ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
FPS  

【Secret Service】アラモのホワイトハウス

   ↑  2016/05/29 (日)  カテゴリー: XBOX 360
160529007.jpg
広島やベトナム訪問、サミットなどの日程を終えて日本を離れたオバマ大統領。
あちこちで厳戒態勢が敷かれ物々しい限りであったが、その中で目立ったのは大統領を直接警護するシークレットサービスの頼もしさだ。
訓練されたムダのない動き、あらゆる感情に左右されない態度。幾多の大統領の受難の上に培われたその勤めは、世界中のあらゆるSPの最上位機種版といった趣きだ。
シークレットサービスと聞いて、凶弾の前に身をさらす覚悟を持った勇敢な彼らのことではなく、真っ先に某デリヘルチェーンのことを思い浮かべた連中は、一歩前に出て腕立て伏せ百回!
160529003.jpg
しかしこのシークレットサービス、どうもゲーム的なものとは相性が悪い。
なにせ大統領の傍らにぴったり寄り添って変事がないか眼を光らすのが仕事だ。
あちこちアクティブにうろつき回って盛大に弾を撒き散らすFPSなんかとは、基本的に縁遠い存在だからだ。
だがそんなシークレットサービスも、時には銃をとっかえひっかえしながら、群がる敵を撃ち倒して進まなければならないことだってある。
リンカーン記念堂を重武装集団に襲撃されて、大統領が消息不明になってしまった事態なんてのがそれだ。
160529004.jpg
つまりいきなり任務失敗&放棄状態からスタートする、シークレットサービスが主人公のファーストパーソンシューター、その名もズバリ『Secret Service』を送り出したのは、スロバキアの開発会社Cauldron。
代表作は『Soldier of Fortune: Payback』や『The History Channel』シリーズ。
『CoD』や『BF』がハリウッドメジャー会社の大作映画だとしたら、まるでVシネマにあたるような予算もスケールもショボいB級C級作品を立て続けに放った、裏街道一直線のメーカーだ。
その作品は、破綻はしていないけれど盛り上がりもないキャンペーンプレイ、マルチプレイってなんですか、それ? という、現在ではちょっとばかり通用しそうもない芸風で一貫している。
160529002.jpg
この『Secret Service』も当然その例に漏れない。
唯一の変化球といえば、大統領警護官というちょっとユニークな立場だが、それすらも当の警護対象がいなくなってゲーム中の9割以上を単独行動となると、自然と有名無実になってくる。
プロローグのリンカーン記念堂を皮切りに、連邦議会議事堂やホワイトハウス、そしてエアフォースワンと、舞台はワシントンD.C.とその周辺限定。
そこが重武装テロリストに占拠されて、ホワイトハウスがまるでアラモの砦になった状況は、まさにアメリカ合衆国最大の危機だが、前述のように予算もスケールもショボいB級作品。
160529006.jpg
テロリストたちもワシントンD.C.はおろか、常磐ハワイアンセンターすら制圧できるかどうかも怪しい規模だ。
それを無思慮に銃弾ばらまいて進むFPSの行動様式で、マッチポンプ的に事態を拡大させるのがプレイヤーの役目だ。
シークレットサービス本来の勤めとはおよそ正反対の役割だが、なにせそれがファーストパーソンシューターってもんだからしょうがない。
テーマは目新しいがリソース不足で消化不良、毎度おなじみのCauldron節だが、メジャーブランド一極集中が進む昨今では、こういうB級作品はおよそ世に出辛い状況になっているので、今となっては貴重な存在なのかもしれない。

<国内版未発売>

 

この記事に含まれるtag : FPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2503.html

2016/05/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Secret Service】アラモのホワイトハウス

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback