ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

この記事に含まれるtag :
ボーダーランズ  

【Borderlands 2】ヘッドハンターズ第1章: 血まみれ収穫祭

   ↑  2015/10/15 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
151015001.jpg
この十年の間に、なし崩し的に強引に定着した季節行事は、なんと言ったって恵方巻きとハロウィンの二つだろう。
いずれも広告屋や商売人たちの思惑に踊らされての定着という気がしないでもないが、まぁクリスマスだって元を正せば、そんな感じで一般化したのかもしれないし、話はグッと古くなるが土用の丑の日のうなぎだってその類だ。
これはMMOやソシャゲーなんかに顕著だが、ゲームの中でも季節感を漂わせるシーズンイベントは盛んだ。
151015002.jpg
あいにくXbox Oneなんてほぼ海外ゲーム専用機のオーナーとなっていると、恵方巻きの方はさっぱりだが、その代わりにハロウィンに関しては本場の空気をそのままたっぷりと運んできてくれる。
『Borderlands 2』が一連のシーズンパス絡みDLCに一段落つけた後、間髪入れずに提供を開始したのが、10月から年末にかけての一連の季節イベントをモチーフにしたショートシナリオシリーズだった。
ミッションクエストの毛が生えた程度のボリュームだが、その代わりにそれぞれのシーズンイベントに合わせたスペシャルビジュアルが素晴らしかったこのヘッドハンターシリーズ。
ハロウィンやクリスマスの装飾の中で繰り広げるドンパチは、いつものそれとはちょっとばかり違う新鮮な気分に浸れたものだった。
151015004.jpg
その栄えある第一弾が『ヘッドハンターズ第1章: 血まみれ収穫祭』。
見ての通りテーマはハロウィン。イリジウムとゴミ溜めの惑星パンドラからトリック・オア・トリート。荒涼とした風景も、今回ばかりはカボチャと怪しげなオブジェに彩られる。
タイニー・ティナにサー・ハマーロックと、『ボーダーランズ2』の追加シナリオは本編のサブキャラがホスト役を務めるパターンが多いが、今回もその例に漏れない。
プレイヤーにあれやこれやと頼み事をもちかけてくるのはTKバハ。前作の序盤でクエストの大口受注先だった、ファイヤーストーンの町外れに住んでいたあの盲目のおっさんだ。
151015003.jpg
最終的には小屋の天井からぶら下げられた肉塊と化していたこのおっさんだが、ハロウィンの夜だ。死者が蘇るのになんの不都合がある。
それに今やゾンビとなってるとは言え、生前も死後もその状態に大差がないような爺さんだ。
このTKバハを案内役に、惑星パンドラに湧いた一夜限りのハロウィンナイトを満喫しよう。
宝箱代わりはパンプキンヘッド。トリック・オア。トリートと口に出せないはにかみやさんも心配は要らない。キャンディーが欲しければ銃の台尻でかぼちゃをぶっ叩いて壊せばいい。
151015005.jpg
舞台がハロウィンなら敵も当然ハロウィン仕様。ふわふわとパンプキンの化け物は、「ヘッドショット一丁お願いします!」と向こうからお願いしてきてるようなデカ頭野郎。だったらこっちも期待に応えてやらなくちゃ。
前世代機版の『Borderlands 2』では有料コンテンツとなっていたヘッドハンターシリーズだが、現世代機向けのパッケージ『ダブルデラックスコレクション』には、他のDLCと合わせてすべて収録済み。
慌てんぼさんはとっくに手を出してしまったかもしれないが、やはりこのシリーズはシーズンに合わせてプレイしてなんぼの存在だろう。

 

この記事に含まれるtag : ボーダーランズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2390.html

2015/10/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメント:を投稿する 記事: 【Borderlands 2】ヘッドハンターズ第1章: 血まみれ収穫祭

お気軽にコメント:をぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント:) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメント:として投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback