先に1000円札をぴっと突き付け、「両替! さっさと両替!」と鬼のような形相でパシリを促した様子は今でも忘れられない。
160612004.jpg
そんな『ゲットバス』も、今ではもう懐かしのアーケードゲーム。
ドリームキャスト版をベースにした移植作がXbox 360にお目見えしていたが、それが今回めでたくXbox Oneの互換リスト入り。最新ゲーム機でもバリバリ遊べる次第となった。
釣りを題材にしたゲームが世にひしめく中で、本作のアーケード出自ならではのせわしない釣りは一種独特の個性がある。
キャストしたわずか数秒後にはバスがヒット。右に左にロッド代わりのコントローラスティックを傾けながら魚を数メートル手前まで引き寄せたところで無念のタイムアップ。
160612006.jpg
昔だったら「ここで再びカネを要求するか、ここで!」と歯ぎしりしながら100円玉を投じているところだが、幸いなことにこの移植版『ゲットバス』は完全買い切り。コンティニューに身上を削る心配は一切ない。
『スペースチャンネル5』、『クレイジータクシー』、『ソニックアドベンチャー』といった他のXBLA移植作と共に、パッケージソフトの360版『Dreamcast Collection』にも収録。
このディスクからも問題なくXbox Oneにインストールと起動が可能だ。

 

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2509.html

2016/06/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Sega Bass Fishing】ゲットバス

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback