ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

【Family Game Night】魅惑のゲーム詰め合わせ

   ↑  2015/11/29 (日)  カテゴリー: PS2
151129006.jpg
ヤッツィーにコネクト4、ハズブロが発売するアナログゲームのクラシックを知ったのは、"日本のハズブロ"はなやま玩具(現・ハナヤマ)のライセンス商品を通じてだった。
遡れば戦前の家庭盤の時代から、ハナヤマは海外のアナログゲーム、ボードゲーム伝道の先駆者であった。
ハナヤマの商品で目立つのは一つの箱に複数のゲームを詰め込んだパッケージ。これを買えば色んなゲームが遊べますというセールスポイントに、質より量に食いつくガキの頃のオレは、一も二もなく飛びついたのであった。
151129002.jpg
名前は忘れてしまったが、ダイヤモンドゲームにチェッカー、コネクト4にすごろくっぽいゲームなど、10個程度のゲームがひとまとめになった製品だったと記憶している。
箱を開けると色々なゲームのボードやコマやらが、そこには詰め込まれていて、個々のゲームそのものよりも、おもちゃ箱をまるまる与えられたようなゴージャスさに興奮したものだった。
EAが前世代機などで展開していたハズブロゲームのデジタルアンソロジー『Family Game Night』の魅力も、そんな幕の内弁当的なゴージャスさだ。
151129001.jpg
確かに古典的名作だが、単体でビデオゲーム化するにはちょっとパンチ不足なハズブロクラシックを、一つのトータルデザインの下に、ひとまとめにぎゅっとパッケージング。
自室を模したメイン画面からぐぃっとズームアップする先は、並べられたハズブロアナログゲームの外箱。
その中からどれか一つを選択すれば、パカッと開いた箱からテーブルの上にボードやらコマやらが展開する。
箱を開けて中身を広げるその様子だって、アナログゲームの楽しみの一つ。『Family Game Night』はそれを決して疎かにしない。
151129003.jpg
『Family Game Night』の丁寧さはこれだけに留まらない。
どのゲームをプレイしても、基本の画面がテーブルの上に広げられたボードを見下ろす視点になっているのも、とても嬉しい心配りの一つだ。
そしてボードの脇に常に鎮座するのは、プレイヤーに代わって画面の中で喜怒哀楽を表現してくれるハズブロ社の顔、ミスター・ポテトヘッドのユーモラスな姿。
151129004.jpg
ビデオゲームでありながら、『Family Game Night』はアナログゲームや、それを遊ぶときの雰囲気や手触りを大事に再現しようと努めている。
他の安易なデジタル化アナログゲームとは一線を画したアンソロジーだった。
その基本的な姿勢が、現在ハズブロ作品のビデオゲーム化を担っているUBIとの大きな違いだ。志の差と言ってしまってもいいだろう。
単純にビデオゲームに翻訳されただけの、UBIの『Boggle』や『Scrabble』を前にしてしまうと、当時はそれほど意識しなかった『Family Game Night』のキメの細かさ、おもてなしの心配りに改めて気付かされる。
151129005.jpg
Xbox 360ではLiveアーケードで展開され、各々のゲームをアドオン購入する体裁をとっていた『Family Game Night』だが、買い切りのパッケージ版も存在した。
このPS2版もその一つ。収録ゲームは、ボグル、コネクト4、ヤッツィー、バトルシップ、ソリー、ソリースライダース。
XBLA版のように、あとからじゃんじゃんゲームを買い足してコレクションしていく楽しみ方はできないが、これはこれでハナヤマのゲーム詰め合わせパッケージのような味わいが感じられていいものである。

<海外版>

 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2414.html

2015/11/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Family Game Night】魅惑のゲーム詰め合わせ

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback