ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【The Incredible Adventures of Van Helsing】ヴァン・ヘルシングの伝統的な冒険

   ↑  2016/03/29 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
160329001.jpg
ハック&スラッシュ。定義をめぐるとすれたPCゲーマーが侃々諤々の議論をおっ始めそうで、何かと面倒くさい言葉だ。
まあその定義は「人によって様々」で決着させるのが一番いいのかもしれない。
オレの場合は「わらわらと群がる尋常じゃない数の敵をマウスやボタン連打で打ち払って、地面に転がったアイテムの細かいスペック表記を、モニターに顔を近づけるようにして選別する」ジャンルということになる。
PCゲームとコンソール機のボーダーが薄れてきて、両者を折衷しそれぞれに配慮した開発が望まれるこのご時世に、いの一で煽りを食いそうなジャンルだ。
少なくとも大画面テレビと、そこから離れた位置にあるカウチというゲーム環境とは、とにかく相性が悪い。
160329003.jpg
一時は隆盛を極めたこのジャンルが、今では本家を除いてはどうも元気がないのは、この辺の事情が原因の一つであることは間違いないだろう。
しかし勢いがなくなったとはいえ、まだまだ一定のファンを持ったジャンルだ。
そんな客たちを対象としたニッチな商売が成り立つ余地はまだまだある。
『The Incredible Adventures of Van Helsing』は、そんな客層の要望に応えた、必要とする人にだけ手にとって貰えばいいという商店街の老舗専門店みたいなゲームだ。
160329005.jpg
そんな時流に背を向けた頑固職人が、どんな風の吹き回しかXbox Oneに移植。
しかしはなからコンソール機におもねるつもりなどさらさらない。画面に顔をくっつけなければ判別できない細かい文字に、カウチプレイヤーはテレビの真ん前にあぐらをかいて座り直すことを余儀なくされるだろう。
主人公は名うてのモンスタースレイヤー、ヴァン・ヘルシング。
固定キャラクターなのでクラスのバリエーションは望めないが(一応追加DLCで特殊クラスが配信されている)、ヒュー・ジャックマンの映画でガン=カタ使いのイメージが定着している御仁。
近接系、遠距離系、スキルツリーの伸ばし方次第で、それなりに広がりのあるキャラメイクが可能だ。
160329002.jpg
特筆すべきはヴァン・ヘルシングの相棒であるNPCキャラ、レディ・カタリナ。
幽霊である彼女は戦闘中にダウンしてもしばらくすれば自動で戦線復帰する、ほぼ不死属性の便利な存在。
モンスターの一群を見つければ猪突猛進して引きつけてくれる、盾とデコイを兼ねたようなヴァン・ヘルシングにとってはなくてはならないパートナーだ。
皮肉屋な彼女との軽妙な掛け合いは、ともすれば黙々とアイテムを取捨選択するだけになりがちな道中の、程よいアクセントとなってくれるだろう。
160329004.jpg
後半ではタワーディフェンス的な要素も加わるが、これはちょっと洗練されているとは言い難い。ちょっと蛇足に感じたモードだ。
革新性は何一つないが、もとよりハック&スラッシュの狭義を素材そのままに調理したようなゲーム。
様式から一切逸脱していない伝統芸は、このジャンルを愛する顧客にとってはむしろ望むところだろう。

 


(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2474.html

2016/03/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【The Incredible Adventures of Van Helsing】ヴァン・ヘルシングの伝統的な冒険

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback