ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ギャルゲー  

【サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~】中間管理職は天職

   ↑  2016/02/29 (月)  カテゴリー: セガサターン
160301006.jpg
中間管理職は極楽な稼業ときたもんだ。
下からは突き上げられ、上からはプレッシャーをかけられ、板挟み状態であくせくする世の課長にとっては耳を疑う言葉だろうが、とにかく大神一郎はそれを実践してるんだからしょうがない。
帝国華撃団花組隊長と言えば聞こえはいいが、その実態は部下の小娘たちの気まぐれに右往左往させられる単なる庶務課の課長プラス非常時の軍隊業務付き。
ああ、しかしそんな部下のトラブル処理やご機嫌伺い明け暮れる、だらだらとした帝劇の日常がなんと楽しかったことか。
そして極楽とんぼな気分を、いっきに仕事気分に引き戻してくれる義務感丸出しの戦闘パート。
はいはい、こっちも仕事が楽しいことばかりじゃないってのは、百も承知しておりますよ。
160301003.jpg
「オレがサターンに求めていたのは、こういう路線じゃなかったような気もするんだけど……」なんてほのかな疑問符付きながらも、「サターンを持っていてとりあえずよかった」とユーザーたちを歓喜させた『サクラ大戦』から約2年のインターバルを経て、あのお気楽極楽な中間管理職の日々が満を持して帰ってきた。
しかし唯一の気がかりは、前作のいきさつを経て小娘部下どもが妙に物分かりよくなっちゃってることだ。
他の会社ならいざ知らずこの帝国華撃団花組にとっては、部下に信頼される上司のポジションはあんまり楽しいもんじゃない。
だがそんな心配も杞憂。この手の続き物のお約束、2名の新規メンバーは揃ってこっちに心を開かない問題児だ。
ああ、いいよ織姫くん、もっともっとこっちに辛辣に接してくれていいんだよ!
160301002.jpg
メンバー増量に留まらず、プチ進化したお馴染みのLIPSシステムに遊びやくすなった戦闘パート(それでも「これをこなさなきゃなんないのか」という義務感はしっかり健在)、そして全体のボリューム増と、前作のフォーマットをそのまま継承し、それをさらにブラッシュアップさせた理想的な続編。
"アニメの温泉回"にあたる海への慰安旅行もあれば、新顔2人を意識してかピンクの人のあたしがヒロインアピールも前作比1.5倍。
ああ、さくらくん、初詣は織姫くんと行く予定なんで、ジャマだからちょっとそこどいてもらえないかな?
160301004.jpg
顔出しボイス付きと、ギャルゲーの主人公としてはキャラクターの押し出しが異例に強い大神一郎がこうも受け入れられたのは、やはりその持って生まれた中間管理職の資質ゆえ。
続く3では勝手の知らぬ支社への転勤と、これまた中間管理職ぶりに磨きをかけ、シリーズは頂点を迎えるのだが、一転セガハードでのラスト作となった4がトーンダウンしてしまったのは、やはり部下が全員最初から物分りいい状態だったからだろうか。
そして世には中間管理職として天賦の才を持っていても、部長や重役にはまったく向いていない人間もいる。
その後のサクラ大戦シリーズの緩やかな下降も、大神一郎がどんどん出世して組織の上級管理職になってしまったことと、あながち無関係ではないだろう。

 

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2460.html

2016/02/29 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


でも、顔がなんかヘン

前作のエンディングでもさくらさんはがっつり尺とった上で接吻を見せつけてあたしがメインだから!をアピールしていましたが、この2では紅蘭が思わぬ積極性をエンディングで発揮しチュー国生まれの矜持を披露してくれた事がとても印象に残っています。
考えてみると、このゲームギャルゲー(で、くくられるジャンル)のくせに、面白さの45%ぐらいは大神さんが支えているんですよね。やっぱりええ男がいないと女の良さは引き立てへんのやな。

性サターン |  2016/03/01 (火) 22:18 No.1193


ギャルゲーの主人公でここまで求心力のある人って、他には「同級生」の卓郎くらいしか思い浮かびません。
そんな大神ですけど、いざ主人公のポジションからちょっと離れると(GBC版サクラなど)、毒にも薬にもならない単なるいい人に留まってしまうのが不思議なところです。

与一 |  2016/03/02 (水) 18:24 No.1194

コメント:を投稿する 記事: 【サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~】中間管理職は天職

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback