ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ミステリ  

【江戸川乱歩の怪人二十面相DS】少年探偵団登場

   ↑  2016/03/24 (木)  カテゴリー: ニンテンドーDS
160324001.jpg
"このお話は、そういう出没自在、神変ふかしぎの怪賊と、日本一の名探偵明智小五郎との、力と力、知恵と知恵、火花をちらす一騎うちの大闘争の物語です。大探偵明智小五郎には、小林芳雄という少年助手があります。このかわいらしい小探偵の、リスのようにびんしょうな活動も、なかなか見ものでありましょう" <江戸川乱歩 - 怪人二十面相より>
1930代、少年少女向けミステリが芽吹いたのはアメリカだけではない。
かの江戸川乱歩によって少年探偵団のシリーズが生み出されたのは1936年のこと。
ナンシーやハーディーボーイズと違って、こちらは乱歩の死と共にシリーズの継続は断たれてしまったが、それでも数十冊に及ぶシリーズ作品は、何度も再刊されて世代を越えて愛されている。
160324006.jpg
小学校の図書室。その棚一面に並んだポプラ社の少年探偵団シリーズ。
それはある時期までの子供たちにとって、なんとも妖かしくときめく光景であった。
このポプラ社版少年探偵団シリーズは、江戸川乱歩が純然たるジュブナイルとして執筆した前期と、乱歩の大人向け小説を子供向けにリライトした後期に大別できて、乱歩特有のエロチシズムとグロリズムの残滓が尾てい骨のように残る後期の作品も印象深いが、やはり初期の純粋な少年探偵団の活躍こそが、その本領であろう。
最近では同シリーズの初期作品がポプラ社クラシックの名で文庫化され、子供の頃にこの作品に熱中した人々を、再び喜ばせた。
そして同じ時期にタカラトミーが発売した『江戸川乱歩の怪人二十面相DS』。『放課後少年』や『歌謡ジェネレーション』など、おっさんのノスタルジーにつけ込んだエクスプロイテーション商売が盛んなDSのことだ。
さぞやこの『二十面相DS』も、その路線かと思ったら全然違った!
160324002.jpg
金田一少年風だか名探偵コナン風だかよく分からないが、微妙にモダナイズされた小林少年や明智小五郎。
小林少年は機転の利く子供というよりは、単なるこざかしそうなガキだし、明智小五郎もトレードマークの天然パーマは影も形もなく、なんかすかして信用の置けそうもないやつだ。。
逆に二十面相の方はシルクハットにアイマスクと、まるで記号のようにこてこてでコミカルな姿を押しつけられている。
160324005.jpg
じゃあモダナイズされたならされたなりに、新たにキャラクター像を練り直したり、ストーリーを刷新したりするかと言ったら、それもなし。
お話は原作の「怪人二十面相」ほぼそのまんま。そのうえ大袈裟で扇情的な原文は影も形もなく、まるでダイジェストのような現代文に置き換えられている。これでは味も素っ気もありはしない。
ノスタルジック方面に傾かないのならば、せめてショタ方面への訴求に答えるなどして現在の市場にアプローチすればいいものを、そんな努力もなし。
このゲームの小林少年は、そのアバウトなキャラ造形が災いして、ショタ方面へアピールどころか、往復ビンタを喰らわして国士舘大学のレスリング部に放り込んでやりたい衝動に駆られるほど、クソ小生意気さだけが突出したキャラだときてる。
しつこいくらいに入る『逆転裁判』風の決めポーズアイキャッチが、ホントむかつくんだよ、てめえ!
160324003.jpg
原作を小河内ダムいっぱいの水で薄めたようなダイジェスト進行ストーリーは、わずか2時間弱でエンディング。
それを形だけ補うのは、明智事件録という探偵クイズのモード。
しかしこのモードを監修しているのは、あの"ミステリ界のネタバレキング"と名高い藤原宰太郎氏。
この明智事件録も、どんなネタバレを喰らわされるか分かったもんじゃないので、なまじ踏み込まない方が無難だろう。
原作より面白くしようとか、原作の持ち味を今の子供たちに分かり易く噛み砕こうとか、そんな意志がまるで感じられない、惰性で作ったやる気のないキャラゲーの典型みたいな作品だ。

 

この記事に含まれるtag : ミステリ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2472.html

2016/03/24 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


小学校の図書室

本当に棚のその部分だけオーラが違いましたもの。あの雰囲気を受け継いでいるのは天知茂様の美女シリーズの様な気がします。やっぱり萌え系のアニメ絵ではなくて、あの装丁でないと。ワックスと埃の匂いのする夕陽射す木造の図書室・・・。

奈良の亀母 |  2016/03/24 (木) 21:27 No.1199


乱歩の文庫本は、どの社のデザインもそれぞれに特徴があって、どれも好きなんですが(特に印象深いのは角川文庫の旧版)、最近はこっちにまでアニメ系の表紙絵が侵食してきているのは、ちょっと辟易します。
Kindle版なんかはその表紙を強いられてしまうのが、ホント困りものですね。

与一 |  2016/03/26 (土) 17:54 No.1200

コメント:を投稿する 記事: 【江戸川乱歩の怪人二十面相DS】少年探偵団登場

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback