ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ストラテジー  

【戦国関東三国志】天下統一地区予選大会

   ↑  2016/01/19 (火)  カテゴリー: PCエンジン
160119001.jpg
三國志と戦国時代、歴史シミュレーションの二大潮流だが、『信長の野望』シリーズに代表される戦国もののアドバンテージは、やはりおらが国を代表する英傑に肩入れできる、高校野球のような郷土との密接な関わりだ。
高校野球では西東京代表のチームは常に強豪だが、戦国時代だって負けていはいない。後北条氏といえば関東一円に強固な支配体制を築いた戦国有数の一族だ。
さらにおらが町規模で突き詰めると、大石氏だの三田氏だのなんてのがいるんだけど、まあここらへんは二回戦がやっとの地元都立高みたいなもんである。
160119002.jpg
しかし後北条氏、その強大な勢力の割にはイマイチ人気がない。
プチ国家的な領国経営など後北条氏ならではのセールスポイントが一般受けしないとか、家臣に知名度とキャラ立ちを兼ね備えた奴がいないとか(なんたって風魔小太郎なんて実在の疑わしい奴が重宝されるくらいだ)理由は様々だろうが、何よりも隙あらば難癖つけて1ミリでも領土を掠め取ろうとする狡っ辛いイメージがあるからだろうか。
だがそんなことは後北条氏だけの専売特許じゃない。戦国はしょせんは領地の掠めあい。英傑ヅラしたあいつやこいつだって、やってるのは自国の領土線を少しでも意地汚く広げることに変わりはない。
160119005.jpg
関東甲信越はそんな狡っ辛い領地の削り合いの大激戦区。なんたって後北条氏の他に武田と上杉、キャラでも勢力でも負けてはいないメジャー戦国大名が、それぞれに居座っている地区だ。
誰が呼んだか関東三国志。義とかなんとかやたらうるさい奴とか、ころころ代替わりする家があったりとか、関東管領という帝にあたるような存在など、あちらの三國志とだいぶ被るところも多いが、しかしこの三家が同盟相手をころころ変えながら、合戦や外交を駆使して目まぐるしく関東の覇権を奪い合った様は、本家に負けず劣らずドラマチックだ。
160119006.jpg
我が国代表後北条氏が主役の一角を堂々と張るPCエンジンCDロムロムの歴史SLG『戦国関東三国志』。
だがこの作品、今ひとつ知名度に欠けるのは、発売元のインテックがイマイチ馴染みのないメーカーだとか、そもそもCDロムロムだからとか、これまた理由は様々だろうが、なんたって『信長の野望』シリーズがその地域をどんどん全国規模に拡大している時期に、関東限定なんて地区予選臭漂うスケールに収めてしまったからであろうか。
プレイヤーが選択できるのは、魏呉蜀よろしく睨み合う武田北条上杉の三家。これ以外に佐竹や今川、結城に山内上杉など、県予選ベスト8レベルの大名も軒を連ねて、目指すは関東管領の座。『信長の野望』が天下だの統一だの言ってる一方でスケールちっさ!
160119003.jpg
しかし地区予選とはいえ全国屈指の激戦区。ベスト8レベル校をそれぞれ撃破した三強は、トリプルスレッドの熾烈な潰し合いを経て、関東代表の座を目指すのであった。
そして激戦区予選ならではの特典は、代表校をいきなりの全国大会決勝にご招待。
そう、関東地区大会はあくまでも予選。ここを制した者は、やがて第二部で西日本代表と雌雄を決することになるのだ。
その西日本代表は第六天魔王織田信長さんで常に確定。要はいにしえのPL学園、今で言うと大阪桐蔭みたいなもんである。
160119004.jpg
しかも信長さんの配下には、毛利や長宗我部、島津など、西国からかき集めたご当地色皆無の顔ぶれが。これなんかも高校野球の強豪校を髣髴とさせる話だ。
第二部は戦略モードを排除した、合戦マップの連続で構成されるトーナメント風一発勝負。
地区予選、全国大会の二部構成で、生き馬の目を抜く戦国の時代にさわやかな高校野球の風を吹き込んだ『戦国関東三国志』。
生首の多発するビジュアルは、ちっともさわやかではないが、なあに、球児には血と汗と涙が付きものだ。

 

この記事に含まれるtag : ストラテジー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2441.html

2016/01/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【戦国関東三国志】天下統一地区予選大会

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback