ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ミステリ  D3パブリッシャー  

【デッドヘッドフレッド~首なし探偵の悪夢~】

   ↑  2016/02/13 (土)  カテゴリー: PSP
160213007.jpg
「カネがないのは首がないのといっしょ」なんて言葉があるが、少なくともカネがないよりは首がない方が、まだマシかもしれない。フレッドはそれでもどうにかこうにかやっているからだ。
フレッド・ニューマンは悪徳の街ホープフォールズで私立探偵家業を営む男。本人の弁によればボギーばりのシブメンだったらしい。
らしいとあやふやになっているのは、今の当人には首がないからだ。
なにかヤバい案件に首を突っ込んだフレッドは、街を牛耳る黒幕の逆鱗に触れて、その首を文字通り獲られてしまったのだ。
160213001.jpg
目を覚ましたのは、あるマッドサイエンティストの下。
一応の命の恩人ではあるが、フレッドの態度が恩人に対するそれでないのは、彼が元々短気で毒舌な性格だったってのもあるが、一番の理由はとりあえずの頭の代わりと、研究所に転がっていたビーカーをアバウトに付けられてしまったからであろう。
事件に関わる情報も、記憶と一緒に首ごと持ちされてしまった。
政財界を牛耳ると思しき闇の勢力はあまりにも強大だ。それに徒手空拳with首なし記憶なしで挑まなければならないフレッド。
しかし彼には新たに手に入れたアドバンテージがある。首がないってことは、他の首を自在に付け替えられるってことだ。
160213004.jpg
石像の首、ガイコツの首、ゾンビの首にカカシの首、道中でゲットしたり敵から直接奪ったり、手に入れることのできる首は様々だ。
そしてそれぞれの首には固有の特殊能力やスペシャルアタックがある。
状況に応じて首をすっぽんすっぽん臨機応変にすげ替え、事件の手がかりを求めて街を闊歩するフレッド。
こんなビーカー頭がうろうろしていたら、それこそ騒ぎになってしまいそうだが、幸いにも町の住人はフレッドに負けず劣らずフリークみたいな連中ばっかり。
それに無難なマネキンの頭を装着しておけば、薄暗い街だ。それほど不審がられることもない。
160213003.jpg
真相に近づくフレッドを食い止めようと、闇の大物は次々とチンピラフリークどもを送り込んでくる。こいつらとの戦いはちょっとばかり厄介だ。
それほど打たれ強いわけではないフレッドにとって、カウンター技はなくてはならない命綱だが、画面の小さいPSPゆえの宿命か、タイミングで出るカウンター発動のボタンガイドが、小さすぎてとっさに判別できない。
カウンターの機会を逃したら、一対一でも手こずるハードなゲームバランス。ボコボコにされてチェックポイントに送り返されるのは目に見えている。
普段は目新しいアイディアである首すげ替えシステムも、こと戦闘パートになると煩雑さに輪をかけるだけの存在になってしまうのが悩ましい。
160213006.jpg
40年代を舞台にしたハードボイルドに、ティム・バートン風味のダークファンタジーテイストを混ぜあわせて、仕上げとばかりにライトなグロ要素をふりかけた、オンリーオンPSPの珍品。
パブリッシャーがD3ということもあって、CEROのD指定に妥協しながらも国内版も発売。
しばらくしてから『THE ホントに頭を使うアクション ~デッドヘッドフレッド~』とタイトルを改めて、Simpleシリーズに組み入れられて廉価再販されるお馴染みのパターンを辿ることとなった。

 

この記事に含まれるtag : ミステリ D3パブリッシャー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2453.html

2016/02/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【デッドヘッドフレッド~首なし探偵の悪夢~】

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback